« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月27日 (火)

♪人生の特等席♪

Photo

原題 Trouble with the Curve
製作国 アメリカ
監督  ロバート・ロレンツ
キャスト  クリント・イーストウッド  エイミー・アダムス  ジャスティン・ティンバーレイク  ジョン・グッドマン  マシュー・リラード

おはなしは・・・
長年大リーグの名スカウトとして腕を振るってきたガス・ロベル(クリント・イーストウッド)。伝説のスカウトマンとして知られる存在の彼だったが、年齢のせいで視力が弱ってきていた。それでも引退する素振りを微塵も見せない彼に、球団フロントは疑問を抱き始める。そんな苦しい立場のガスに救いの手を差し伸べたのは、父との間にわだかまりを感じ続けてきたひとり娘のミッキー(エイミー・アダムス)だった。ガスはスカウトマンの誇りをかけ、父娘二人で最後のスカウトの旅に出る

母親に早くに死なれ、父親と野球をこよなく愛して育ったミッキー。なのにある日をきっかけに父から突き放されてしまう。そんな父に認められようと今では敏腕弁護士になり忙しい日々を過ごしていた。そんな彼女に「父親の助けになってやってほしい」と父親の友人でスカウト主任のピートから連絡が入るのです。仕事か父親か・・・。スマホ片手に弁護士の仕事とスカウトの旅を両立させようとするのですが、父親とはどうしてもいがみあってしまうミッキーなのです。それは父親の愛情を素直に娘に伝えられない昔堅気な父親の性格のせいだったりするのです。

人間ってデーターだけで判断なんて出来ないじゃないですか。人の才能を見分けるのは最後は五感。人を育てるのは愛情。
そういう人間臭い関係が大切なんだってことを改めて気付かせてくれるお話です。

クリント・イーストウッドがそんな人間臭いオヤジをちょっとカッコ良くちょっとカッコ悪く演じてくれます。味わい深く。

なんか、解りやすくって安心して観られる映画。
ギスギスした世の中にうんざりしてる方、温かいものに飢えてる方にはお勧めです!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年11月20日 (火)

♪任侠ヘルパー♪

Photo

監督: 西谷弘
キャスト:草なぎ剛 安田成美 夏帆 風間俊介 香川照之 黒木メイサ 堺正章 杉本哲太 宇崎竜童 他

おはなしは・・・
指定暴力団「隼会」を抜け、堅気となった元極道者・翼彦一(草なぎ剛)はコンビニで働きながら細々と暮らしていた。ある日、金に困って強盗に入ってきた元極道の老人・蔦井雄三(堺正章)を見逃したことから刑務所送りになった彼は、獄中で蔦井と再会。元極道であることの生きづらさを感じていた彦一は、出所後、その老人のツテを頼って「極鵬会」組長・朝比奈道俊(宇崎竜童)を訪ね、そこで再び裏の仕事に手を染め始める。その仕事は、老人相手の闇金とその闇金で破産した老人たちを「うみねこの家」という老人介護施設に入れ、生活保護や年金をせしめることだった。なんの設備もなく、悪臭漂う最悪の環境の中で生活する老人たちを見ながら、最初は淡々と仕事をこなしていた彦一だったが、次第に老人を食い物にする状況に苛立ちが募るようになっていく。そして遂に彦一は「うみねこの家」の立て直しを決意。だが、貧困ビジネスを目の敵にする市議会議員・八代照生(香川照之)と、老人を金づるとしか思わず、施設の改善など意に介さない極鵬会が彦一の前に立ちはだかるのだった……。

前に連続ドラマでやってたのの続編。
ドラマは面白かった。さて、映画は???

老人介護の話となると人事ではなくて、任侠ものに付きものの義理と人情が何処までその問題に切り込めるかってとこが興味深かったです。
とは言ってもファンタジーの枠は出ないかなぁ。現実味は薄いです。

草なぎ剛さんもいつもの優しげな顔から一転して迫力があってカッコいいです。
難しく考えずに観れば結構感動して楽しめる映画でしたよ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年11月13日 (火)

♪桐島、部活やめるってよ♪

Photo

久々の更新です。
父の事もありますが、それより仕事が忙しくて週の半分は出張だったりして・・・その上風邪をこじらせて最悪なことになってました・゜゜・(ノд≦*)

そんな中でも好きな映画は数は減ったもののちゃんと観て来ました。

おはなしは・・・
とある田舎町の県立高校映画部に所属する前田涼也(神木隆之介)は、クラスの中では地味で目立たないものの、映画に対する情熱が人一倍強い人物だった。そんな彼の学校の生徒たちは、金曜日の放課後、いつもと変わらず部活に励み、一方暇を持て余す帰宅部がバスケに興じるなど、それぞれの日常を過ごしていた。そんな中、バレー部のキャプテンで成績優秀、誰もがスターとして一目置いていた桐島が突然部活を辞めたというニュースが学校内を駆け巡る。それをきっかけに、各部やクラスの人間関係に動揺が広がり始め・・・。

努力してなさそうなのに勉強もスポーツも出来る、そんなスター的存在っていましたよね。そしてそんなスターに群がる”一人じゃ何も出来そうにない子”とかも。
逆に頑張ってるのにイマイチ冴えない子たちってのもいますよね。
この映画ではその2タイプの高校生たちのそれぞれの視点で学園の中を映して行きます。
校内のエース的存在の桐島君。対して黒縁メガネをかけた、教室では影の薄いオタク男子涼也。
女としてどちらに興味があるかと言えば・・・もちろん前者(笑)
でもスター君は逆境に対して弱かったりするかも・・・、逆にオタク君は逆境だからこそ力を発揮したりする強さがあるかも。そう考えると人間的にどちらが魅力的かって考えるとね~。

友情だったり、恋愛だったりと学園物らしいテーマも盛り込みながら、今時の価値観とか人生観を悲観的に、でもユーモラスに描いています。
こういう捻くれたお話・・・好きかも(^^;

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »