« ♪1Q84♪ | トップページ | ♪電子レンジでだし巻きたまご♪ »

2012年5月28日 (月)

♪完全なる首長竜の日♪

Photo

乾 緑郎 (著)   宝島社文庫
第9回(2010年) 『このミステリーがすごい!』大賞受賞作品
賞取りものに弱いです(^^;

おはなしは・・・
植物状態になった患者とコミュニケートできる医療器具「SCインターフェース」が開発された。
少女漫画家の淳美は、自殺未遂により意識不明の弟の浩市と対話を続ける。
「なぜ自殺を図ったのか」という淳美の問いに、浩市は答えることなく月日は過ぎていた。
弟の記憶を探るうち、淳美の周囲で不可思議な出来事が起こり―。

ミステリーっていうよりSFとかホラーっぽい。
学識のある人なら「バナナフィッシュ」「胡蝶の夢」「ニック・ボストロム」とかってのがお話の中に出てきた時点で、だいたい筋は読めるみたいですけど私は解らない(ーー;
筒井康孝さんの「パプリカ」とか映画の「インセプション」とかって言ってもらえたら解るんだけど(^^;
まっ、夢と現実の区別がつかなくなるってお話ですね。

植物状態の人との会話。
どうだろう、したいと思うかな~。
もし出来るのであれば本人に生き続けたいって意思があるかどうかを確認してあげる為に使えばいいかなと思ったりしますね。

お話はあまり好きにはなれなかったけど、でもドンドン読み進めたので、やっぱ評価せざるを得ないかなと。
読ませるってテクニックを持ってる作家さんだと思うので変に捻くり回したお話じゃないのを書いて欲しいかもと思いました。←なんて上から目線 Σ(~∀~||;) 

|

« ♪1Q84♪ | トップページ | ♪電子レンジでだし巻きたまご♪ »

コメント

夢と現実がつかなくなる。
怖い本ですね。

投稿: コスモ | 2012年5月29日 (火) 07時04分

♪コスモさん、こんにちは♪
ひょっとしたら今自分が生きてるって思ってるこの世界が夢の中だったりするかも(((゜`Д´゜ノ)))

投稿: あばた | 2012年5月29日 (火) 08時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131098/54819224

この記事へのトラックバック一覧です: ♪完全なる首長竜の日♪ :

« ♪1Q84♪ | トップページ | ♪電子レンジでだし巻きたまご♪ »