« ♪ バトルシップ♪ | トップページ | ♪テルマエ・ロマエ♪ »

2012年4月25日 (水)

♪愛しの座敷わらし 上 下♪

Photo

荻原 浩 (著)  (朝日文庫)

これ、映画化されてますよね。
たぶん映画は観ないだろうなと思ったので原作を・・・。

おはなしは・・・
食品メーカーに勤める一家の主・晃一の左遷で東北の片田舎に引っ越した高橋一家。家に居場所のない夫、不平ばかりもらす妻、いじめにあっていた娘、気弱な息子、認知症の気配がある祖母……お互いを思う気持ちはあっても、すれ違いばかりでバラバラだった家族が、引っ越し先の古民家に棲みついていた「座敷わらし」との出会いをきっかけに、その絆を取り戻してゆく、心温まる希望と再生の物語。

座敷わらしが可愛い~。こんな子が家にいたら嬉しいな。
と座敷わらしをペットのように言ってしまいましたが、この本では座敷わらしの由縁が述べられていて、それがとっても悲しい。
口減らしのために間引きされた子供を神様が「もう苦労はするなよ」と福をもたらす力を備えてこの世に帰す。その子が座敷わらし・・・。
それを考えると自分の抱える問題なんてちっぽけだなと思えてしまう。
誰もが人には解らない傷を持ってたりします。色んな物の重しに耐えきれなくなってたり。
何とかしたいと思いながら、結局は見ないふり、気付かないふりをしてしまう。
それが座敷わらしとの出会いで家族がいるという”ささやかな幸せ”がいかに大切かということに気付かされていきます。

こういう古民家での暮らしも憧れますね。
囲炉裏があって広大な敷地があって。
いつかそういう生活が出来たらいいなと思ってしまいました。(今はやはり便利さを考えてしまいますが・・・)

荻原さんらしいユーモアたっぷり、とっても温かくて優しいお話です。

ラストのラストが好き。
こういう終わり方をするお話が一番好き(^-^)ノ

|

« ♪ バトルシップ♪ | トップページ | ♪テルマエ・ロマエ♪ »

コメント

こんにちは。
「座敷童」の由来はそういう事だったんですか。
江戸時代から戦前まで、貧しい農民は「間引き」「子消し」を頻繁にしていたらしいですね。避妊法は無かった頃の生きるための必死の手段の一つだったようですね。
悲しいけれどこんな話になって生きている人の支えになるなんて、愛しい話ですね。

投稿: sonata | 2012年4月26日 (木) 07時43分

♪sonataさん、こんにちは♪
諸説色々あるようですがこの本ではそう書かれてました。
でも実際、そんな遠い昔ではない時期までそういうことがあったのですね。
それを考えると私たちは何て幸せなんだろうと思えます。
もっとちゃんと生きなくちゃって改めて考えさせられました。

投稿: あばた | 2012年4月26日 (木) 12時16分

Excellent website. Lots of helpful info here. I am sending it to several buddies ans also sharing in delicious. And certainly, thank you for your effort!

投稿: Sammy | 2015年3月 3日 (火) 04時59分

The idea of your blog is truly fresh, I'm without doubt that the visitors who find your blogs surely take pleasure from your content and advice.

投稿: Gregg | 2015年3月 6日 (金) 00時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131098/54555662

この記事へのトラックバック一覧です: ♪愛しの座敷わらし 上 下♪:

« ♪ バトルシップ♪ | トップページ | ♪テルマエ・ロマエ♪ »