« ♪それゆけ!大阪ラーメン♪ | トップページ | ♪備中神楽最中♪ »

2012年2月20日 (月)

♪ものすごくうるさくて、ありえないほど近い♪

Photo

間違いなく感動させてくれるだろうって。
だって父親役はトム・ハンクス、母親役がサンドラ・ブロックですよ!

おはなしは・・・
9.11同時多発テロで父(トム・ハンクス)を亡くした9歳の少年オスカー(トーマス・ホーン)は、大好きだった父の突然の死を受け入れられずに日々を過ごしていた。そんなある日、彼は父の部屋のクローゼットで、、"ブラック"と書かれたメモと1つのカギを見つける。この鍵は父が残したメッセージかも知れない。オスカーはその鍵の謎を探しにニューヨークに住む全472人の"ブラック"さんをひとりひとり訪ねていく……。

愛する人を失った事実を受け入れるのは簡単なことではない。
私自身もまだ母がいなくなったという現実を受け入れられずにいます。私のように前々から覚悟を求められていてもそうなのだから、ある日突然となると尚更でしょう。このオスカー少年もそんな一人。
さらに彼は大きなトラウマを抱え込んでしまってました。大きな音が怖い、電車が怖い、建物が怖い。なのでブラックさん探しの旅は彼にとっては大きな勇気が必要とされたのです。でも彼は綿密な計画を立て実行に移す。そしていろんな人と出会うことで少しずつ成長していくわけです。

そんな彼を陰から支え見守る人がいます。同じく心に深い傷を負い、その悲しみを共有し、労わりあうことが出来る相棒がいます。
彼がやがてその鍵の本来の行方に辿りついた時、やっと彼の深い心の傷・・・後悔・・・を彼らに告白することが出来るのです。
それは彼自身の成長と、そして彼に注がれた愛があったからこそなのです。

少年役のトーマス・ホーン君の名演はトム・ハンクス、サンドラ・ブロックの影が薄く感じるほど。
哀しく、そして心温まるお話。

おすすめです。

|

« ♪それゆけ!大阪ラーメン♪ | トップページ | ♪備中神楽最中♪ »

コメント

原題とほぼ同じ意味の邦題がつくのは珍しいですね。
原題が文になってる映画は、たいてい「それってどうよ?」というような邦題がつくものですが。
作品賞ノミネートなら内容に期待できそうですね。

投稿: tkc | 2012年2月21日 (火) 01時58分

♪tkcさん、こんにちは♪
これに邦題を付けるとしたらって考えてみましたが思いつきません。
「オスカーの鍵」とか?(センスねぇ~:恥)
日本人がこういう題材で映画を作ったら、きっとお涙ちょうだいモノになってしまうと思います。
でもこれは前向きで愛に溢れたいい映画でしたよ。

投稿: あばた | 2012年2月21日 (火) 12時20分

ああ、いつもあばたさんは自分の一週間先をいってる・・。
これも興味津々です。ただ、今週末は観れそうもないけど。
来週までの楽しみにとっておきます。

あばたさんの記事は、私にとっての『予告編』になりつつあります!

投稿: lastsmile | 2012年2月22日 (水) 09時06分

lastsmileさん、こんにちは♪
月末は忙しいですからね~。私も今週は映画は無理そうです(--;
ここ暫くはアカデミー賞がらみの映画が多く上映されるので楽しみにしてます。
私ごときの感想がお役に立ててたら光栄です(^-^)v

投稿: あばた | 2012年2月22日 (水) 12時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131098/54031224

この記事へのトラックバック一覧です: ♪ものすごくうるさくて、ありえないほど近い♪:

« ♪それゆけ!大阪ラーメン♪ | トップページ | ♪備中神楽最中♪ »