« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月30日 (月)

♪J・エドガー♪

J

クリント・イーストウッド監督作品。
外れは無いです。

おはなしは・・・
FBIのジョン・エドガー・フーバー長官(レオナルド・ディカプリオ)は、人生の終盤に差し掛かり、部下に命じて回顧録を書き取らせる。記憶はFBI誕生以前へと遡り、彼の表の経歴が語られるとともに、その裏側の野望、企み、葛藤、苦悩が次第に明らかにされていく……。

FBI初代長官のジョン・エドガー・フーバー。私は全然知らなかったのですがアメリカじゃ~超有名なんですってね。いい意味でも悪い意味でも。
20代でFBI前身組織の長となり、以後、文字通り死ぬまで長官であり続け、今日では当たり前とされる科学捜査の基礎を確立し、犯罪者の指紋管理システムなど膨大なデータベースを構築したのも彼なんですって。映画やコミックに登場し自らをヒーロー化させFBIを子供たちの憧れの的にまでしたのも彼。
なのに彼には常に黒い疑惑やスキャンダラスな噂がつきまとった。
国家を守るという絶対的な信念は、そのためになら法を曲げてかまわないというほど強く狂信的なものであり、大統領を始めとする要人たちの秘密を調べ上げ、その極秘ファイルをもとに、権力を維持したらしいです。

そんな彼が持っていたと言われる闇の部分。それはマザコン・同性愛者・女装癖。期待されることに対する重圧。自分の気持ちを押し殺すことによって生まれる孤独感。決して表に出ることのなかった闇。その闇が彼のある意味歪んだ正義感をもたらしたのかもしれない。
J・エドガーは自分の信念を貫き通した。でも彼の考えるところの正義って?
何が正しくて何が間違ってるのか。本当の正義って何なのか。
「正義」って言葉を笠に着て爆弾を飛ばす人もいますよね。

クリント・イーストウッド&レオナルド・ディカプリオって事で、ちょっと爽やか系をイメージしちゃったけど、真逆だったかも。
20代から77歳までを演じたレオナルド・ディカプリオの演技は迫力があったし、単なるスキャンダル暴露映画になりそうな題材をここまで重みのある映画に仕上げたクリント・イーストウッド監督も凄いなと思いました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年1月27日 (金)

♪誘拐児♪

Photo_2

翔田 寛 (著)  講談社文庫

第54回江戸川乱歩賞受賞作という帯に惹かれて購入です。

おはなしは・・・
昭和21年、終戦翌年の誘拐事件。身代金受け渡し場所は混乱の闇市。犯人確保に失敗、さらに誘拐された5歳の男の子は帰らず・・・。そして15年後、路上で殺害された女性。その捜査線上に15年前の誘拐事件の片鱗が・・・。過去の事件がふたたび動き出す――。人間の非情と情愛を見つめる魂の物語。

途中、全然犯人が見えてこないです。登場人物が多いので頭が混乱してしまう部分も。私が馬鹿なのか・・・(--;
でラスト近くでバタバタバタっと推理されてしまって・・・ちょっと置いてけぼり気分。

女性の殺人事件が起こったのと同時期に、20歳になる青年が母親の死によって自らの出生に疑問を持ちます。まぼろしのように現れる虐待を受けた記憶、そして体に残った傷痕。しかし確固たる記憶として残されている母の無償の愛。彼の恋人はそんな彼を救おうと母親の過去を調べだします。
一方、二組の刑事が別々の視点から犯人に近づいていきます。

なので事件は3方向から解明されていき、事件自体も過去の誘拐事件と現在の殺人事件の2つを追う形。
ややこしそうでしょ~<(´ロ`;)>
でもね、この作家さんの力なのか飽きずにドンドン読み進めることができます。

サスペンスという部分ではあまり好きになれなかったけど最後にクローズアップされた母子の話の部分には感動。
トータル、まぁまぁ好きな作品かなと。

文学賞と言えば、こないだの芥川賞の田中さん。ご機嫌斜めでしたね~。
嫌なことがあったのかも知れませんが酔っ払いがイチャモンを付けてるようにしか聞こえなかったです。
反論があるならもっと大人な態度でお願いしたいなと思ったりしました。でないと作品が可哀想です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月25日 (水)

♪湿度計♪

Photo100円ショップで目に付いて買ってしまいました。

湿度計付きの温度計。

ここのとこ乾燥しがちで、ニュースでも注意が促されていたので気になってたんです。

乾燥はノドを痛めたり、ウイルスの活動を強めたりするというのはよく知られていますよね。

お肌もカサカサ痒かゆになったり・・・。

でもそれだけじゃ無いらしいのです。

冬にも脱水症状になったりするんですって。

その状態が部屋の湿度に比例するとか。

夏と違って喉の渇きを感じないないから水分をとらない。しかも部屋は乾燥。

体から水分が無くなって血液ドロドロ、脳梗塞なんてことにも繋がりかねないとか。

快適な湿度は「40%~60%の範囲内」

30%を切ると流石に気を付けた方がいいみたいです。

小まめにチェックして快適に過ごしたいなと思います。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月23日 (月)

♪ALWAYS 三丁目の夕日'64♪

Allways

元気いっぱいだった頃の日本に触れて元気をいただきましょう!
そんな気持ちで観に行きました。

おはなしは・・・
昭和39年(1964年)。日本中が高度経済成長と東京オリンピックに沸く中、東京・夕日町三丁目はいつものように住民たちが和気あいあいと暮らしていた。小説家の茶川竜之介(吉岡秀隆)は、ヒロミ(小雪)と結婚し、間もなく第一子誕生の様子。高校生になった古行淳之介(須賀健太)は東京大学目指して頑張っている。茶川商店の一角は改装され、ヒロミがおかみを務める居酒屋「新山藤」となった。そんな中、茶川は「冒険少年ブック」の看板作家として連載を続けているが、新人小説家の作品に人気を奪われスランプに陥っていく。一方、鈴木則文(堤真一)と妻・トモエ(薬師丸ひろ子)、一人息子の一平(小清水一揮)、住み込みで働く星野六子(堀北真希)が暮らす鈴木オートは、順調に事業を拡大し、店構えも立派になった。六子にも後輩の従業員ができ、厳しく指導をする姿はすっかり一人前。彼女無しでは鈴木オートの仕事は回らないほどであった。そんな六子は、毎朝おめかしをして家を出て行く。それは、通勤途中の医者・菊池孝太郎(森山未來)とすれ違い、朝の挨拶をかわすためだった。
 

この映画には悪い人は出て来ないから観ていて幸せな気分になりますね。
変化し続ける東京。そこに暮らす人々にも変化の時期が来る訳です。
でも人々の根底にある「愛」は不変。
人を思いやる気持ちは表現の方法は違ってもそこにあるのですね。

笑いあり涙あり。
絆ここにあり!

ある程度パターン化した感じがありますが、だからこそ安心して楽しめる映画になってましたよ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年1月18日 (水)

♪こそ丸(がん)♪

Photo

これ、前出の支店長から戴きました。

お薬だそうです。

でも注意書きに【※錠剤が見える人と見えない人があります 】と。

う~~~ん。私には見えましぇ~ん(ノω≦、)

[薬品名の由来]
親がおればこそ、子がおればこそ、
主人がおればこそ、妻がおればこそ、
友達がおればこそ、社員がおればこそ、
社長がおればこそ、の「こそ」です。

[成分]
愛情、謙虚、感謝、元気 (但し、配合・割合については企業秘密)
    
[薬の効果]
不平不満がこうじて、頭痛や高血圧症、ねたみ、そねみなどで気分がすぐれず、体調の不良なとき。ストレスで心が病んでいるとき。即効性があり、ただし、効果が持続しないのも特徴です。
    
[服用の仕方]
まず、「こそ丸」を2~3粒、「○○がおればこそ」と心から念じ、唱えて、コップ一杯の水と一緒に飲み、直ぐに心のチャンネルをかえることが大切です。効果が薄いときには一日何回、服用してもよい。
注意:間違っても私が、または、わしがおれば(こそ)などと唱えないでください。
    
[副作用 ]
服用した人で副作用情報はありません。もし、副作用らしき症状がありましたら、ご面倒でも岡山旭東病院までご連絡下さい。
ただし、周囲の人が効き目に驚くことがございますので、ご留意ください。
    
[お値段]
105円(税込)
岡山旭東病院内 売店にて販売しています。(管理:M&Lジャパン株式会社)
    
これ、「岡山旭東病院」の薬局で実際に売られているそうです。

こうやって、お薬の事を知ると何となくではあるのですが錠剤が見えて来たような気が・・・

早速、服用してみようと思います。「支店長あってこそで御座います」

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年1月16日 (月)

♪ロボジー♪

Photo_2 最近どうも邦画を見る気になれなかったのですが矢口史靖監督作ってことで久々に行ってみようかなと。

おはなしは・・・
家電メーカー木村電器の窓際社員、小林(濱田岳)、太田(川合正悟)、長井(川島潤哉)の3人は、いつもワンマンな木村社長(小野武彦)から流行の二足歩行ロボット開発を命じられる。近く開催されるロボット博での企業広告が目的だった。しかし、ロボット博まであと1週間という時期になって、制作途中のロボット“ニュー潮風”が木っ端微塵に大破してしまう。窮地に追い込まれた3人は、ロボットの中に人間を入れてごまかす計画を立案。ロボットの外装にぴったり収まる人間を探すため、架空の着ぐるみ俳優のオーディションを行った。そこで条件に合ったのは、仕事をリタイアして久しい独り暮らしの73歳の老人、鈴木重光(五十嵐信次郎)だった。いざロボット博。適当に流して事を納めようと考える木村電器3人組の意に反して鈴木老人は踊りだしたり、人助けをしたりしてしまう。その動きが話題になり“ニュー潮風”は一躍人気者になってしまう。さらに、“ニュー潮風”に恋をしたロボットオタクの女子学生・葉子(吉高由里子)も巻き込み、事態は思わぬ方向へ転がり出す……。

この爺さんがとんでもなく可愛気が無い。なので孫たちにも疎んじらる。、ホントは寂しいんだけど結局憎まれ口ばかり言ってしまう。
正直、私はこの爺さんが苦手だと感じてしまったので観ていても「イラっ(`ε´)」
そういう爺様たちの心の内を察してあげる優しさがあればもっと楽しめたのかも(^^;

でもね、ラストの爺様の行動はGoodgood
あっちこっちに伏線が散りばめられていて、最終的にはきちんと整理された笑いになってて楽しめましたよ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年1月13日 (金)

♪お別れ♪

Photo

このブログを通してお友達になった「気まぐれ雑記帳」のマサエ。さんが昨年末にお亡くなりになりました。

先日、ご友人がコメント欄にそのことを書きこまれていて知りました。

難しいご病気だということは知っていたのですが、お一人で旅行に出かけられるなど、まだまだ大丈夫、ひょっとしたら克服なさるのではと思ったりしてました。

聡明で一本筋の通った素敵な女性でした。

2006年3月8日に初めてコメントをいただいて、それからのお付き合いになります。

7年近くになるのですね。

へなちょこな私が落ち込んだ時も何度も勇気づけていただきました。

毎日のように一言二言ブログを通じてお話をさせていただくうちに、マサエ。さんは私にとっては憧れのお姉さんになってました。

まだまだ一緒にお話したい事柄がいっぱいありました。

私の尊敬する、憧れる女性が続けて・・・かなり落ち込んでます。

でも、マサエ。さんや母がこの世に残してくれた大切なものをちゃんと受け継いで生きていきたいなと改めて思ったりしてます。

マサエ。さん・・・ありがとです

心よりご冥福をお祈りいたします

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年1月10日 (火)

♪モダンタイムス(上・下)♪

Photo

伊坂 幸太郎 (著)    講談社文庫)
『魔王』の続編で、しかも映画化もされた『ゴールデンスランバー』とは双子的作品だとのこと。

おはなしは・・・
二十九歳、システムエンジニアの渡辺拓海は自宅の椅子に縛り付けられ今まさに拷問を生業とする男に指を切断されそうになっていた。拷問男を雇ったのは渡辺拓海の浮気を疑う彼の妻・佳代子。浮気相手を明かすことで何とか彼の指は無事に。幸い浮気相手は渡辺拓海が信じるメール配信の占いに従って海外旅行中のためひとまずは安心だったのだが、そんな彼に厄介な仕事が舞い込む。先輩システムアンジニア五反田正臣が前触れなく失踪してしまい、五反田がやり残した業務を後輩の大石倉之助と一緒に引き継ぐことに。しかしそのプログラムには不明点が多く、また依頼主とも連絡が取れない。已むなく自分たちで解析を試みたのだがそこに隠された暗号に辿りつくことで次々と恐ろしい事態に巻き込まれていく・・・。

『魔王』の続編と言っても、その50年後のお話なのであまり繋がりは感じないかもしれません。でも 『魔王』を読んでから読むほうが断然面白いです。

主人公たちの敵は「国家」。このあたりは『ゴールデンスランバー』と一致します。大きく違うのは、その「国家」がターゲットとするのが『ゴールデンスランバー』では一人の青年だったのに対し、この作品では「その可能性のある者全て」ってこと。
その「可能性」はインターネットでのキーワード検索に頼られてるってとこが怖い。ある言葉を検索する事で「国家」に目を付けられる。一つの単語なら問題無いけど、ある複数の単語を並べて検索すると、それだけで痛い目に合わされる訳です。
インターネットでのキーワード検索が監視されてるってちょっと怖いですよね。

で、渡辺拓海は運命なのか必然なのか、そんな問題に巻き込まれ、今までは実家に置き忘れていた「勇気」を振り絞り、目に見えない相手と闘う訳です。

登場人物は相変わらず魅力的。
恐ろしい妻・佳代子や天才的な五反田正臣や主人公の友達の小説家・井坂好太郎。拷問男だっていい味出してます。

面白さって意味では『ゴールデンスランバー』の方が優ってますが内容の深さはこちらかな?
ちょっと読みにくい感じもありますが、ちょっとした言葉が後で意味を成して着たりするので気を抜かずに読んでください。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年1月 1日 (日)

♪明けましたね♪

Photo

新しい年ですね。

穏やかないいお正月ですね。

普段通りのお正月を過ごそうと

毎年の母の味の「千枚漬け」と「黒豆」「お煮しめ」なんかを作ってみました。

ちょっと味が薄かったかな~?

「こんなもんでしょっ」

母が言ってくれてる気がします。

皆様にとっていい1年でありますように。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »