« ♪三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船♪ | トップページ | ♪東西対決?♪ »

2011年11月 7日 (月)

♪1911♪

1911

アジア系映画はあまり観ないのですが歴史モノってことで興味がありました。

おはなしは・・・
20世紀初頭の中国。日清戦争を機に、日本、イギリス、フランス、ロシア、ドイツら列強諸国による勢力が一層強まり、わずか2歳で皇帝に即位した溥儀を戴く清王朝は、衰退の一途をたどっていた。浸食されてゆく国を憂う民衆の不満の声も高まっており、孫文(ウィンストン・チャオ)率いる<中国同盟会>を始めとする、多くの革命組織が各地で結成されていた。 1911年3月。清王朝に対して幾度となく反旗を翻してきた孫文は、武装蜂起を前に指名手配されてしまい、国外逃亡せざるを得なくなる。孫文は中国での革命活動の指揮を、彼が最も信頼する同志である黄興(ジャッキー・チェン)に託すのであった。4月、孫文の意志を引き継いだ黄興は、海外から帰国した<中国同盟会>のメンバーとともに、広州にある総督府(官庁)に攻め込むことを計画する。だが事前に情報を入手していた清朝軍に厳戒態勢を敷かれ、激しい市街戦となってしまう。この戦いで多くの同志を失い、自身も負傷し、撤退せざるを得なかった黄興を献身的に支えたのは弾薬の運搬や負傷者の看護役として参加していた女性革命家・徐宗漢(リー・ビンビン)だった。激烈な戦場で2人は支えあううちに、お互いの気持ちが通じ合うようになっていた。 歴史上、“黄花崗七十二烈士”と呼ばれたこの悲劇は、中国全土にこれまでにない反清運動の高まりをもたらすことになった。その後、次々に全国で巻き起こる若者たちによる勇気ある行動と、徐宗漢の支えによって黄興はふたたび立ち上がることを決意する。 そして、1911年10月10日、湖北省の武昌区で新たに響いた革命の銃声は時代を動かした。黄興は、仲間たちの元へと駆けつける。崩壊寸前の祖国と愛する人を救うため、同志たちと語り合った理想を勝ち取るため、そして、盟友・孫文との約束を果たすため。ついに<革命=辛亥革命>の火蓋は切って落とされた。

ちょっと字幕が多すぎます。右側と下に同時に字幕が出たりするので読むのに一生懸命になってしまいます。そこが残念だったかも。
ラスト・エンペラーの時代を別の角度から見たのは面白かったし、孫文という人を初めて知ったと感じました。
がドラマとして観るならば焦点が曖昧というか欲張り過ぎって言うか絞り切れてないところが感動を薄れさせているような・・・

凄く真面目に作られた映画だと思います。逆に娯楽性という部分がちょっとな~。

|

« ♪三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船♪ | トップページ | ♪東西対決?♪ »

コメント

辛亥革命や孫文は名前は知ってましたが、具体的にどういうものかは知りませんでした。
このころの中国は悲惨ですね。清朝全盛期のときは世界一の先進国といっても過言ではなかったのに、外交をあまり重視しなかったために、いつのまにか日欧米の食い物にされるようになってしまって。
自国が欧米に比べて劣っていることを認め、欧米の進んだ技術や制度を積極的に取り入れようとした当時の日本とは対照的です。

歴史を元にした映画は、ある程度距離をおいて淡々と描かれているほうが好みです。
「レッドクリフ」みたいに歴史を元にした創作を元にしているものは別ですけど。
「硫黄島からの手紙」や「ヒトラー最期の12日間」などは、変に製作者の主義主張が感じられず、真面目に作られている印象を受けたのでよかったです。

投稿: tkc | 2011年11月 7日 (月) 19時52分

この映画は見てみたいです。
歴史モノには興味があります。


投稿: コスモ | 2011年11月 8日 (火) 07時48分

♪tkcさん、こんにちは♪
ちょっと説明の多い映画でした。字幕版なのに冒頭は吹き替えになってました。恐らく字幕では表現しきれなかったのだと思います。
ということで付いていくのが一杯いっぱい(^^;観るなら吹き替え版がおすすめです。
孫文や黄興や若き革命家らがいかに信念を持って未来を切り開いたかってお話なのですが今の中国を考えると説得力に欠けるというか・・・
せめて誰か一人の心情を深く掘り下げるなどしてもらえると解り易かったかも。

*************************************

♪コスモさん、こんにちは♪
あまり知らない歴史にこうやって触れられる機会が持てるのはとってもいいことですよね。

投稿: あばた | 2011年11月 8日 (火) 12時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131098/53185165

この記事へのトラックバック一覧です: ♪1911♪:

« ♪三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船♪ | トップページ | ♪東西対決?♪ »