« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月28日 (水)

♪花の回廊 流転の海 第五部♪

Photo

宮本輝(著) 新潮文庫

文庫化開始からもう、20年だそうです。
第一部『流転の海 』1990年、第二部『地の星 』、第三部『血脈の火 』、第四部『天の夜曲 』に続くこのお話。
もうお話の流れとか記憶の彼方に~~~
でも読んでいくうちにどんどんお話の中に入り込んでいってしまいます。

ここまでのおはなしは
郷里伊予一本松の疎開先から一望焼け野原の大阪に帰ってくると、自分の土地が闇商人たちに占拠されていた。闇市を取りしきる若いヤクザと勝負し土地を取り戻した松坂熊吾は、大阪の闇市で松坂商会の再起をはかる。そんな折、妻の房江に諦めていた子宝が授かった。「お前が20歳になるまでは絶対に死なん」熊吾は伸仁を溺愛する。やがて熊吾の商売も軌道に乗り始めるが、かつて小僧で今は神戸で自動車部品の商売を始めた海老原太一の裏で糸を引く策謀に翻弄される。それでも事業を軌道に乗せていく熊吾。しかし房江や息子・伸仁の相次ぐ大病などにより、いざ絶頂という寸前で店をたたみ田舎に引きこもることに。 2年後、再び大阪へ戻った熊吾一家は、雀荘や中華料理店を始め、精力的に次々と事業を興し成功していく。虚弱体質でありながらもたくましく育つ伸仁。しかし、義母の失踪による妻・房江の心労、さらに洞爺丸台風の一撃で、新しいプロパンガス代理業、消防用ホース修繕用接着剤事業は撤退。追い討ちをかけるように、熊吾は糖尿病と診断される。熊吾は自宅兼店舗で、中華料理屋ときんつば焼売りに専念する。が中華料理店の「平華楼」の中華弁当が食中毒を起こし営業停止になってしまう。一家は高松に移り住むことに。しかし熊吾は、関西中古車連合会設立のために単身大阪で奮闘することになる。が房江の体調が悪くなり、伸仁だけを高松において房江を大阪に連れ帰り事業に本腰を入れようと決意する。
簡単に書いただけでも熊吾の紆余曲折の人生が見えてくるかと思うのですが、ここにはまだまだ様々な人物が絡んできて、その熊吾の豪快でデッカイ人間性をこれでもかと見せてくれます。

『流転の海 』は1990年に映画化されてるそうなので観られた方もいるかもしれませんね。

、今回のおはなしは・・・
昭和32年、財産を失った松坂熊吾は、電気も水道も止められた大阪・船津橋のビルで、来る自動車社会を見据えた巨大モータープールの設立に奔走し、妻の房江は小料理屋の下働きで一家を支える。一方、小学生の伸仁は集合住宅「蘭月ビル」でお好み焼屋を営む叔母のもとへ預けられた。やがてモータープールが開業し、管理人として事務所兼居宅に親子が移り住み、やっと松坂一家に展望が開けてきたようだが・・・

このお話は宮本輝氏の自伝的小説なのだそうです。息子の伸仁が宮本氏。
そう思って読むとこの時期、この「蘭月ビル」で過ごした経験が宮本氏の書く小説に大きな影響を与えているんじゃないかと思えます。
貧乏の巣窟のような「蘭月ビル」。この時期、南北に分かれて対立を深める朝鮮・韓国人を含め、最下層に属する人々が雑居する集合住宅。その中で良くも悪くも人間社会の深みを知っていくことになるのです。

しかしこの松坂熊吾って人物は魅力的です。最初の頃は女好きな部分とか強引過ぎる部分とかが鼻についたりしたのですが今回は人間が丸くなったのかいい部分ばかり見えてきて、その言葉にも重みを感じたりします。
熊吾が伸仁に言う言葉で
「男は自分の自尊心よりも大切なものを持って生きにゃあいけん」
ってのがあるのですが、気の強い私にはとっても大事な教えとなっています。

次回はどうやら海老原太一が再び登場しそうで波乱の予感。楽しみなんだけどいったい何時読めるのか・・・また4~5年待たなきゃなんないのかな~???

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年9月26日 (月)

♪お彼岸♪

Photo

今日でお彼岸も終わりです。

「暑さ寒さも彼岸まで」って言いますが、ほんと一気に秋になりましたね。

昨日今日は肌寒いくらいです。

お彼岸中は会社の展示会と重なり19日も23日もお仕事で世間が3連休だと騒いでるのを指をくわえて見てました。

やっとこ休みになった24日、母にお供えしようとおはぎを作りました。

仏壇にお供えしてから

兄のとこと親戚のおばさん、お向かいのおばさんにもお裾わけ。

皆から「よく出来ていたよ」と言っていただけました。

母も美味しく食べてくれたかな?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年9月20日 (火)

♪サンクタム ♪

Photo

ジェームズ・キャメロン総指揮による3Dアドベンチャーって聞けば期待しちゃうでしょ~。

おはなしは・・・
神秘的な自然が広がるパプアニューギニアの密林地帯。ケープ・ダイビングに長けたベテラン探検家フランク・マクガイア(リチャード・ロクスバーグ)は、この地にある世界最大の洞窟体系エサ・アラの洞窟に潜り、全体像を解き明かす調査チームを率いていた。チームのスポンサー、大富豪の実業家カール・ハーリー(ヨアン・グリフィズ)の援助で潤沢な資金を得てハイテクの装備を駆使しても、複雑に入り組んだトンネルがどこに通じているかは一向に掴めず、メンバーは苛立っていた。特にフランクの17歳の息子ジョシュ(リース・ウェイクフィールド)は、父によって強引に探検に参加させられた上、重労働を強いられる日々にうんざりしていた。ある日、カールが登山家の恋人ヴィクトリア(アリス・パーキンソン)を連れて洞窟へやって来る。ジョシュは、2人をチームの前線基地まで案内する。そのころフランクは、“悪魔のくびき”と呼ばれる地点から続くトンネルを発見する。しかしバディを組んでいたジュード(アリソン・クラッチリー)にエア漏れが発生し、彼の懸命の救出もむなしく、彼女は帰らぬ人となる。チームのフランクへの不信感は高まり、地上との通信状態の悪化もあり、フランクは前線基地からの撤退を決断する。彼らが撤退の準備をする間もなく、突如巨大サイクロンが上陸し、逆流した川の鉄砲水が洞窟内に流れ込んでくる。フランク、ジョシュ、カール、ヴィクトリア、フランクの盟友クレイジー・ジョージ(ダン・ワイリー)は洪水から逃れるが、唯一の出口は塞がれ、通信手段も絶たれる。5人は、フランクが見つけた未知のトンネルが海へ通じている可能性を信じて、洞窟の先を進む。

水中探検家であり映画作家のアンドリュー・ワイトの実体験を基にして作った映画だそうです。
実話なのですっごいスペクタルとかはありません。
でも自然の脅威には圧倒させられます。
人は自然と向き合うにはそれなりのルールが必要。それを破ればその自然に呑み込まれてしまうだけ。
美しさの裏にそんな脅威を持った自然に立ち向かうには人としても強くあらねばならない。
怠慢や裏切り、そういった隙にも自然の脅威は襲いかかるのです。
こんなパニック状態に置かれた時私はどんな行動が取れるんだか。考えたら自分の小ささにうんざりします(--;

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年9月16日 (金)

♪シアター! ・シアター!〈2〉♪

Photo

有川浩(著) メディアワークス文庫

おはなしは・・・
いじめられっ子の弟・巧はいつもしっかり者の兄・司に頼ってばかり。二人の父親は売れない役者。既に親は離婚しており母子3人で暮らしていた。社会適応力の全くない巧のことを心配した父親が演劇を通して行っているフリースクールに通わせることにした・・・
時は過ぎ・・・とある小劇団「シアターフラッグ」――ファンも多い劇団だが、現在は解散の危機が迫っていた……お金がないのだ!! その負債額300万円!
劇団員も減り解散の危機に悩んだ主宰の春川巧は兄の司に泣きつく。兄に借金をして劇団は助かったが、司は巧たちに「2年間で劇団の収益からこの300万を返せ。 できない場合は劇団を潰せ」という「シアターフラッグ」には厳しい条件を出す。
新星プロ声優・羽田千歳が加わり一癖も二癖もある劇団員が10名に。そこへ鉄血宰相・春川司を迎え入れ、巧は新たな「シアターフラッグ」を旗揚げするが……。
果たして彼らの未来は――!?

これ、かなり面白いです。
末っ子の甘え体質、若干はマシになったとはいえまだまだ社会不適合者の枠を出ない巧。そんな巧に売れない役者のまま寂しく死んでいった父親の姿を重ねて見てしまう司。司は巧を演劇の世界から切り離したいのですが無理やりってことはしないのです。
「人間が何かを諦めるのに必要な条件って分かるか?全力でやって折れることだよ。」
と言う事で
「2年間で劇団の収益からこの300万を返せ。 できない場合は劇団を潰せ」
となるわけです。でここで突き放したら確実に劇団は潰れてしまう。でも司はそんな卑怯な取引はしない。「金の管理は俺がする」
経費の無駄を探し利益を上げる智恵を出す。そしてその意識を劇団員にも植え付ける。
劇団を潰したいと思いながら何処かで応援してる自分に舌打ちする司がいいな~。ホントに巧が、そして劇団員が可愛いんだろうなって。

この作品も有川氏の他の作品と同じく登場する人のキャラがいいです。
で、この作品は恋愛ネタが少ないです。有川作品の甘めな部分がちょっと苦手な私にはいい感じです。
演劇の世界の裏側を覗けるのも楽しかったです。
おすすめです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月14日 (水)

♪探偵はBARにいる♪

Photo

これ、原作を読むか映画を観るか悩んだのですが・・・

おはなしは・・・
舞台は札幌・ススキノ。この街の裏も表も知り尽くした探偵(大泉洋)は、いつものように行きつけのBARで相棒兼運転手の高田(松田龍平)と酒を飲み、オセロに興じていた。そこへ“コンドウキョウコ”と名乗る女から電話が……。職業柄、危険の匂いには敏感なはずが、簡単な依頼だと思い引き受け、翌日実行。だがその直後に拉致され、雪に埋められ、半殺しの目に遭ってしまう。怒りが収まらぬ探偵の元に、再び“コンドウキョウコ”から電話が……。その依頼を渋々こなし、自力での報復に動き出した探偵と高田は、知らず知らずのうちに事態の核心に触れていく。その過程で浮かび上がる、沙織(小雪)という謎の美女と大物実業家・霧島(西田敏行)の存在。そして、探偵は4つの殺人事件にぶつかる……。

日本推理作家協会賞受賞の東直己の「ススキノ探偵」シリーズ2作目、「バーにかかってきた電話」を映画化したもの。
これ、原作も絶対に面白いだろうなって思ってしまった。
この探偵、出来るヤツなんだか出来ないヤツなんだか。強いんだか、弱いんだか。冴えてるんだか、ボケなんだか。
そのあたりが全くはちゃめちゃな人物。自分ではハードボイルドを気取ってはいるんですけどね。
で、相棒の高田。頭は良さそうで腕っ節も半端じゃない。でも何処か間が抜けてる。どっちかと言うとオタク系?
まぁ、二人とも不完全ってコトなんだけど、そこが結構笑えます。
大泉洋さんが笑えるのは当たり前なのですが、松田龍平さんがいい味を出しているなって思いました。

なかなか面白かったのですが、こういうのドラマでやってくれたらいいのにな。「映画だから大物俳優を使いました」って感じがしないでもない。大スクリーンを使うだけの映像とかを期待してしまうのは我儘なのでしょうか(--;

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年9月12日 (月)

♪クーザ♪

Photo

シルクドソレイユの新作。
ホントは母と観に行くつもりでチケットを買っていました。
母もそれまでには元気になるって言ってくれてたのですが・・・
一人で観に行こうかなと思ったのですが、さすがにちょっとキツいな~と思って義姉を誘って一緒に行ってもらいました。

宝箱を意味するサンスクリット語の"KOZA"からインスパイアされた『クーザ』は、自分の居場所を探し求める無邪気な少年、イノセントの物語。

ある日イノセントのもとに大きな箱が届く。
その箱から飛び出したのは、カラフルなストライプが印象的なトリックスター。
キラキラ輝く魔法のスティックを片手に、イノセントを『クーザ』の世界へと導く。そこは何もかもが新しく、眩しいほどにカラフルな世界。

はじめは怯えていたイノセントも、次第に驚きに満ちた未知の世界に夢中になっていく。
トリックスターをはじめ、次から次へと現れる『クーザ王国』の住民たち。個性的でユーモアたっぷりの王様や、華麗に空中を舞う美女、回転する巨大なホイールの上でスリリングな技に挑む男たち。
イノセントの目に映る光景は、時に人間の美しさや強さを、時に心に潜む悪や恐怖を映し出す。
そして旅の最後には、明日を迎えるための勇気と希望を手にする。

インドやパキスタンから影響を受けた壮麗な舞台セット、人間の美しさを際立たせる独創性に富んだ衣装、ノスタルジックな曲調からゴージャスなサウンドまで、物語に緩急をつける魅力的な音楽。その全てがスリルと興奮に満ちた『クーザ』の感動の世界を彩っている。
                                                 (公式ホームページより)

これでシルクドソレイユは3度目。
素晴らしいの一言ですね。
人とは思えない数々のパフォーマンスに驚愕し、観客を交えてのクラウンによるパフォーマンスに大笑いし、30分の休憩を挟んでの2時間半、たっぷり楽しませてもらいました。
中でも「コントーション」というパフォーマンスは目が点。
3人の女性がポーズを取るってだけのものなのですが・・・「その体の柔らかさはなんやねん!」
体の曲がり方はどう考えても変。一瞬、「これはホラー映画か?」って思ってしまった(笑)
他にも大技が次から次へと。ハラハラドキドキ。
「これ、心臓に悪いわ」

座席がど真ん中の前から4列目と良かったこともあり存分に楽しませてもらいました!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年9月 9日 (金)

♪シンメトリー ♪

Photo

誉田 哲也 (著) 光文社文庫
 
代表作の『ストロベリーナイト』や『ソウルケイジ』に続く「姫川玲子シリーズ」の短編小説集です。

おはなしは・・・
 「東京」
品川東高校の女子水泳部員がプールのある屋上から飛び下りる事件が起きた。当初は事件性は無く自殺と見られていたが疑問点も多く残されていた。そんな中、姫川はこの水泳部にいじめがあったと気付き・・・
 「過ぎた正義」
姫川は今日も休暇を利用して、その男に会える可能性が僅かにあ る某少年刑務所に向かう炎天下の裏路地を歩いていた・・・
監察医・ 國定から聞いた、「精神鑑定の結果無罪となった殺人犯と、未成年 であるためにすぐ釈放された殺人犯の二人がそれぞれ交通事故と薬物中毒で亡くなっていた。。何者かの意思のようなもの を感じなくはないが・・」という言葉が気になり、二つの事件の関連を調べ、そしてある男の存在に辿りつく。
 「右では殴らない」
覚醒剤使用の痕跡がある男性が、立て続けて劇症肝炎で死亡する事件が起きた。玲子がその話を國奥から聞いたわずか3日後にも同じ死者が出てしまった。所轄も覚醒剤取締法違反程度にと思っていたが、直感的に事件の匂いを感じた玲子は、連続殺害事件として動きだし、被害者の携帯電話からある共通の人物に辿りつく・・・。
「シンメトリー」
百人を超える死者を出した列車事故。原因は、踏切内に進入した飲酒運転の車だった。危険運転致死傷罪はまだなく、運転していた男の刑期はたったの五年。目の前で死んでいった顔見知りの女子高生、失った自分の右腕。元駅員は復讐を心に誓うが…
「左から見た場合」
男が何者かによって刺殺された。その死体のそばでみつかった携帯電話には、045 666とだけ入力されていた。被害者の携帯電話の電話帳に、登録されていた"渡辺"という人物。この渡辺について気になりだした玲子は・・・.。
「悪しき実」
「マンションの部屋で男が死んでいる」と通報をして、同室の賃借人の女性が姿を消した。玲子たちはその女性"美津代"の身柄を確保した。検死結果では死んだ男性が他殺か自殺かの判断がつかず、美津代を問いつめても、「私の亭主で、私が殺した」としか答えない...。
「手紙」
中目黒の児童公園内で40代OLが、胸部や腹部の3箇所刺され、失血死した事件が起こった。殺された女性は会社で金貸し、延滞すると関係を迫るという証言を聞き・・・

「姫川玲子シリーズ」っぽくないかも。
グロい。痛い、エンターテイメント性が高いってのが定番かなと思っていました。なのに今回のは普通の刑事モノだったので「あれ~?」って思ってしまった。姫川玲子じゃなくてもいいじゃんって。
でも彼女の独特の野性的勘は健在。
で、それぞれにドラマがあって。結構読ませるお話になってました。
少年犯罪だったり、いじめだったり、意識しない罪だったり、ちょっと考えさせられるお話が中心。
まさか、あんなことがこんな大ごとになるなんて!ってここに登場する犯人たちの声が聞こえてきそう。
大火災だって小さな火種が原因だったりするわけです。

自分の行動が何にどう影響するか。そういう想像力って必要なんですよね。

そういえば「ジウ」がドラマになってますね。
このブログのアクセスキーワードもトップになってたりしてます。
あの世界感はドラマでは出せないと私は見てませんが(^^;

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年9月 7日 (水)

♪コスモス♪

Photo

朝晩すっかり涼しくなってきましたね。

ご近所の公園ではもうコスモスも終わりに近づいてました。

そう言えば母と一緒に鶴見緑地や万博公園に見に行ったな~って。

母が好きな花だったなぁ~って。

強い風にもしなやかに揺られて決して折れない強さがあって。何処か母と似てるなぁ~って。

私もコスモスのような女性になれるかなぁ~って・・・

私はいつまでも母の背中を追っかけて行くんだろうな。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年9月 5日 (月)

♪別冊図書館戦争I♪

2

有川 浩(著) 角川文庫
図書館戦争シリーズ(5)。

前にご紹介した『図書館戦争』シリーズのスピンアウト。
今回は図書館で起きた小さな事件のお話を交えながら当麻亡命事件後、付き合うことになった郁と堂上の恋が中心になります。

短編っぽい創りになってるのであらすじは上手く伝える事は出来ません。
ただ甘い!ってことだけは伝えておかねば。

今回は大きな事件とかってのは無くて、郁と堂上の痴話喧嘩?があって、仲直りしたいけどきっかけと言うか、タイミングと言うか、なかなか上手くいかなくて・・・みたいな少女漫画チックな展開。
そんな郁は柴崎の言うところ「純粋培養乙女」
その原因が郁の母親のマインドコントロールにあると。親が子供に与える影響っていうのは有川さんの作品ではよく取り上げられるお話ですね。子育てって怖いなって思ってしまう。

図書館にいつも酔っ払ってやってきては児童室などで寝てしまう男のお話や、図書館の貴重資料を盗む男や、大きな犬をリード無しで放す老婦人など、何処にでもありそうな迷惑人間が出てきたり、やんちゃ坊主が実は親から虐待を受けてたってお話とか、若干平和になった図書館でのエピソードを交えながらお話は進行していきます。

そんな中で痛快なのは「木島ジン」という作家の良化法に対抗するやり方。
良化法では禁止されていない言葉のみを使って、「これでもか!」ってくらい差別的表現を作って、それで小説を作ってしまう。
それは良化法に対する挑戦状なのです。どんな単語を使おうが、その言葉を発する者によっては凶器にもなる、またその逆もあるってことですね。

まぁ、何度も言うようですが恥ずかしくなるほど甘い恋愛小説になってます。
が、それ以上に笑える!
甘いお話が苦手じゃなかったらぜひ読んでみて(^^)ノ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »