« ♪クーザ♪ | トップページ | ♪シアター! ・シアター!〈2〉♪ »

2011年9月14日 (水)

♪探偵はBARにいる♪

Photo

これ、原作を読むか映画を観るか悩んだのですが・・・

おはなしは・・・
舞台は札幌・ススキノ。この街の裏も表も知り尽くした探偵(大泉洋)は、いつものように行きつけのBARで相棒兼運転手の高田(松田龍平)と酒を飲み、オセロに興じていた。そこへ“コンドウキョウコ”と名乗る女から電話が……。職業柄、危険の匂いには敏感なはずが、簡単な依頼だと思い引き受け、翌日実行。だがその直後に拉致され、雪に埋められ、半殺しの目に遭ってしまう。怒りが収まらぬ探偵の元に、再び“コンドウキョウコ”から電話が……。その依頼を渋々こなし、自力での報復に動き出した探偵と高田は、知らず知らずのうちに事態の核心に触れていく。その過程で浮かび上がる、沙織(小雪)という謎の美女と大物実業家・霧島(西田敏行)の存在。そして、探偵は4つの殺人事件にぶつかる……。

日本推理作家協会賞受賞の東直己の「ススキノ探偵」シリーズ2作目、「バーにかかってきた電話」を映画化したもの。
これ、原作も絶対に面白いだろうなって思ってしまった。
この探偵、出来るヤツなんだか出来ないヤツなんだか。強いんだか、弱いんだか。冴えてるんだか、ボケなんだか。
そのあたりが全くはちゃめちゃな人物。自分ではハードボイルドを気取ってはいるんですけどね。
で、相棒の高田。頭は良さそうで腕っ節も半端じゃない。でも何処か間が抜けてる。どっちかと言うとオタク系?
まぁ、二人とも不完全ってコトなんだけど、そこが結構笑えます。
大泉洋さんが笑えるのは当たり前なのですが、松田龍平さんがいい味を出しているなって思いました。

なかなか面白かったのですが、こういうのドラマでやってくれたらいいのにな。「映画だから大物俳優を使いました」って感じがしないでもない。大スクリーンを使うだけの映像とかを期待してしまうのは我儘なのでしょうか(--;

|

« ♪クーザ♪ | トップページ | ♪シアター! ・シアター!〈2〉♪ »

コメント

 そうなんですよねー。日本映画は別に大画面で見なくても~という感じの映画が多いですよね。だから、イマイチ見に行く気がしないんだなー。DVDでも十分かと。
 でも、この探偵さん、ちょっと面白そうですね。

投稿: マサエ。 | 2011年9月15日 (木) 09時28分

ススキノ探偵シリーズですか。身近な場所なのですが、あばたさんの解説で何となく見たような錯覚に陥っています。
いつもどうも有難う。

投稿: sonata | 2011年9月15日 (木) 10時16分

♪マサエ。さん、こんにちは♪
日本映画はお金を掛けるところを役者さんとかにしちゃうんですよね。中途半端な予算なら大掛かりな映像が無理なのでしょうけどね~。
この探偵さんはいい味を出してますよ。ぜひDVDでお合いしてください(^-^)ノ

*********************************

♪sonataさん、こんにちは♪
北海道の冬が舞台。
sonataさんの知ってる場所が沢山出てくると思います。
私の解説では面白さが伝わらないかも。機会があればご覧になって~(#^.^#)

投稿: あばた | 2011年9月15日 (木) 12時36分

最近、本屋で平積みされていますよね。
毎回、手にとって買おうか悩みます。
まずは小説読んでみようかな〜。heart02

投稿: yumiko | 2011年9月16日 (金) 20時21分

♪yumikoさん、こんにちは♪
小説は短編集のようですね。
短編がちょっと苦手なので私も悩んでます。
yumikoさんの感想待ってようかな(笑)

投稿: あばた | 2011年9月20日 (火) 12時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131098/52728699

この記事へのトラックバック一覧です: ♪探偵はBARにいる♪:

« ♪クーザ♪ | トップページ | ♪シアター! ・シアター!〈2〉♪ »