« ♪母の友達♪ | トップページ | ♪藤の実♪ »

2011年8月 8日 (月)

♪モールス♪

Photo

少年少女の切なく哀しい恋のおはなし・・・
スウェーデン映画『ぼくのエリ 200歳の少女』をリメイクしたものなんですって。

おはなしは・・・
雪に閉ざされた田舎町。12歳のオーウェン(コディ・スミット=マクフィー)は学校でいじめられていた。離婚問題で精神的に不安定になっている母親には相談できず孤独な日々を送っていた。ある夜、家の隣に少女が父親と共に越してきた。数日後、オーウェンが中庭で一人遊んでいると、その少女が現れ会話を交わしたが「わたしは友達にはなれない」と突き放されてしまう。が、何度か会ううちに二人は徐々にうちとけていく。彼女は、、アビー(クロエ・グレース・モレッツ)という名であった。12歳くらいだが自分の誕生日は知らないと言う。ミステリアスな彼女に惹かれていくオーウェンは、アビーの部屋から聞こえてくる荒々しいどなり声に心を痛めていた。ある日、オーウェンはモールス信号のメモをアビーに渡し、壁越しに話そうと伝える。自分を心配してくれたオーウェンがいじめられていることを察したアビーは「やり返すのよ。私が守ってあげるから」と言う。アビーを守りたいと変わっていくオーウェンは、いじめっ子に仕返ししたことに興奮し、アビーに血の誓いを交わそうと指を切る。すると今まで笑顔だったアビーが血を見た途端に様子が急変、「消えろ」と言って走り去る……。時を同じくして、この小さな町で残酷な連続猟奇殺人が起こっていた。そんな中、車の事故で容疑者と思われる男が病院に搬送されたが、彼は頭から硫酸を被っていて刑事と話もできない。そしてその男は手がかりとなるメモを残し病室から転落死してしまう。だが、血液が抜かれたジャックという男の死体が湖から発見されたことで事件は進展。彼の自宅を調べていると、近隣の女性が最近、首を噛み切られ病院に搬送された後、病室が発火して死んだらしいことが判明する。この団地に何かがある。刑事は団地へ乗り込み、ドアの前で拳銃を構えるが、家の中からは応答はない。ドアの向こうで息を殺していたのはオーウェンだった……。

結構、こわ~いお話。
そして、幼い二人の禁断の恋のお話。
この二つが、とっても綺麗な少年と少女によってミステリアスに美しくまとめあげられたって感じでしょうか。
綺麗だから余計に怖いんだな~。

でもお話のこの先を考えると・・・
あまりにも悲し過ぎるし、あまりにも怖いお話に・・・・。

オリジナルはかなり評価が高いようなのでぜひそれも観てみたいです。
暑い中、ゾクゾクってしたい方にはオススメです。

|

« ♪母の友達♪ | トップページ | ♪藤の実♪ »

コメント

怖い映画ですね。

投稿: コスモ | 2011年8月 9日 (火) 09時56分

 おお、こういうお話でしたか。R15のスリラーとあったので、ちょっと~っとおもっていましたが、哀しくせつない話のようですねー。
 うーむ、迷うなー。

投稿: マサエ。 | 2011年8月 9日 (火) 14時24分

♪コスモさん、こんにちは♪
ホラー系が苦手な私には十分怖かったです・゜゜・(ノд≦*)         

*********************************

♪マサエ。さん、こんにちは♪
これ、R-15指定だったのですね・・・そんなに残虐なシーンとかは無かったのですけど。
最近、この手のお話が流行りだとか・・・何故なんだろう?一種のマイノリティー?
青白い雪のシーンで涼むのもいいかもですよ(^-^)ノ

投稿: あばた | 2011年8月 9日 (火) 16時55分

吸血鬼を扱ったお話は、恐ろしさの中に悲哀が漂うものが多いですね。
小野不由美の「屍鬼」なんかもそうでしたし。
優れた能力をもっていても、圧倒的に数が少ないものは、こういったお話に使いやすいのかな。

投稿: tkc | 2011年8月 9日 (火) 20時33分

♪tkcさん、こんにちは♪
「屍鬼」ってそういうお話だったのですね。
タイトルの恐ろしさと話の長さに手が出せずにいました。
吸血鬼って他のモンスターに比べて美しく気品があるイメージがありますよね。だからかな~???

投稿: あばた | 2011年8月10日 (水) 17時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131098/52422886

この記事へのトラックバック一覧です: ♪モールス♪:

« ♪母の友達♪ | トップページ | ♪藤の実♪ »