« ♪梅干しっぽくなってきました♪ | トップページ | ♪お掃除道具♪ »

2011年6月20日 (月)

♪X-MEN:ファースト・ジェネレーション♪

Xmen

ジェームズ・マカヴォイがでるんだ~!って。
「つぐない」で大ファンになってたし、「ウォンテッド」でも違う顔で楽しませてもらったし、「X-MEN」シリーズも好きだし、待ってました~って感じです。

おはなしは・・・
国際情勢が緊迫する1960年代。裕福な家に生まれ、名門大学に通うチャールズ(ジェームズ・マカヴォイ)と、母親と引き裂かれた悲しい過去を持つエリック(マイケル・ファスベンダー)。チャールズは強力なテレパシーを使うことのできるミュータントだったが、自分と同じような能力を持つ者の存在に気付きはじめていた。そんな中、強力な磁力を発生させ、あらゆる金属を自在に操れるエリックとめぐり合う。ミュータントとして人類と闘うべきか共存すべきか、異なる信念を抱きながらも友情を深めたふたりは、世界各地のミュータントを仲間に迎え入れていく。しかし、戦時中にエリックの母親を殺した元ナチスの科学者ショウが、ミュータント集団“ヘルファイヤークラブ”を結成。やがてショウが悪魔のごとき計画を実行に移したとき、チャールズとエリックはその野望の阻止に挑むが、過酷な運命は彼らの絆を引き裂き、人類との“共存”か“支配”かという正反対への道へと導いていくのだった……。

なぜマグニートー=エリックは人類を憎むのか、なぜプロフェッサーX=チャールズは車椅子の身になったのか、何故同じミュータント同士が敵対するようになったのか・・・など、「X-MEN」を観てて感じた疑問が解消されてすっきり!
お話の流れも”米ソ冷戦”や“キューバ危機”を背景にしてて違和感なく、とっても自然に入り込めます。
これ、かなりの秀作かも。

ミュータントの哀しみやコンプレックスの深さ、ミュータントを恐れ排除しようとする人類の心の狭さや弱さが浮き彫りにされ、考えさせられもします。

ウルヴァリンもチラリと出演します。これ、結構、嬉しかったです。

「X-MEN」ファンには勿論、「X-MEN」を知らない人にも是非観てほしい映画です。

|

« ♪梅干しっぽくなってきました♪ | トップページ | ♪お掃除道具♪ »

コメント

 いい映画でしたねー。ワクワク、ドキドキの中にもミュータントの哀しみや人間との対立などが描かれていて。
 あのケネディーが演説している様子を映したテレビ、昔のテレビってあんな風だったのね、と改めて思いました。歴史をうまく扱っていましたね。

投稿: マサエ。 | 2011年6月21日 (火) 10時15分

♪マサエ。さん、こんにちは♪
X-MENはアメコミ映画の中でも一番出来がいいなと思います。
最初はウルヴァリン が怖いな~って思ってたけど、良く見るとヒュー・ジャックマンはカッコいいし。
最初の2作の監督さんがゲイだってことが、マイノリティであるということの哀しみやこうありたいという理想を正しく伝える助けになってるように思います。

投稿: あばた | 2011年6月23日 (木) 08時23分

こんばんは♪
私はやっと昨日観に行きました。
シリーズ自体好きですけど、ジェームズ・マカヴォイの
作品ごとに魅せる違う顔も楽しみでしたが、
想像もしていなかったCASTに彼はどこかに行ってしまいました(笑)
いやいや、カッコ良かったし、プロフェッサーXと
なっていく彼の段階もマグニートーや他の仲間との
関係性も楽しめました。
でも…最終的に“彼”なんですね〜、私にとって( ̄▽ ̄;)
最近お見かけして無かったので、喜ぶべきですかね。

投稿: ばる | 2011年7月 7日 (木) 20時27分

♪ばるさん、こんにちは♪
ジェームズ・マカヴォイ、暫く見ない内に落ち着き過ぎちゃった?(笑)
私もロビーの印象が強くって。というかステキ過ぎてどうしても同じキャラを求めてしまいます(^^;
それに後年ハゲちゃうんだって思うとね~<(´ロ`;)>
でもでもこういう役もこなせてしまう俳優さんなんだと、彼を純粋に評価すべきかもしれませんね。
この映画でも存分に楽しませてくれたんですからね(^-^)v

投稿: あばた | 2011年7月12日 (火) 14時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131098/51994392

この記事へのトラックバック一覧です: ♪X-MEN:ファースト・ジェネレーション♪:

« ♪梅干しっぽくなってきました♪ | トップページ | ♪お掃除道具♪ »