« ♪世界遺産を食らう♪ | トップページ | ♪飲むフルーチェ♪ »

2011年3月 2日 (水)

♪安土城跡♪

Photo

昨日に続きお城のおはなし。

先日、仕事で彦根に。

行く途中、いつも電車から見えるコレが気になって。

ただの小山なんだけど…

前にマサエ。さんが紹介してくださった石垣とかはこの向こう側にあるのでしょうね。

先日WOWOWで「火天の城」って安土城を造るって映画をやっていたのを観たので尚更気になって仕方がない。

映画のおはなしは・・・
1575年、織田信長(椎名桔平)は長篠の戦いで、甲斐の武田勢を破る。翌年の1576年、天下統一事業を象徴するように、琵琶湖を臨む安土の地に居城を建設することを決意する。その城は、五重七階の天主と、キリスト教の大聖堂のような吹き抜けの構造を内側に持つ大城郭であった。信長は、丹羽長秀を築城奉行としながら、設計及び現場の総棟梁を熱田の宮番匠・岡部又右衛門(西田敏行)に一任する。又右衛門は、今川義元との戦以来、十数年に渡って才気を評価していた男だった。金閣寺を建立した京の池上家、奈良の大仏殿を造った中井一門らとの図面争いを勝ち抜いた又右衛門は、妻・田鶴(大竹しのぶ)や娘・凛(福田沙紀)、門下の番匠らに支えられながら、築城を進めていく。しかし、又右衛門は難問にぶつかる。巨大な城を支える主柱として、これまでになく大きな檜が必要だった。理想の木材は木曽上松にあると考えた又右衛門は、信長の敵・武田勝頼の領国に危険を顧みず分け入っていく。そのころ国元では新たな戦乱の暗雲が立ち込め、田鶴には病魔が迫っていた。さらに又右衛門を、悲劇的な争いや仲間の死が襲う。それでも又右衛門は信長の野心を実現するため、檜を獲得しようと尽力する。

こんなに多くの血と汗で築かれたお城もわずか3年で焼け落ちてしまうのですね。

ここで凄いドラマがいっぱいあったんだな~。

|

« ♪世界遺産を食らう♪ | トップページ | ♪飲むフルーチェ♪ »

コメント

うたかたの夢ですね。

投稿: コスモ | 2011年3月 3日 (木) 08時36分

ヨーロッパの様に石造建築の城や教会なら、破壊されることはあっても後世まで残り、文化遺産や世界遺産になるんですが…
何せ簡単に燃えてしまう木造建築では、残念ですね。
でも、見てみたいですね。ミニチュアでもいいから再現しないのでしょうか。

投稿: sonata | 2011年3月 3日 (木) 09時10分

♪コスモさん、こんにちは♪
奢れる者も久しからず・・・

**********************************

♪sonataさん、こんにちは♪
日本のお城は独特の形状が美しいと思うのですが本物より再建されたものの方が多いですね。
それでも結構ワクワクするので造ればいいのにって思うのですが財政的に無理なのかも。
「安土城 画像」で検索すると想像図が沢山ヒットします。カッコいいお城だったみたいですよ。

投稿: あばた | 2011年3月 3日 (木) 12時18分

お薦めの画像、色々と見て楽しめました。
他の城とは事なる何か成り上がり者の俗っぽい成金趣味を思ったのですが、象嵌細工は素敵ですね。

投稿: sonata | 2011年3月 4日 (金) 12時20分

 安土城跡、あの辺りから石段を上っていったのかなー。上るの、けっこう大変でしたが、景色は良かったし、礎石が残っていて、いかにもここが城だったんだなーと思えました。
 半日あれば行けるのだけど、出張ついでに1泊とか、ダメかなー。

投稿: マサエ。 | 2011年3月 4日 (金) 12時31分

sonataさん、こんにちは♪
この丹羽って人がちゃんとした人だったからこういうお城になったみたいです。吹き抜けにするのを反対したり機能美を追求したんだと思います。本物、見て見たかったですよね〜(^_^)

ーーーーーーーーーーーーーーーー

♪マサエ。さん、こんにちは♪
電車から見ると小さな山ですが近くに行くとそれなりの山なのでしょうね。
安土の駅に停まった時、降りてやろうかって何度思ったことかf^_^;
彦根程度なら出張も半日で直行直帰にならないんですよね〜(-.-;)

投稿: あばた | 2011年3月 4日 (金) 18時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131098/51011519

この記事へのトラックバック一覧です: ♪安土城跡♪:

« ♪世界遺産を食らう♪ | トップページ | ♪飲むフルーチェ♪ »