« ♪トロン前売券のおまけ♪ | トップページ | ♪厚焼き玉子風蒸しパン♪ »

2010年12月20日 (月)

♪トロン:レガシー 3D♪

Photo

SFムービー大作を3Dで!!!
しかも人を楽しませるのがお上手なディズニーですから!
観ない訳にはいかないでしょ~

おはなしは・・・
デジタル業界のカリスマとして名をはせるエンコム社のCEO、ケヴィン・フリン(ジェフ・ブリッジス)の謎の失踪から20年。ある日、27歳に成長した息子のサム(ギャレット・ヘドランド)に父ケヴィンからのメッセージが届く。消息を追ってケヴィンのオフィスに足を踏み入れたサム。だが、彼は知らなかった。そこはケヴィンが創造した理想郷への入り口……あまりにも美しく、あまりにも危険に満ちた新世界、グリッドへの扉だと。迷い込んだ世界で命を狙われ、サバイバルを強いられるサム。そんな彼を救ったのは、謎に満ちた女性クオラだった。果たして、クオラの正体は?そして、人類の存亡を脅かすグリッドの秘密とは……今、サムに究極の真実が明かされようとしていた。

父ケビンは自分が作ったコンピューター世界の理想郷に、自分が作った自分の分身のプログラムのクルーによって閉じ込められ、現実世界に戻れなくなっていた。完璧を求める独裁者クルーは不完全なものの存在を許さず、トロン・シティと呼ばれる暗黒世界でプログラム同士の死闘ゲームを強いていた。プログラムはそれぞれが自身の情報が詰まったディスクを持ち、それを武器に戦い、敗者は粉々に砕けクリスタルのギューブに。

とにかく、綺麗なんです。
クリスタルで輝く世界。蛍光色に光るラインやバリア。サイケなコスチューム。コンピューターのシステムの世界がファンタジックに広がります。
15cm程の筒がいきなり光るバイクに変身。それを使ったバトルもカッコ良すぎです。
3Dの素晴らしさをとことん楽しませてくれます。

ストーリーは父親に見捨てられたと思ってる息子サムが再び父親と出会い和解するというモノ。
結構ありがちなお話ですね。
なので安心して観ていられるってのも私的にはマルです。

完璧かと思えるデジタルの世界。確かに美しく、無駄がないように思えなくもないのですが、やっぱそこには愛がない。不完全でも愛があるリアルな世界こそホントの美しさがあるんだなと、そんなことを気づかせてくれる映画でもあります。

1982年に、この父親が主役の「トロン」って映画があったんですって。
なのでこの映画はその「トロン」の続編らしいです。
もちろんそれを知らなくても全然楽しめます。
でも「トロン」も見てみたいなって思いました。

|

« ♪トロン前売券のおまけ♪ | トップページ | ♪厚焼き玉子風蒸しパン♪ »

コメント

デジタルの世界は完ぺき主義ですか。
私も変えたパソコンで色々操作に困っています。
3D映像はまだ未体験ですが、目が疲れるということは無いのですか。

投稿: sonata | 2010年12月20日 (月) 21時00分

3D映画もどんどん進化してますね☆
ただメガネが苦手なので、メガネなしで楽しめるように早くなってくれるとありがたいのですが・・。
「トロン」の続編とは知りませんでした。
両方見たくなっちゃいますね(*^m^*)

投稿: コフィー | 2010年12月20日 (月) 21時31分

>不完全でも愛があるリアルな世界こそホントの美しさが>あるんだなと

私もそう思いますね。

不完全だからこそ、「理解しよう」となり、そこに
人としての内面の美しさが滲む。

投稿: | 2010年12月21日 (火) 08時59分

♪sonataさん、こんにちは♪
完璧主義ってイコール融通がきかないって言い方もできますよね。
人と違って機械は柔軟性がないから困りものです(^^;
3D映像は暗いので人によっては疲れるかもしれません。
私の場合はメガネの重さが辛く感じます。
文字が特に見づらいって聞きますから吹き替え版がおすすめですよ(^-^)b

***************************************

♪コフィーさん、こんにちは♪
>ただメガネが苦手なので、メガネなしで楽しめるように早くなってくれるとありがたいのですが・・。

同感です。私の場合、鼻が低いしな~(--;

続編映画だというのはあまり言われてませんよね。
前の映画は特殊映像映画の先がけだったらしいです。
でも今観るとかなりショボいらしいですが(笑)

***************************************

♪コスモさん、こんにちは♪
最近は無駄を省き効率を優先させる傾向にありますが無駄と思える過程だったりそこに行きつくまでの苦労に意味があったりしますよね。

>不完全だからこそ、「理解しよう」となり、そこに
人としての内面の美しさが滲む。

納得です。

投稿: あばた | 2010年12月21日 (火) 12時34分

 私も今日見てきましたよ。映像、きれいでしたねー。やはり3Dには、仮想現実が似合うなーとつくづく思いました。
 トロンという映画、名前を聞いたことあるなーと思っていたら、やっぱり以前上映されていたのですね。でも、確かあまり評判は良くなかったような、私も見てないんで分からないんだけど。
 トロンというのは、プログラム言語の名前でもあり、トロンプロジェクトというのもあるんですよ。この映画に出てくるトロンはイマイチよく分からない存在なんだけどなー。

投稿: マサエ。 | 2010年12月21日 (火) 16時49分

マサエ。さん、こんにちは♪
観てこられましたね!
綺麗でしたね〜。今までで一番3Dが表現できてたなと思いました。
過去の映画はあのお父さんが主役なのだそうで同じ俳優さんがやっておられるそうです。見比べるのも面白そうですね。
トロンの存在…トロンが最後に言った一言がこれからのあの世界を予言してるのかなと、勝手に意味を見つけようとしてます(笑)

投稿: あばた | 2010年12月21日 (火) 18時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131098/50350768

この記事へのトラックバック一覧です: ♪トロン:レガシー 3D♪:

« ♪トロン前売券のおまけ♪ | トップページ | ♪厚焼き玉子風蒸しパン♪ »