« ♪パワーストーン♪ | トップページ | ♪ガラストップコンロ♪ »

2010年9月 9日 (木)

♪悪人♪

Photo_2

吉田修一(著)  朝日文庫
映画ではなく原作の感想です。

おはなしは・・・
九州地方に珍しく雪が降った夜、土木作業員の清水祐一は、携帯サイトで知り合った福岡市内に暮らす保険外交員の女性・石橋佳乃を殺害してしまう。母親に捨てられ、幼くして祖父母に引き取られた。ヘルス嬢を真剣に好きになり、祖父母の手伝いに明け暮れる日々。
一方、馬込光代は双子の妹と佐賀市内のアパートに住んでいた。何もない平凡な生活から逃れるためアクセスした携帯サイトで出会った清水祐一と男女の関係になり、殺人を告白される。彼女は自首しようとする祐一を止め、一緒にいたいと強く願う。光代を駆り立てるものは何か?
その一方で、被害者と加害者に向けられた悪意と戦う家族たちがいた。誰がいったい悪人なのか? 事件の果てに明かされる殺意の奥にあるものは?

吉田修一氏のストーリーの組み立ての上手さに驚きました。
もう先が知りたくてサクサクとあっと言う間に読んでしまいましたよ。

で、この文庫本の表紙がコレですから妻夫木さんとか深津さんが主人公の姿としてイメージしてしまっていて、お二人とも好きだし、どうしても気持ちが入ってしまいます。
でも
逃亡してるときは「この馬鹿!」って・・・かなりイライラしちゃいました。
私にはこの人たちの気持ちには付いていけそうにありません。
感動したという人が多いけど・・・私って冷たい人なのでしょうか???

読み物としては面白かったですが、気持ち的には入り込めなかったです。

映画は観るつもりが無かったので原作を読んだのですが、深津さんがモントリオールで賞を取ったし観たい気も・・・どうしようかな~。

|

« ♪パワーストーン♪ | トップページ | ♪ガラストップコンロ♪ »

コメント

表紙がこれだと、どうしても読むときにこのお二人のイメージになってしまいますね。
私も先日「ジャージの二人」を読んだとき(あばたさん、以前紹介されてませんでしたか?)表紙が映画主演のお二人だったので、どうしたってそのイメージになってしまいました(^-^;
こちらの作品、予告を見てあまりにも重そうだったので見るつもりはなかったのですが、やはり深津さんの受賞で興味がわいてきました。
原作も読みごたえありそうですね。

投稿: コフィー | 2010年9月 9日 (木) 21時00分

あばたさんは原作を読んだんですね。
私は原作は未読ですが、話題作だし、
深津さんが受賞した事ですごく観たくなりました。
あと、柄本明さんや樹木希林の演技も見たいなぁ。
私、けっこう重い話が好きみたい(;´▽`A``

投稿: pingu | 2010年9月 9日 (木) 23時22分

 あばたさん、こんにちは。
 実は私は朝日新聞をとっているので、ずーっと毎日新聞でこの小説を読んでいました。
 感想としては、私も付いていけないと思いました。朝日新聞に載っていたイラストもなんか気持ち悪い絵柄が多くて、なんかなーって思いましたし。
 人付き合いの苦手な男が、ふと気持ちが動いた女性を衝動的に殺して逃げ、そして行き先でまた女性と。お互いに惹かれる気持ちというのは分からないでもないけど、私なら絶対にやらないと思うから。

投稿: マサエ。 | 2010年9月10日 (金) 10時27分

悪人というのはこの主人公なのかな。それとも付いて歩く女性もかな。
自首しようとする男を止めるなんてのは理解できないですね。本当に愛しているなら、寧ろ自首を促すべきなのにと思ったりします。
ちょっと暗い映画は、私向きではないな~。

投稿: sonata | 2010年9月10日 (金) 11時33分

♪コフィーさん、こんにちは♪
あっ、「ジャージの二人」は本も映画もご紹介させていただきました。
映画のイメージがとってもヨカッタので、「ジャージの二人」はイメージして読んだほうがいいかもしれません。
「悪人」はイメージに流されるのは怖いかもって思える映画。
でもやっぱ気になりますよね~(^^;

*****************************************

♪pinguさん、こんにちは♪
気持ち的には柄本明さんや樹木希林さんがやってる2人の方が思いが伝わってきます。
無念さとか。
冷静に考えるとこの映画、かなりいい俳優さんばかりですね。
観に行こうかな~?

*****************************************

♪マサエ。さん、こんにちは♪
二人が被害者みたいに描かれてましたが、どう考えても被疑者以外の何者でもなくって、そういうのに同情するなんて絶対にナンセンス。
世の中にはいくらでも悪意ってのがあるし。
この映画を観て勘違いする人が出て来なければいいけど・・・

*****************************************

♪sonataさん、こんにちは♪
このお話の中では悪人はこの二人ではなく親だったり恋人?だったり。
結局、何もかも人のせいなんですよね。

>本当に愛しているなら、寧ろ自首を促すべきなのに

同感。
なので後半はイライラしっぱなしでした(笑)

投稿: あばた | 2010年9月10日 (金) 12時28分

悪い事をしたら、やはり、自首すべきですね。
逃げるこが「悪」だと思う。

投稿: コスモ | 2010年9月10日 (金) 13時48分

皆さん、なかなか厳しいですね・・。
昨日、映画観てきました。
告白とはまた違った視点で人間の内面を見る機会となる映画でした。
タイトルを「犯人」とか「罪人」じゃなくて、「悪人」とした意味の深さは、色々と考えさせられました。


少しブログを休むかペースを落とすことにしました。
でもあばたさんのブログはちょくちょく寄らせて貰いますので、今度ともよろしくですm(_ _)m

投稿: lastsmile | 2010年9月12日 (日) 04時21分

♪コスモさん、こんにちは♪
間違いは誰もが犯す可能性があります。大切なのはそれを反省し二度と同じ過ちを犯さないことですよね。
ーーーーーーーーーーーーーー

♪lastsmileさん、こんにちは♪
映画は評判がいいようですね。
悪意に満ちた人がいます。だからって自分も悪に染まるなんてつまらない。
映画のラストはどうだったかは解らないのですが小説のラストは特に辛いものだったので尚更すっきりとしなかったのかもしれません。

投稿: あばた | 2010年9月13日 (月) 08時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131098/49387781

この記事へのトラックバック一覧です: ♪悪人♪:

« ♪パワーストーン♪ | トップページ | ♪ガラストップコンロ♪ »