« ♪ミッキーマウスの憂鬱♪ | トップページ | ♪ニューヨークバーガー♪ »

2010年2月 8日 (月)

♪インビクタス/負けざる者たち ♪

Photo

イーストウッド監督作品。感動をいただきに行ってきました。

おはなしは・・・
27年間獄中生活を送ったネルソン・マンデラ(モーガン・フリーマン)は、1994年、南アフリカ共和国初の黒人大統領に就任した。いまだにアパルトヘイトによる人種差別や経済格差の残る国をまとめるため、彼はラグビーチームの再建を図る。南アではラグビーは白人が愛好するスポーツで、黒人にとってはアパルトヘイトの象徴。しかし、1年後に南アで開催されるラグビーのワールドカップで南アのチームが勝てば、それが人種間の和解につながるかもしれないと考えたのだ。マンデラはチームキャプテンのピナール(マット・デイモン)との交流を持ち、意気を高めようとする。

ネルソン・マンデラに関する映画は前に「マンデラの名もなき看守」っていうのを観ました。これはマンデラの獄中生活を描いたもので、そのマンデラの人柄に惹かれた看守との心の交流が主軸となってました。「アパルトヘイト」と呼ばれる人種隔離政策を行い、白人が多数の黒人を支配していたころのお話です。
で、今回の映画はその後のマンデラ。解放され、大統領になったばかりのマンデラが描かれています。
ここでマンデラが一番力を注いだのが
「黒人が白人に仕返しをするのではなく、共に新しい国家を造る」ってこと。復讐ではなく赦しと和解だったのです。
彼は自分の警護に白人を起用したり、職員も善人諸を引き続き起用したりと白人と黒人との壁を取り除こうとします。もちろんですが、そういうマンデラには黒人からの不満がぶつけられます。
そこでマンデラが考えたのがラグビー。
国民の心が一つになるきっかけになるのではと。

やっぱマンデラって凄い人だ。
そしてスポーツの持つ力って凄いなって。
ラストの試合の場面では兎に角力が入ってしまいます。
もう大感激です。
隣の男性が泣いてましたから(男性が映画で泣くのを見たのは初めてかも)

ストーリーは解ってるのにここまで感動できるのって、やっぱイーストウッド監督やモーガン・フリーマン、そしてマット・デイモンの力ですね。
有難うって言いたいです。

|

« ♪ミッキーマウスの憂鬱♪ | トップページ | ♪ニューヨークバーガー♪ »

コメント

もう早速見に行かれたんですね。良かったようですね。
私も従姉妹を誘って、来週見に行く事にしています。
私のブログにも書いてありますが、南アには一昨年行って現状をかいま見てきたので、とても興味があります。

投稿: sonata | 2010年2月 8日 (月) 19時38分

あばたさん、こんばんは☆

もう観に行かれたのですね!
やっぱりすごく感動するのですね~♪
ハンカチは忘れないようにしないとダメですね(≧m≦)
私も近いうちに観に行きたいと思いますっ!

投稿: 小桃 | 2010年2月 8日 (月) 21時23分

名もなき看守は見ました。

この映画も見たい!
人はみな同じです。
「生きてる」のです。


投稿: コスモ | 2010年2月 9日 (火) 09時25分

二度目のコメント、失礼しますm(_ _)m

私もこの映画、感動しました。マンデラという人の生き様は凄いです。27年も過酷な牢獄生活で痛めつけられ、出獄後は大統領として激務をこなし、今なお92歳で存命でいらっしゃる。なんという生きることへの逞しい人だ、と想わざるを得ません。
簡単に死んでしまったり、命を粗末にしたり、また弱音を吐いたり、仕返しに走ったり。
マンデラ氏は『自分の運命に生きる』ことがいかに人間にとって大切か教えてくれてるように思います。

昔、「進め電波少年」で松村君がアポ無しロケでいきなり会いに行ったのに、多忙の中、快く迎えてくれてわざわざ来てくれたことに感心してくれたことが、とっても印象的でした。

投稿: lastsmile | 2010年2月 9日 (火) 10時22分

♪sonataさん、こんにちは♪
これは楽しみにしていたので早々です(^-^)
南ア。いまだに多くの問題を抱えてはいるようでが、やはりマンデラの偉業はたたえるべきものが多いように思いました。
すっごくいいので楽しんできてくださいねヘ(^.^)/

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~v

♪小桃さん、こんにちは♪
ハンカチは必ず!
でも、泣くというよりかは興奮して感激するって感じでしょうか。
スポ根ストーリーでもありますから。
ぜひ<見てきてくださいね(^-^)v

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~v

♪コスモさん、こんにちは♪
「名もなき看守」はご覧になられたのですね。
人って自分に正直に生きなくちゃならないんだと改めて考えさせられました。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~v

♪lastsmile さん、こんにちは♪
よかったですね~!!!
ここまで感動した映画は久しぶりかもしれません。
ある程度ストーリーは読めるのにこの盛り上がりはなんだ?って。
イーストウッド監督にホント感謝ですd(o^v^o)b

投稿: あばた | 2010年2月 9日 (火) 12時27分

イーストウッド監督っていつの間にかハリウッドを代表する名監督になりましたね。
子供のころに見たダーティハリーからは想像もできません。

南アフリカもいろいろと問題はありますが、独立後にお金と技術を持っている白人を排斥して世界の最貧国となった他のアフリカ諸国に比べると、マンデラの存在と彼が取った政策がいかにbetterだったかよくわかりますね。

投稿: tkc | 2010年2月11日 (木) 15時08分

♪tkcさん、こんにちは♪
ほんと、ハズレが無いです。
私は「マディソン郡の橋 」が印象に残ってるのですが作風も幅広くて凄い才能を感じます。
マンデラの人柄が政策にも滲み出ていて、それが成功に繋がったというのは人として嬉しく思ったりします。

投稿: あばた | 2010年2月15日 (月) 12時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131098/47512325

この記事へのトラックバック一覧です: ♪インビクタス/負けざる者たち ♪:

« ♪ミッキーマウスの憂鬱♪ | トップページ | ♪ニューヨークバーガー♪ »