« ♪ひのしずく♪ | トップページ | ♪切り絵♪ »

2010年2月15日 (月)

♪ゴールデンスランバー♪

Photo

私が大好きな作家「伊坂幸太郎氏」が原作の映画。
俳優陣も堺雅人さん、吉岡秀隆さん、香川照之さんと好きな方ばかり。
かなり期待して観てきました。

おはなしは・・・・
首相の凱旋パレードが行われているそのすぐ近くで青柳(堺雅人)は、大学時代の友人・森田(吉岡秀隆)と久しぶりに再会していた。様子がおかしい森田。そして爆発音。首相を狙った爆弾テロが行われたのだ。「逃げろ!オズワルドにされるぞ」。銃を構えた警官たちから、反射的に逃げ出す青柳。本人の知らない“証拠映像”が次々に現れ、青柳は自分を犯人に仕立てる巧妙な計画が立てられていた事を知る。青柳は大学時代の友人たちに助けを求めるが…。

伊坂氏の小説では音楽が印象的に使われてることが多いです。
このお話もそう。
タイトルの「ゴールデンスランバー」とはビートルズの楽曲。
当時バラバラだったメンバーの気持ちを繋ぎとめようとポールが作り上げた曲なのだそうです。
この映画では青柳とその大学時代の友人たちとの繋がりを感じさせられるツールとしていい感じで流されます。

ストーリーは何者かの策略に嵌まり犯人に仕立て上げられらた男性の逃亡劇なのではありますが、
ここは伊坂氏作品ってことで、どこかファンタジーめいています。
なので「それはないやろ~!」的つっこみは引っ込めて、素直に伊坂ワールドに入り込むのが正解。
そうしたら、とてつもなく愛すべき登場人物に出会えますから。
例えば
通り魔殺人犯の”キラ男”
闇社会で生きる入院患者
青柳たちの学生時代のバイト先の花火職人
青柳に恩義を感じてる同僚
青柳のお父さん
この人たちに助けられて青柳は逃げ続ける訳ですが・・・
この人たちに共通して言えることは
”自分の目で見て感じたことを信じて行動する”ってこと
マスコミとかの情報に流されちゃう人じゃないんですね。
そこが心に響いてきちゃうんです。
特にお父さんがマスコミに向かって怒鳴っちゃうシーンは大泣きしちゃいます。

スリリングさと、そして何処か気が抜けちゃうような人物たちの会話、素敵な音楽。
そういうものがミックスされて新鮮な感動が味わえる映画でしたよ。

|

« ♪ひのしずく♪ | トップページ | ♪切り絵♪ »

コメント

私も観ましたよ!
原作以上に楽しめました(o^-^o)
>「通り魔殺人犯の”キラ男”
闇社会で生きる入院患者
青柳たちの学生時代のバイト先の花火職人
青柳に恩義を感じてる同僚
青柳のお父さん」
私も彼ら、みんな好き!
何で彼らの事をこんなに好きなのかなぁと思ったら、あばたさんの言うとおり、
>「自分の目で見て感じたことを信じて行動するってこと」
そう!そうなんですよね!
何か、この映画で改めて「信じる事」について、
考えさせられちゃいましたconfident

投稿: pingu | 2010年2月15日 (月) 21時27分

あばたさん、こんばんは☆

私も観てきました!
伊坂さんの作品は映画化されたのを見てがっかりしたものも正直あるのですが、この監督の作品はすごく好きで今回も期待してました♪
そしたら、期待以上の良さで感激しました(≧▽≦)
音楽も良かったですね~。
私はまだ原作を読んでないので、これから楽しみたいと思います(o^-^o)

投稿: 小桃 | 2010年2月15日 (月) 21時38分

堺=竹内=中村監督のゴールデントリオは、本作でも健在でしたね。この3人が絡むと名作の予感がします。
伊東四朗さんのメッセージは心に響きました。
あと竹内さんのメモ「だと思った」・・これだけで気持ちが伝わります。言葉(セリフ)が洒落ているのも好きでした。
「きゅうり」から「ピーマン」にかわるところなんか上手い!って思いました。見終わった後、語り合いたい映画でした。

投稿: lastsmile | 2010年2月15日 (月) 22時33分

♪pinguさん、こんにちは♪
原作も読まれたのですね。
私は通勤電車が読書タイムなのでハードカバーは重いので文庫化されるまで我慢です。
マスコミに踊らされるってこと、最近多いですよね。
ちゃんと自分の頭で考えられる人でありたいなって思いました。
伊坂氏作品の映画。次は何かな?って新たな期待が湧いてきてしまいました(^-^*)v

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

♪小桃さん、こんにちは♪
「アヒルと・・・」も最高でしたよね。
中村監督は伊坂氏の本のイメージを崩さず上手く表現してくださいますね。
この作品も優しさが溢れててとってもヨカッタです。
私も原作読むのがが楽しみです♪(∂∀<*)v 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

♪lastsmileさん、こんにちは♪
ジェネラルルージュ・・・も面白かったですね。これも次回作を期待してるんですけど(^-^
伊坂氏の本は登場人物の会話がステキでそこがお気に入りの理由のひとつなのですが、この映画ではそこも丁寧に描かれてて満足しちゃいました。
あと繋がりですね。あ~!ここでお話がリンクするんだ!
そういう洒落っ気もとっても楽しい。

>見終わった後、語り合いたい映画でした

同感ですd(o^v^o)b

投稿: あばた | 2010年2月16日 (火) 09時14分

これ面白そう・・・heart04
CMみててそう思ってました。
あばたさんと同様でハードカバーは買わない主義なので原作はまだです。
伊坂作品の映画は見てないな。
挑戦してみたいと思いますhappy01

投稿: yumiko | 2010年2月16日 (火) 11時21分

日本映画もいいですね!
この映画
私も見たい!

投稿: コスモ | 2010年2月16日 (火) 13時05分

♪yumikoさん、こんにちは♪
伊坂氏の映画では「あひると鴨…」がよかったです。あと「死神の精度」も。
大衆向けに作ると伊坂節が消えてしまうのではと思うのですがこのあたりは結構いい感じですよ。
伊坂氏が俳優さんを選ぶって話も聞きましたし、そのあたりもポイントが高いかもしれませんねo(^-^)o

ーーーーーーーーーーーー
♪コスモさん、こんにちは♪
邦画は心情に訴えかけるものが多くて捨て難いです。
あと笑いのポイントもズレてないし。
ぜひご覧になって〜〜(^O^)/

投稿: あばた | 2010年2月16日 (火) 13時21分

 おっ、見てこられましたか。良かったですねー。
 あのキラ男や入院患者、花火職人、同僚、大学時代の友人達、みんな愛すべき人達ですね。
 自分の目で確かめる、とても大事なことだと思います。マスコミは実際に事実のほんの一面だけしか報道していないのですから。それが、マスコミの限界ですね。

投稿: マサエ。 | 2010年2月16日 (火) 17時53分

あばたさん こんばんわ

私はまだ見に行く機会ができませんが、
やっぱり見てましたかhappy01
俳優陣もいい!
仙台には以前、仕事でしばらく居たので、
知ってるところがたくさん出そう☆

「ゴールデンスランバー」と
「食堂かたつむり」の2作品は
チェックしてました(*^-^)

あと「バレンタインデー」も気になってる映画です。
wink

投稿: ユウキ サンタ | 2010年2月17日 (水) 00時50分

いいな~、私もこれとアバターは観たいんですよ。
でも「0歳児を連れて行けない場所」の中でも
映画館は一番ムリだからなぁ…bearing
とりあえず今日もレンタルDVDでガマンですcoldsweats01

投稿: FUH | 2010年2月17日 (水) 13時28分

♪マサエ。さん、こんにちは♪
ねっ!ねっ!面白かったですよね~。
私、キラ男君が特に気に入ってしまって・・・勝手にあの殺人もきっと必殺仕置き人だと思いこんでて、更にはラストでも怖がられてる訳だから助かってんじゃないかなとか、妄想の世界に入ってしまってます(笑)
マスコミに躍らされるってコト。最近多いですよね。
この不景気だってマスコミの不安を煽るような報道が一端を担ってるって思います。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

♪ユウキ サンタさん、こんにちは♪
伊坂氏のお話は仙台が舞台なのが多いですね。なのでとっても気になってる土地であります。
ユウキサンタさんは住んでられたことがあるのですね!
映画で見る限りでは想像以上に都会だな~って。
きっと懐かしく見ることが出来ると思いますよ。

やっぱバレンタインデーですよね~。
私も気になってます(^-^)v

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

♪FUHさん、こんにちは♪
ああ、子供さんがいるとダメなとこって結構あるみたいですね( ̄ω ̄;)!!
でも前に聞いたのですが、子供連れの方ばかりが観られる映画館があるとか。
時間や上映作品は限られるかもしれませんが一度探してみて!
邦画は大丈夫だと思うけどやはりアバターとかは劇場がいいかも。
いっそダンナに預けて行ってしまえばどうでしょう(^^;

投稿: あばた | 2010年2月17日 (水) 18時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131098/47573733

この記事へのトラックバック一覧です: ♪ゴールデンスランバー♪:

« ♪ひのしずく♪ | トップページ | ♪切り絵♪ »