« ♪不思議な世界♪ | トップページ | ♪男子・スイーツ部♪ »

2009年10月25日 (日)

♪沈まぬ太陽♪

Photo_2  最初、これの映画化を聞いたとき、原作をすでに読んでいる私は
「無理やろ~」と思ってしまいました。
と言うことで、「大丈夫かな~」と半信半疑で観にいきました。

お話は・・・
昭和30年代。巨大企業・国民航空社員の恩地元(渡辺謙)は、労働組合委員長を務め、職場環境の改善に奔走した結果、会社から10年におよぶ僻地での海外勤務を命じられた。かつて共に闘った同期の行天四郎(三浦友和)が組合を抜けてエリートコースを歩みはじめる一方で、恩地は家族との長年にわたる離れ離れの生活で焦燥感と孤独に追いつめられる。そんな中、航空史上最大のジャンボ機墜落事故が起こり、救援隊として現地に行った彼はさまざまな悲劇を目の当たりにする。そして、組織の建て直しを図るべく就任した国見新会長(石坂浩二)のもとで、恩地は会社の腐敗と闘うが……。

原作を知る者にとっては、やはり物足りなさはあるかも。
僻地に追いやれれた者の心情や御巣鷹山飛行機事故の悲惨さはやはり映画という形では描き切れないですよね。
でも男たちの生きざまはとても良く描かれていたと思います。
これは俳優陣の力が大きいかもしれません。
渡辺謙、三浦友和、石坂浩二。それぞれがいい味だしてましたね~。

企業の腐敗によって、起きるべきして起きた御巣鷹山事故。
原作では、それに対する憤りを強く感じたのですが、この映画ではあまりそれを強く感じることが出来なかったのが残念だったかも。
今ならJR西日本の事故のこともあり、その辺りにもっとメスを入れて欲しい気がしなくもなかったのですが・・・最後にスーパーでそれらしきメッセージが流されはするのですが・・・・
やはり原作と違ってあくまでもフィクションとして描かれていたからかもしれません。

と言いながらも、3時間を超える、超長~い映画。
(途中に10分間の休憩が入ります)
それなりに十分見応えはあります。

アフリカの大地で見る太陽の映像は本では想像出来なかった意味合いを理解させてくれるものでしたよ。

|

« ♪不思議な世界♪ | トップページ | ♪男子・スイーツ部♪ »

コメント

あばたさん、こんにちは☆

やはり原作を読まれていると、物足りなさを感じるのですね。
先日「不毛地帯」のドラマの第一話を見たのですが、きっと原作は読みごたえあるんだろうなぁと思いながら視聴してました。
で、すでに一回で脱落しちゃいました(;´▽`A``
映画で前篇後篇に分けて公開されるのもつらいけど、いっきに3時間というのもすごい意欲作ですね\(;゚∇゚)/

投稿: 小桃 | 2009年10月25日 (日) 19時52分

この映画は私も絶対に見たい!

私も、映画化は無理と思ってました。
それだけに、見たい映画ですね!

投稿: コスモ | 2009年10月26日 (月) 08時22分

観に行こうとしている映画です。

原作者が私は苦手な方です…
なので、本は読んでませんが題材としてはすごく気になっているので。
たぶんこのまま原作なしで見に行きます!

投稿: yumiko | 2009年10月26日 (月) 11時53分

♪小桃さん、こんにちは♪
原作は4巻だったかな?の超大作なので、やはりそれを映画の中に押し込めるのには無理があるかなと。
でも3時間20分にまで広げて作った意気込みには敬意を表します。
「不毛地帯」は録画してるのでこれから見ようと思ってます。
こちらは原作を知らないのでお気軽に(笑)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

♪コスモさん、こんにちは♪
構成自体は上手く作ってるなーと思いました。
でもやはり切り捨てる部分は必要なのでそこが・・・
JALはNALになっちゃってるし(^^;

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

♪yumikoさん、こんにちは♪
山崎豊子さん、苦手ですか・・
私は「大地の子」のドラマを見て是非読みたいってとこから入りました。面白かったですよ。
このお話のテーマはある意味今が旬のように思います。
ぜひご覧になってまた一緒に考えましょうd(o^v^o)b

投稿: あばた | 2009年10月26日 (月) 12時25分

「沈まぬ太陽」って力を感じるタイトルですよね。
(でもアフリカでも、当然、太陽は沈みますが)
原作を読んだ時、会社や社会の不条理の中で呻きながら生きなければならない人たちの物語に感動しました。
普通の多くの人達は、「長いものには巻かれろ」的な生き方を余儀なくされてしまうから。

私は、あばたさんの映画評を見てから行くことにしていました。

投稿: sonata | 2009年10月26日 (月) 16時36分

♪sonataさん、こんにちは♪
あはは、この映画を観るって読まれてましたか(笑)
本来の正しい道も一部の人たちの営利主義によって押しつぶされてしまう。
悲しいことです。
多少平板なイメージは拭えませんが、俳優さんたちの渾身の演技には感銘しましたよ(^^

投稿: あばた | 2009年10月27日 (火) 12時34分

 うーん、私も原作に感動したので、この映画は見ないほうがいいかなっと思っているのですが。なんといっても5巻もの大作、とても3時間では描ききれませんよね。
 日本航空は今また経営危機で、国が支援しようとしてはいるのですが、どうなることか。それも思うとよけいにねー。  

投稿: マサエ。 | 2009年10月27日 (火) 14時25分

♪マサエ。さん、こんにちは♪
確かマサエ。さんとの初めての出会いはこの本だったのではないでしょうか。
私がJALの不祥事に対してこの本を引き合いに出して怒っていたときにコメントを頂いたと記憶します。
映画、思ったよりはいい出来だったと思います。
でもやはり上澄みをすくったような内容にはなってしまいますね。
正確には3時間20分。それが長く感じない出来ではありました。
今のJAL。
どうしてこうなってしまったのか詳しくは分かりませんが、営利優先では無かったってことなのでしょうか。
それとも国が面倒を見てくれるって楽観視による怠慢がそうさせたのでしょうか。
まっ。私はこの本を読んで以来JALには一度も乗ってませんから、どうでもいいのですが(笑)

投稿: あばた | 2009年10月28日 (水) 12時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131098/46579099

この記事へのトラックバック一覧です: ♪沈まぬ太陽♪:

« ♪不思議な世界♪ | トップページ | ♪男子・スイーツ部♪ »