« ♪新宿 中村屋♪ | トップページ | ♪堂島ホテルロール♪ »

2009年9月 3日 (木)

♪南極料理人♪

Photo_7 堺雅人さん主演の癒し系映画。
南極での生活というのも興味をソソられますよね。

おはなしは・・・
1997年、海上保安庁の料理担当である西村(堺雅人)は、南極の昭和基地からも遠く約1000km離れた陸の孤島・南極ドームふじ基地に派遣される。ペンギンやアザラシはおろか、ウィルスさえ生存できない極寒の地では、楽しみと言えば食べることだけ。、彼は8人の男性南極越冬隊員のために、限られた条件のなかで精一杯のもてなしをしていた。日本から遠く離れた西村の心の支えは家族。しかし、ある日娘から「お父さんがいなくなってから毎日が楽しくて仕方ありません」というファクスが届き、ショックを受ける。

娯楽の少ない隊員にとっては食事は何よりの楽しみだったりするのです。
そこで時には豪華な食材を使ったり、普通なら食べられない生野菜を育てることで補ったりと創意工夫するのです。

この基地では氷床を深さ3000m以上掘削して氷床コアを採取し、氷床コアを分析することで過去約100万年間の気候変動を調べたり、3時間置きの気象変化を報告したりと気象に関する観測が行なわれているそうです。
ということで、こういう学者肌の人がいて、そして車両点検をする人がいて、お医者様も必要で、あらゆるスペシャリストが集められているのです。
スペシャリストって人種には変わった人が多かったりするのでしょうか?
ここの隊員たち正しくそうで、個性の塊みたいな人ばかりで・・・
そういう人たちの生活がとってもユーモラスに描かれてたりします。

平均気温マイナス54度。
一歩外へ出るとそこは死と隣り合わせの厳しい世界。
娯楽と言えばマージャンにビデオ。
狭い空間に限られた人間が押し込められ、
そんな彼らにストレスが溜まらないはずがないわけで、
そのストレス発散は食事と遠く離れた家族や恋人との電話やFAXだったりするのです。

それを意識して西村は精一杯のもてなしをします。
しかし今までの感覚で作った料理ではそんなに喜んでもらえない。やがて彼らの気持ちに添った料理が必要であることに気付きます。寒い中から帰ってきた彼らには温かい味噌汁が喜んでもらえるとか、娯楽が少ないので当てモノ感覚で食べられるお握りが楽しいとか。
そこには西村のプロ意識が滲み出ています。
ホントに美味しそうなんですよ。

このお話は、西村淳さんの「面白南極料理人」というエッセイを映画化したもの。
ある部分、ホントのお話なんですね。

1年の任務が終わり帰国した彼たちを待ち構えるのは・・・

ラスト、主人公の西村が家族と食べる遊園地のハンバーガー。
その笑顔の中にこそ人にとっての大切なものが隠されていたのではと思ったりするのです。

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

 今日のお料理は、電子レンジまかせ
♪おじゃがの明太子和え♪

見てみて♪

|

« ♪新宿 中村屋♪ | トップページ | ♪堂島ホテルロール♪ »

コメント

こんな映画があるんですね。過酷な環境の中で長期間滞在して業務をおこなうのはとても大変そうですね。

>ペシャリストって人種には変わった人が多かったりするのでしょうか?
大学は理系だったのですが、教授にはちょっと変わった人が多かったです。企業から講師として出向してきてた方はそうでもないのですが。

国立極地研究所の「昭和基地NOW!!」というサイトで昭和基地での活動内容が随時アップロードされてます。通常の観測業務の他に、氷山の表面に溝を掘って流しソーメンをしたり、凍った貯水池でスケートをしたり、ピザ焼き釜を作ってピザを焼いたりと、過酷な環境の中でも楽しんで生活できうよう色々工夫してるようです。

投稿: tkc | 2009年9月 3日 (木) 22時31分

食べる。
私も食事が楽しみですね。

出された料理は綺麗にペロリと食べちゃいます。

投稿: コスモ | 2009年9月 4日 (金) 07時15分

 楽しい映画でしたねー。
 スペシャリストといっても、だいたい南極へ好んで行きたいという人は、それだけでも変わっていると思うな。隔離された生活というのは分かりきっているわけで、それに耐えられるだけの精神力というのは、やはりかなりのもの。逃げ出したくなった人達の方が普通ですよね。
 この氷床コアを掘る仕事、今も続けられているらしいですね。昨年の南極観測隊の報告にもその話がありました。いつまで掘ると下に届くのだろう?。

投稿: マサエ。 | 2009年9月 4日 (金) 09時56分

♪tkcさん、こんにちは♪
完全に閉ざされた世界、しかもある意味サバイバル。
お水も自分たちで作るんですよ!

やはりtkcさんは理系なんですね。そういうとこの教授とかって私にしたら難しそう(^^;
私はアパレルの企画ですから、周りは、やっぱ変わり者が多いです。私もその一人かもしれませんが(汗)

「昭和基地NOW!!」って面白そうですね~。
この映画でもローストビーフを直接火を点けて焼いたり、雪上野球をやったり、この世界ならではの生活シーンが見られてとっても楽しかったです。「昭和基地NOW!!」さっそく見てみますね=┌( ≧▽)┘☆

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

♪コスモさん、こんにちは♪
コスモさんは好き嫌いがないのですね。
美味しく食べられるっていうのは健康な証拠。
食べられるからこそ力が湧いてきますもんね。
ある意味カッコいいです (#^.^#)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

♪マサエ。さん、こんにちは♪
想像以上に面白かったです。

>だいたい南極へ好んで行きたいという人は、それだけでも変わっていると思う

言えてますね(笑)
映画を観て、その場所に行きたいってよく思いますが流石にココはパスかも(^^;

氷床コアのことは初めて知りました。ロマンですよね!(*✪ฺ◡✪ฺ)σ

投稿: あばた | 2009年9月 4日 (金) 11時11分

こんにちは、あばたさん!

堺雅人さんの映画、チェックですね。
癒し系の映画に癒されたい・・・そんな気分です。

ただ、息子が「20世紀少年」。娘が「ホッタラケの島」を
観たがっていて、まずはそっちから観てこようと
思っています。

投稿: ぽっかぽか | 2009年9月 5日 (土) 09時53分

♪ぽっかぱかさん、こんにちは♪
堺さんファンのぽっかぱかさんには見逃せない映画ですよ(^O^)
もう、堺さんの笑顔だけで癒されますから。
子供さん向けの映画も最近は大人も楽しめるのが多いので、リクエストしてくれると逆に嬉しかったりしません?

投稿: あばた | 2009年9月 5日 (土) 18時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131098/46089230

この記事へのトラックバック一覧です: ♪南極料理人♪:

« ♪新宿 中村屋♪ | トップページ | ♪堂島ホテルロール♪ »