« ♪ルパンの消息♪ | トップページ | ♪太郎よ、お帰り♪ »

2009年8月27日 (木)

♪ココ・シャネル♪

Photo_4 有名ブランド「シャネル」の創設者のお話。
アパレル業界で働く身としては、やはり興味があって・・・

おはなしは・・・
1954 年、パリ。空白の15年を経て、復帰コレクションを用意したココ・シャネル(シャーリー・マクレーン)のオートクチュール店にはたくさんの評論家や顧客が詰め掛けていた。しかし、コレクションは不評に終わり、落胆するココと、ビジネス・パートナーのマルク・ボウシエ(マルコム・マクダウェル)。ココは、孤児からお針子となり、デザイナーとしての地位を築いた日々を回想する。

コレクションに失敗したことで、マルクは「シャネル」を商社に売ろうとします。しかしココは再度コレクションにチャレンジしようとするのです。
そのココの不屈の精神は何処からきたのか・・・

ココは決して順風満帆な人生を送ったわけではありません。
母親に死なれ、孤児で育ち、お針子として働きだし、恋愛に破れheart03、家賃も払えず路頭に迷う寸前にまでなったりします。

そんなココが救われたのは運命の恋人ボーイ・カペルとの出会い。
ボーイ・カペルはココの才能うを買い、出資を申し出てくれます。

ココは女性ならではの斬新な発想で、女性の心を掴んでいきます。
男性社会の中、「もっと自由でありたい」とか「更に美しくありたい」という女性の潜在意識を掘り起こしていくのです。
乗馬には女性だってズボンの方が便利だ、とか、麦藁帽子だってデコレーションすればこんなにステキに変身する、だとか、そのころ労働者のものだったジャージを婦人服に利用し、より安く動きやすい服を作るなど。今でこそ当たり前ですが、その頃には革命的なことをやってきたのですね。

映画のなかでココの恋敵が口にする言葉で
「女性はその美しさを武器にしなきゃ」ってのがあるのですが
確かにココもその美貌や振る舞いが男性の心を掴み、それに助けられたってこともあるようです。
男性社会にあってはそれも已む無しというか才能のひとつなのかもしれません。

今年は何故か「シャネル」の伝記映画が多く上映されてるようで、来月にも「ココ・アヴァン・シャネル」が上映されるようです。
今回の「ココ・シャネル」は恋愛を中心に描かれていたのですが「ココ・アヴァン・シャネル」はどんなシャネルをみせてくれるのか今から楽しみです。

言い忘れてましたが、劇中に登場する華麗なファッションも見所のひとつですよ

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、彩りも綺麗な
♪アスパラと人参のツナソースがけ♪
見てみて♪

|

« ♪ルパンの消息♪ | トップページ | ♪太郎よ、お帰り♪ »

コメント

発想が豊かな女性だったんですね。

投稿: コスモ | 2009年8月28日 (金) 08時13分

♪コスモさんこんにちは♪
豊かな発想とそれを行動に移せる勇気をお持ちだったようですね。カッコイイです(^^ゞ

投稿: あばた | 2009年8月28日 (金) 09時13分

 ココ・シャネル、以前にも映画になったことがありましたね。波乱の生涯、成功と失意。
 やはり一流のデザイナーとなる人は、発想も実行力も違うのでしょうね。
 女性も男性も、衣服は時代や地域によって変わる。今、中世の頃の服を着たら、仮装になってしまう。でも、きれいで動きやすいというのが、やはり一番なのでしょうね。

投稿: マサエ。 | 2009年8月28日 (金) 10時34分

♪マサエ。さんこんにちは♪
これだけの仕事を成しえた人というのは生半可人生ではないのでしょうね。
機能美って言うのでしょうね。
人が服を着こなしてこそ美しい。

投稿: あばた | 2009年8月28日 (金) 13時02分

シャネルは、働く女性にとって、機能性が高く、かつシンプルで誰にでも似合い、永遠に美しい洋服をデザインした人ですね。
男も女も、理解してくれる協力者の存在は、その人を勇気づけます。その意味で良き理解者を得られるかどうかは人生にとって大きい意味を持つと思います。
映画、観に行きます。

投稿: sonata | 2009年8月28日 (金) 20時56分

シャネルの創業者って苦労人だったんですね。
凄く華やかなイメージがあるで、ちょっと意外です。

投稿: tkc | 2009年8月28日 (金) 21時00分

♪sonataさんこんにちは♪
出会い、大切ですね。
私は消極的なのでそういう意味で損してるかもしれません(>_<)
もっと人との繋がりを大切にしなければ(^^ゞ

ーーーーーーーーーーーーーー

♪tkcさんこんにちは♪
この映画では語られていませんでしたが女優さんをしたり、かなり波瀾万丈の人生だったようです。華やかさの裏にはそれなりの努力があったのでしょうねo(^-^)o

投稿: あばた | 2009年8月29日 (土) 12時55分

こんばんは♪

この方のお話、この間Tvで観ました。
お年になってからもファッション業界にカンバックしたんですよね~。
成功する人って、色々な壁にぶち当たり
めげずにガンバっているんだなぁ~。
と関心しました。

投稿: r_myuu | 2009年8月30日 (日) 00時26分

♪r_myuuさん、こんにちは♪
TVでやってたのですか!見たかったな~。
もう名前の版権だけで十分稼げるのに敢えてリスクの高いファッション業界に戻ってこられた。
凄いパワーですよね(≧▽≦)

投稿: あばた | 2009年8月31日 (月) 11時53分

もとアパレル人としてもココ・シャネル観たい!!
あれ?でも「ココ・アヴァン・シャネル」ってのもあるの?アメリの女優さんがやるのはどっち??
映画なら服みるだけでも楽しそう♪

投稿: えんぼう | 2009年9月 6日 (日) 19時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131098/46042646

この記事へのトラックバック一覧です: ♪ココ・シャネル♪:

« ♪ルパンの消息♪ | トップページ | ♪太郎よ、お帰り♪ »