« ♪千日前クラシックロール♪ | トップページ | ♪つつじ?さつき?シャクナゲ?それとも・・・♪ »

2009年4月19日 (日)

♪ある公爵夫人の生涯♪

Photo_4 アカデミー賞、「衣装デザイン賞」を受賞した作品。
アパレルの人間としては観ないわけにいきますまい。

おはなしは・・・
18世紀後期、賭け事の好きな17歳のジョージアナ・スペンサー(キーラ・ナイトレイ)はデボンシャー公爵(レイフ・ファインズ)と結婚する。ファッションや遊びを楽しむ聡明で美しい彼女は公爵夫人としてイギリス中の人々に愛されるが、夫のデヴォンシャー公爵はジョージアナに男子の後継者を生むことだけを望み、男子が産めない彼女に興味がなく、浮気を重ね、ジョージアナを悩ませる。そんな彼女の心の慰めになったのが、やはり夫の浮気に悩まされ、住む家さえ無くなったベス。ジョージアナはベスを家に住まわせ、その友情を深めていきます。しかしデボンシャー公爵はベスにまで手を出し・・・そんな折、ジョージアナの目の前に現れた若き政治家チャールズ・グレイ。彼女は彼を支援しているうちに愛し合う様になるのだが…。

故ダイアナ妃の祖先にあたるデヴォンシャー公爵夫人のスキャンダラスな実話を映画化movieしたものだそうです。
華やかな生活の裏で、夫の無関心や裏切りに苦しみながらも、自身の信念と愛を貫こうとしたジョージアナ・スペンサー。
と書くと、ジョージアナが悲劇のヒロインのように聞こえますね。
このお話、故ダイアナ妃crownを連想させるようなお話です。それを血の繋がりと取る方もおられるかと思いますが、
やっぱ、英国って国ならではなのかもって思ったりします。
内情は不道徳でドロドロでも表面上は世間体を取り繕うみたいな。
女性もやられっぱなしじゃなく、「やられたらやりかえすよ」みたいな強さもあって。
でも、この時代は女性はあくまでも男子を生む道具。
人気があってもお金があっても選挙権などありません。
そんな中では女性は夫に忠誠を誓い夫に愛されるべく努力しなければならなかったのですね。
ジョージアナの不幸はその聡明さゆえ、夫に仕えるだけに満足しきれなかったことにあるのかもしれません。

衣装は半端じゃなく素晴らしいです。
ジョージアナ・スペンサーはロンドン社交界のファッション・リーダー的存在であり、彼女の今日のファッションは明日のロンドンのトレンドになっていたってだけあって、なんとも絢爛豪華。
ドレスの中の構造がどうなってるのかってのも解るのでそのあたりも楽しめます。
屋敷の素晴らしさ、その中で生活する貴族の優雅な生活ぶりも興味深かったです。

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、母の得意料理
♪高野豆腐とグリンピースの卵とじ♪
見てみて♪

|

« ♪千日前クラシックロール♪ | トップページ | ♪つつじ?さつき?シャクナゲ?それとも・・・♪ »

コメント

ドロドロとした人間模様を描く巧みさは
イギリス映画の特徴ですね。

高野豆腐とグリンピースの卵とじ
焼酎をクイ~っと呑んでパクッ

のん平 コスモ

投稿: コスモ | 2009年4月20日 (月) 07時36分

実話を映画化したものなんですね。解説、楽しかったです。
賢く自立心旺盛な女性は、その時代が求める女の生き方に立ち阻まれたのでしょうね。
そう考えると、現代に通用する映画かも知れませんね。

投稿: sonata | 2009年4月20日 (月) 13時00分

 女性は男子を産む道具、ちょっと前まで日本もそういうところがありましたね。今でも皇室などは、それが問題だったりしてますが。
 イギリスでは、王室関係は何かとよく映画になってますね。やはり庶民とは違う生活というところが見所なのでしょう。素晴らしい衣装、でもそれを着るのは大変なことなのかも。

投稿: マサエ。 | 2009年4月20日 (月) 16時24分

♪コスモさん、こんにちは♪
イギリス人って陰険?(笑)

男性って高野豆腐が嫌いな方が多いけどコスモさんは大丈夫ですか。
もう遅いけど花見のお弁当にもいいですよね。お酒のんで(笑)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

♪sonataさん、こんにちは♪
>そう考えると、現代に通用する映画かも知れませんね

法律上は同等と見なされた今でも女性の社会進出は厳しいものがありますよね。
結婚されてる方なら尚更、夫の理解、育児の問題などに阻まれることが多いかも。
そういう意味では日本と英国って似てるかもしれませんね ( ̄ω ̄;)!!

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

♪マサエ。さん、こんにちは♪
英国の貴族もやはり王室と同じで後継者問題は大きかったのでしょうね。
特にこのデボンシャー公爵はかなり高貴な人だったようです。
なので家もいくつもあり、その中にはお城もあったりして贅をつくした生活。彼女は美しいドレスを見に纏い、髪飾りも超ド派手。寂しい気持ちを紛らせていたのかもしれませんね(ρ_;)

投稿: あばた | 2009年4月20日 (月) 17時39分

あ、これドロドロしてるけど気になってました。
キーラ・ナイトレイは ドレス似合うし、なんとなく凛とした内に秘めた強さがあるイメージがあるので ピッタリなんじゃないかと思いながら 予告見てました。
(。・w・。 )

衣装デザイン賞を受賞した映画なのですね☆これは知らなかったわー(^^)エリザベス~でも思いましたが ドレスってステキだけどでも、苦しそう(笑)

投稿: まにー | 2009年4月21日 (火) 09時52分

♪まにーさん、こんにちは♪
キーラ・ナイトレイって現代劇のイメージがないですよね。
つぐない、パイレーツ・・・、プライドと偏見、シルク
全部ドレスものばっかですね。
今回のはフランスではフランス革命が起きる少し前くらいって時代設定。マリーアントワネットとかのドレスと同じ感じですね。
ウエストを絞る紐とかは脱ぐときは鋏で切らないとダメだったり、腰には木の枕みたいのを付けてたり、あれは苦しいと思いますよ。でも着物も似たようなものかも。昔の人はこらえ性があったのですね(^^;

投稿: あばた | 2009年4月21日 (火) 17時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131098/44697694

この記事へのトラックバック一覧です: ♪ある公爵夫人の生涯♪:

« ♪千日前クラシックロール♪ | トップページ | ♪つつじ?さつき?シャクナゲ?それとも・・・♪ »