« ♪ジウ〈Ⅰ〉―警視庁特殊犯捜査係 ♪ | トップページ | ♪ローソン・春のリラックマフェア♪ »

2009年3月26日 (木)

♪ワルキューレ♪

Photo_6 監督は『ユージュアル・サスペクツ』のブライアン・シンガー。
主演はトム・クルーズ。
絶対にカッコいいだろうな~って期待に胸を膨らませて観にいきました。

おはなしは・・・
敗戦の色が濃くなりはじめた第二次世界大戦下のドイツ。戦地で左目と右手を失った将校のシュタウフェンベルク大佐(トム・クルーズ)は、祖国の平和のためにヒトラー暗殺計画を思いつく。やがて彼は、ヒトラー暗殺を企てるレジスタンスの秘密会議に顔を出すようになる。そんな彼は、ある計画を思いつく。それは、有事の際に反乱勢力を鎮圧する「ワルキューレ作戦」と名付けられた既存の作戦を利用して、ヒトラー暗殺のみならず、ナチス政権の転覆まで謀るという、壮大なものであった。

ヒトラーの最後は誰もが知るところなので結末は解ってはいるのですが、片目、片手の大佐の信念と行動力には手に汗握ってしまいます。
トム・クルーズ、今回はアクションはありませんが、それを超える迫力を感じさせます。軍服姿もカッコいいlovely

もしヒトラーに何かあったときに軍が取るべき行動として用意されていたもの、それが「ワルキューレ作戦」
それを利用することによってヒトラー暗殺後の政権交代までの行動が迅速かつスムーズに行われるという計画は凄い。
実際、ほば成功への道へと計画通り流れていきます。
しかし、ほんの些細な計画のズレが大きく歯車を狂わせてしまう。
そして、ちょっとした躊躇が・・・恐れが・・・詰めの甘さが・・・

最近、私、ヒトラ-の映画を結構観てるかも。
「我が教え子ヒトラー」
「ヒトラー ~最期の12日間~」
上の2作品は既にヒトラーの狂気が表立っていて、周りも諦めムードの頃のお話。
今回の映画はヒトラーの悪運がまだ尽きていない時のお話。

悪名高きナチス・ドイツ内にも正義はあった。でもこのヒトラーって男の悪運はそれに勝るものだったってのが哀しいweep

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、簡単手間無し
♪ホウレン草のお手軽白和え♪.
見てみて♪

|

« ♪ジウ〈Ⅰ〉―警視庁特殊犯捜査係 ♪ | トップページ | ♪ローソン・春のリラックマフェア♪ »

コメント

これ面白そうですね。
トム・クルーズ、こんな渋い役柄も似合うようになったんですね。私がトム・クルーズに対して持ってるイメージはいまだトップガンのマーベリックです。

投稿: tkc | 2009年3月26日 (木) 21時11分

 あばたさんは、こちらを見られたのですね。
 私もこれを予告編で見て、トム・クルーズかっこいいなーとは思ったのですが。話が深刻そうだったので、やはり気分を明るくとファンタジーに走ってしまいました。
 暗殺映画でしかも失敗するというのは、暗そうな気がして。

投稿: マサエ。 | 2009年3月27日 (金) 10時12分

これ予告でもドキドキ系でしたね。
ヒトラーは 詳しくなくても、おおざっぱに知っとけば これは大丈夫かな?と勝手に思ってますが いかかでした?
(^^ゞ
主人は 少し前「チェ」を観に行きましたが あれは私には無理だろう(ほとんど知らないから(泣))と行きませんでしたが・・・。(@_@;)

投稿: まにー | 2009年3月27日 (金) 10時47分

■映画「ワルキューレ」見てきました―これが本当の陰謀というものか?
こんにちは。ワルキューレいろいろな意味で素晴らしい映画だったと思います。ストーリー自体は多くの人に知られている史実ですが、主人公のシュタウフェンベルク大佐の生き方には共感できるものが多々あります。しかし、この映画をみているいるうちに、陰謀・策謀などは、やはり全体主義国家や独裁主義国家でない限り、そう滅多にあるものではないということに気がつきました。現在、小沢さんの検察による「国策捜査」という発言が話題になっています。しかし、首相官邸が首謀して検察を「国策捜査」に駆り立てるなど、ほとんど不可能に近いと思います。それから、何でもかんでも、ユダヤの策謀にしたがる人たちもいますが、これも全く問題外であると思います。詳細は是非私のブログをご覧になってください。

投稿: yutakarlson | 2009年3月27日 (金) 10時58分

♪tkcさん、こんにちは♪
ちょうど昨日「トップガン」を録画してたのを観てました。若々しくてちょっとビックリ(笑)
私は「ミッション:インポッシブル 」のイメージが強いです。あと「トロピック・サンダー/史上最低の作戦」での驚きの姿が・・・←これ、プラトーンとかの戦争映画をパロディーしたりしたコメディー映画です。そうそう、プラトーン観ましたよ。極限状態に置かれた時に見える人間の本質、それとの戦いこそが戦争なのかと・・・薦めていただいてヨカッタです。
この「ワルキューレ」は”ヒトラー総統の考え方や政策に疑問を抱き、愛しているのは祖国であって、ナチスでない”とした人々による反乱のお話。祖国や愛する家族のために戦うのです。人はどう生きるべきかってコトを考えさせてくれますよ(^^)v

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

♪マサエ。さん、こんにちは♪
トム・クルーズかっこいいです。
でも、確かに暗いですね(^^;
私は今までこういうのから目を背けてばかりだったので逆にちゃんと観なくちゃって最近思っていて。
ファンタジーも捨てがたいのですけどね(笑)
次は笑える映画を観てこようと思ってますo(*^▽^*)o

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

♪まにーさん、こんにちは♪
全然大丈夫。「ヒトラーは酷いやつだ」ってコトだけでOKです。
「チェ」も観たかったけど観れなかった(ノω≦、)
私、歴史とか映画からばかり学んでますよ(笑)
ストーリーは複雑じゃないし、安心して観てきて~~ ヘ(^.^)/

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

♪yutakarlsonさん、こんにちは♪
陰謀・策謀って根深い、極限の状態から自然発生的に湧き上がってくる意志とかがさせるもののように思いますね。
なので小沢さんのご意見は×。
「出る杭は打たれる」ってだけのお話でしょ(笑)

投稿: あばた | 2009年3月27日 (金) 17時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131098/44470691

この記事へのトラックバック一覧です: ♪ワルキューレ♪:

« ♪ジウ〈Ⅰ〉―警視庁特殊犯捜査係 ♪ | トップページ | ♪ローソン・春のリラックマフェア♪ »