« ♪バンビ生キャラメル♪ | トップページ | ♪笑う警官♪ »

2008年11月12日 (水)

♪ブーリン家の姉妹♪

Photo_3 旬の綺麗で魅力的な女優さん2人の競演による、歴史的実話に基づくお話。
最近、歴史とかって映画から学ぶことが多いです。

おはなしは・・・
16世紀、イングランド国王ヘンリー8世(エリック・バナ)には男子の世継ぎがなかった。いら立つヘンリーが愛人を求めていることを知った、野心家のブーリン卿(マーク・ライアンス)は才気あふれる美しい長女のアン(ナタリー・ポートマン)を愛人に差し出すことを目論む。だが王が目に留めたのは、結婚したばかりの気だての良い次女メアリー(スカーレット・ヨハンソン)だった。ブーリン一家は宮中に移り住み、メアリーは王の子を身籠る。しかし妹に裏切られたと思い込むアンは国王の気を惹く手段に出る。

生き方、考え方が真逆の美しい姉妹。
王妃の地位をも手に入れようと策略を巡らす野心的な姉・アン。
純粋に王を愛し、後には田舎の平凡な幸せを求めた心優しい妹・メアリー。
わたしなら・・・って女性だったら考えてしまうのでは?
普通に考えればメアリーってなるのでしょうが、一度は王女となり、わが娘は後のエリザベス一世となり、歴史上に名を残したアンも凄いって思ってしまう。国王の心変わりさえなかったら・・・とかって・・・

そうそう、この映画はケイト・ブランシェットの「エリザベス」に続くお話なのですね。
私の中で歴史が繋がった。こういう映画の見方も面白いです。
イングランドのローマ・カトリックとの決別とか、アンは歴史をも変えてしまったのですね。

男性社会で、女性は道具でしかなく、その中で強く生きようとすれば、やはり女性は女性を武器にするしかなく・・・哀しい時代・・・。
女の幸せは平凡で穏やかな暮らしのなかでのみ存在していた時代なのかもしれません。
今は?ん~~~~。あまり変わってないのかな~('_'?)

皆さんはアン派?メアリー派?

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、暖まりますよ!
♪のっぺい汁♪.
見てみて♪

|

« ♪バンビ生キャラメル♪ | トップページ | ♪笑う警官♪ »

コメント

こんにちは、読ませて頂きました。中学の時の歴史の時間、先生の言った言葉が印象に残っています。「ナポレオンが居たからこの時代になったのでは無い、この時代だからナポレオンが生まれたのだ。」つまり、他の時代だったら、ナポレオンはただの砲兵隊長で終わっていただろう、という意味です。

アン・ブーリンもそうでしょう。アンが歴史を変えたのでは無く、ローマ・カトリックからもスペイン(王妃キャサリンの里)からも脱却できるだけの力を備えた時期のイングランドに、アン・ブーリンが居た、という事でしょう。もう少し前の時代でしたら、ハプスブルグ家と法皇の力を恐れて、離婚しようなどとは考えなかったでしょうね。

>国王の心変わりさえなかったら・・・とかって・・・

ヘンリー8世は、6回結婚して5回離婚しています。たまたまの心変わりではありませんね。heart03

ま、御託は兎も角、とても良い映画でした。これほど見入る事のできた作品は久し振りです。

投稿: 諸葛亮 | 2008年11月12日 (水) 22時05分

 おっ、さっそく見てこられましたか。こういう映画は、衣装もきれいだし、女の生き方とか歴史とかいろいろ考えさせられますよね。
 もし、私が美人なら、やはりアン派かな~。権勢欲を満足させ、頂点にたってみたいと。しかし、それが自分の力ではなく、王がいてこそ、というのが難だな。女性であることを武器にして、というのはやはり私好みではない。
 今は少なくとも表向きは男女同権。やろうと思えば女でも自分の力で勝負できる。あの時代とは、ずいぶん変わったと思いますよ。

投稿: マサエ。 | 2008年11月13日 (木) 15時31分

ケイト・ブランシェットの「エリザベス」に続くお話なんだー。知らなかった。
予告を見る限り ドロドロしてましたよね・・・。
なんか悲しいくらい。
たぶん私はメアリー派。でもアンになりたいという願望がありそうです。(≧∇≦)

投稿: まにー | 2008年11月13日 (木) 15時47分

♪諸葛亮さん、こんにちは♪
いい先生に巡り合われたのですね。
歴史、私は学生の頃は殆ど興味も持たず、今になって映画などから教えてもらっています(^◇^;
歴史って見る角度によって色んな解釈ができるのも面白いところですね。

>ヘンリー8世は、6回結婚して5回離婚しています。たまたまの心変わりではありませんね。

ヘンリー8世の性格的問題かそれだけの女性がいなかったのか王妃の座を狙う逞しい女性が多かったのか・・・
どっちにしても女性の敵だ(笑)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

♪マサエ。さん、こんにちは♪
そうなんです。衣装、とっても綺麗でした。
この写真のグリーン。とってもいい色ですよね。ナタリー・ポートマンに似合ってますよね。

やはりマサエ。さんはアン派ですか。私はナタリーのように家庭の中に落ち着きたくはないけどアンほど強くはなれそうにない。中途半端な人間です ( ̄ω ̄;)!!
強くありたいと思いながらも何処かで甘えが生じてしまいます。

でもこの時代のあとエリザベス1世はバージンクィーンとなり男性を寄せ付けないことで国を守り抜いたのですよね。ちょっと皮肉な話ですね。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

♪まにーさん、こんにちは♪
まにーさんは家庭を守りながらも世間に目を向けていつも新鮮な生活をしてらっしゃる。基本ナタリーなのですがそこには納まってないって感じですね。(≧∇≦)

ドロドロはドロドロかも。でも陰湿さは感じませんでした。どちらかというと潔いです。
このアンの娘がエリザベス1世って皮肉な話ですね。

投稿: あばた | 2008年11月13日 (木) 17時44分

私はアン派です。
理由?ナタリー・ポートマンが演じてるからです(笑)
でも実際にはアンみたいな人とは付き合いづらいかも。

歴史って流れを追っていけるようになると面白いですね。一見関係なさそうな出来事同士が実は繋がっていたりして、それを知ったときには「なるほどなー」といった気分になります。高校のときは大の苦手科目だったんですけどね(笑)

投稿: tkc | 2008年11月14日 (金) 01時14分

♪tkcさん、こんにちは♪
それってメアリーorアンじゃなくてナタリー・ポートマンorスカーレット・ヨハンソンになってるし(笑)
ナタリー・ポートマンはホントに美しい。
でも実際にはメアリーは美しかったけどアンはそうでもなかったらしいです。なのでその他の部分で相手を魅了するものを持っていたようですよ。tkcさんも惚れるような人だったかも。

歴史、年代や名前を覚えるばかりじゃなくてストーリーとして楽しく学べたら、もっと興味が持てたかもしれませんね。
そういや最近の歴史の教科書とかって私達が習ったのと年代とか名称とかが変わってるとこがあるようですね。テストで赤点取らないためにしたあの努力はいったい・・・ ( ̄ω ̄;)!!

投稿: あばた | 2008年11月14日 (金) 17時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131098/43091929

この記事へのトラックバック一覧です: ♪ブーリン家の姉妹♪:

» 「ブーリン家の姉妹」 [帚木日記]
興味を持ち楽しみにしていた作品です。私が歴史物好きなせいもあるでしょうが、近頃で [続きを読む]

受信: 2008年11月12日 (水) 21時52分

» 映画「ブーリン家の姉妹」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:The Other Boleyn Girl 女の奥義を極める、男を立て主導権をとっていると思わせ実は女が主導権を握った状態のこと、母は娘に言い含め、娘はそれを体現する~姉妹の愛と葛藤~ 幼少期の頃の3人が野原で遊ぶ姿が印象的、それは二人の姉妹と一人の弟、美しく機知に... [続きを読む]

受信: 2008年11月16日 (日) 17時08分

« ♪バンビ生キャラメル♪ | トップページ | ♪笑う警官♪ »