« ♪四天王寺ワッソ♪ | トップページ | ♪もう一度読みたい宮沢賢治♪ »

2008年11月 5日 (水)

♪レッドクリフ PartI♪

Photo_3 「三国志」のお話って、今までも興味はあったのですが接する機会がなくて、これは飛びつきましたよ(笑)
それに金城武さん、好きなんですもの~(′3`)

おはなしは・・・
西暦208 年。中国で絶大な権力を握る曹操(チャン・フォンイー)率いる軍に追われる劉備軍は孫権軍と同盟を結ぶため、軍師の孔明(金城武)は孫権のもとに赴く。そこで、孔明は赤壁で孫権軍の司令官・周瑜(トニー・レオン)と出会う。周瑜と孔明は互いに信頼を深め、共に戦う事を決意するのだった。しかし曹操の軍勢は80万、片や連合軍の兵力は5~6万と圧倒的に劣るが、知将・周瑜と天才軍師・諸葛孔明は奇策を講じていた…。

中国の昔のお話だし「難しいかも」と危惧していたのですが、さすがジョン・ウー監督。誰もが楽しめるハリウッド映画的見せ方で楽しませてくれます。
沢山の登場人物もそれぞれ特徴が解り易く描かれていて、その魅力も十分伝わってきます。

製作費100億円というだけあって、スケールの大きさも言うことなし。
映像も美しいです。

数で戦う曹操に対し、知恵で戦う連合軍の戦術も見ていて楽しい。
それを打ち出す周瑜と孔明は素晴らしくカッコいい。そして戦いに身を投じる将軍たちの強さも半端じゃなくて、まるでアメコミヒーローを観てる気分になってしまう(笑)
中でも「九官八卦の陣」なる陣形を用いて、敵軍と戦うシーンは圧巻です。

孔明は何とも飄々としていて、ちょっと今風の若者っぽい。かわいいって言ってもいい。それを金城武が見事に演じてるんです。これには驚き。期待以上です。
そして周瑜。トニー・レオンさんって素(す)は普通の人って感じなのにスクーリーンの中ではどうしてあんなに色っぽいのでしょう。彼の妻との愛情表現はとっても美しくてうっとりしてしまいます。
この美しい妻の存在が後にキーになってくるようです。

そう、男くさいお話のなかにロマンスやユーモアも盛り込まれていて、楽しむ要素がいっぱい詰まっているのです。

今回はPartI ということで、もちろんPartⅡがあるわけで、次回はこの題名でもあるレッド・クリフ(赤壁)の水軍戦から始まります。
最後に流れた予告を観ただけで期待で胸がいっぱいになってしまいました。

次回は4月。半年後です。
果たしてそれまでちゃんとお話を覚えていられるかちょっと不安です (^┰^;)ゞ

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、手作りドレッシングの
♪ささみのゴマドレッシングかけ♪.
見てみて♪

|

« ♪四天王寺ワッソ♪ | トップページ | ♪もう一度読みたい宮沢賢治♪ »

コメント

あばたさん、こんにちは~!
この映画気になってたんですけど、私、歴史ものって苦手で。学生時代も社会だけは3以上とったことがなくてcoldsweats01
少しは三国志のことを知らないとだめかなーと思ったんですけど、面白そうですね!映像を見てるだけでも価値ありそうだし。機会があったら行ってみようかな・・note

投稿: なりこ | 2008年11月 5日 (水) 22時24分

こんばんわnote
この映画も見たいですねぇhappy01
三国志の本は読んだことがあるので、だいたいの内容は分かるのですが、
実際に映像として見せてくれるとは、さすがジョン・ウー監督です。
本の中では、関羽が好きな武将なのですが、
まだ赤壁の戦いの前でも十分楽しませてくれそうですね。

投稿: ユウキ サンタ | 2008年11月 6日 (木) 02時01分

あばたさん、こんにちは~♪

あばたさんも金城武さん、お好きでいらっしゃるんですね!
実は私も~(*´∇`*)
なので、この記事読ませていただいて、めちゃくちゃうれしくなってしまいましたheart04
こんな素敵に書いてくださってうれしいな。
この記事を読んだ人が一人でも多く、映画館に足を運んでくれたらいいなって思いますmovie
これは絶対映画館で観る作品ですよね!
私も予告を観ただけで胸がいっぱいになりました。
待ちきれないですが、その前に「怪人二十面相伝」もありますね♪
そちらも楽しみですヽ(^◇^*)/

投稿: 小桃 | 2008年11月 6日 (木) 09時47分

おお♪ですよねー!(◎´∀`)ノ九官八卦の陣の戦いはスゴイものがありましたよね~♪本当、あれは圧巻!
私も三国志だし内容が難しいかと思っていましたが、ハリウッド仕様?なので 誰が観ても楽しめるようになっていましたよね★ 
トニーレオン 私、けっこう好きなのですが今回の顔面アップには ビックリ(ドキドキの間違い?)しましたよー。
目がステキー!
あ、目といえば あばたさん金城武が好きなんですねー。目、キラキラしてましたよね~(≧∇≦)今回は ほんと金城さんの演技はステキでした!

投稿: まにー | 2008年11月 6日 (木) 10時09分

 三国志は、漫画で読みました。なので、粗筋は知っています。赤壁の戦いの場面なんですねー。
 あれだけの壮大な物語、実は本でも一部読んだのですが、2時間の映画では無理ではと思っていました。たぶん物語の一部なのでしょうが、楽しめたのですね。

投稿: マサエ。 | 2008年11月 6日 (木) 10時39分

♪なりこさん、こんにちは♪
大丈夫大丈夫。
私も無理かもと思いながら観ましたが解り易く作られてましたよ(^^)
男同士の戦いの仲にロマンスも組み込まれているので女性も楽しめる映画になってました。
ラストの艦隊の映像が迫力があって見応えありです。
オススメですよ d(^_^o)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

♪ユウキ サンタさん、こんにちは♪
お話をご存知なら尚更楽しめるかもしれません。
関羽もすでにその勇士を見せ付けてくれますよ。それにお髭がすてきです(笑)
お話があまりに有名なので、その結末は皆が知るところ。なのでそれ以外での見せ所をしっかり考えて作られているように思いました。
お時間を見つけてぜひ。これは劇場がオススメですよ d(o^v^o)b

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

♪小桃さん、こんにちは♪
小桃さんもおすきですか。金城武さん。ステキですよね~。

>これは絶対映画館で観る作品ですよね!

そうなんですよね。やっぱお金を掛けてるだけのことはありますね。
ラストの鳩が飛ぶシーンは圧巻でしたね。

K-20.私も今から楽しみです。
また感想をお話しましょうね d(o^v^o)b

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

♪まにーさん、こんにちは♪
>九官八卦の陣の戦いはスゴイものがありましたよね~♪

ねっねっ。楽しいですよね。思わず孔明に「でかした」って言いたくなっちゃった(笑)
トニーレオンは色っぽいな~。「ラストコーション」のときもステキでしたが今回はまた違う魅力がありました。
金城武さん、なんか知的でしょ。そこが好きなんですけど、今回のは特にそこんとこが強調されてて嬉しかった~(^^)
次回が楽しみですよねヘ(^.^)/

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

♪マサエ。さん、こんにちは♪
元が壮大なお話なので危惧されるお気持ち解ります。
今回はこのPartⅠが2時間半。来年のPartⅡと合わせると5時間ほどになるのでしょうか。“三国志”の中から“赤壁の戦い”を中心に映画化したのだそうです。
2000人を超すエキストラ&CGとお金で凄い映像が作り上げられています。
戦いの中に盛り込まれる人間ドラマも面白さを際立たせていますよ。
とても素晴らしい作品でした v(゜ェ ^*)

投稿: あばた | 2008年11月 6日 (木) 17時42分

これは面白そうですね。

三国志は漫画版を読んだことがあります。英雄たちの活躍に夢中になったりしました。ただ、よくしられてる三国志は史実をもとに読み物として読めるよう色々脚色が加えられた「三国演義」で、史実とは違うようですね。

さすがジョン・ウー監督、やっぱり鳩でるんですか。
関羽が黒装束に身を包み、両手に石弓を持ってスローモーションで横っ飛びしながら石弓を打つというシーンを期待してしまいます(笑)

投稿: tkc | 2008年11月 6日 (木) 20時25分

♪tkcさん、こんにちは♪
tkcさんも漫画はお読みになったのですね。
脚色が加えられてたとしてもあんなに壮大な戦いが実際にあったというのは凄いですね。
そう、ジョン・ウー監督の象徴の鳩が出てきますよ。で鳩の目を通して敵方の強さを見せてくれるのですが、この映像が凄いです。
映画では関羽・張飛・趙雲といった英雄さんたちがあまりに強くてミュータント(超能力者)に見えてしまいました。前日に「X-MEN」の映画を家で観たせいでもあるのですが(笑)
関羽って人気があるのですね。今回は孔明と周瑜が中心だったのですが、将軍たちの活躍は紹介の意味も込めて見せ場たっぷりに描かれています。でも、ほんとの活躍は次回の作品になるのかもしれないですね。スローモーションで見せるってのは当たっています。さすが!

投稿: あばた | 2008年11月 7日 (金) 17時58分

こんばんは☆

この映画、うどん屋さんで力説している女性がいました。よほど感動したと見れました。なんでも、あの女性は今、中国で一番美人と言われているかただそうで・・・中国の歴史なんか知らなくても笑いをまじえて判りやすくなっていて、エキストラの数が半端なくて本当に感動した!!と言っておりました(≧m≦)

歴史嫌いだけど、見てみようかな~(゚▽゚*)

投稿: えんぼう | 2008年11月 8日 (土) 22時05分

♪えんぼうさん、こんにちは♪
歴史が苦手でも面白く見ることが出来ますよ(私がそうでした:笑)

>あの女性は今、中国で一番美人と言われているかただそうで・・・

確かに綺麗な人でした。ちょっと嫉妬しちゃうくらい。
一緒に見に行った人もそればっか言ってましたよ(笑)
これ、ふきかえ版もあるので流れが掴みにくいと思ったらそっちを見てスクリーンに齧りついたらいいんじゃないかな?
オススメですよ~ d(o^v^o)b

投稿: あばた | 2008年11月10日 (月) 12時35分

 見てきました、レッドクリフ。良かったです。さすが、100億円の制作費をかけただけあって、見応えのある映像でした。
 金城武の孔明、かっこよかったですよ。

投稿: マサエ。 | 2008年11月18日 (火) 22時02分

♪マサエ。さん、こんにちは♪
よかったですよね~(^^)
絶対にマサエ。さんは楽しめると思ってました。
金城武さん、年々魅力が増してるように思います。カッコいいです☆
ラストの映像は次回を期待させるに十分でしたよね。今から楽しみですね ヘ(^.^)/

投稿: あばた | 2008年11月19日 (水) 17時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131098/43017741

この記事へのトラックバック一覧です: ♪レッドクリフ PartI♪:

» 『レッドクリフ』=『赤壁』か! [東江戸川三丁目の夕日を見ながら。]
しばらく前からジョン・ウー監督の新作映画の宣伝が大々的に行われていたが、最近になってやっと「レッドクリフ」=「赤壁」、つまり「赤壁の戦い」、って事は「三国志」?って事に気付いた。 今ごろ気付くなよ、って感じだけど、シルベスター・スタローンの映画で「クリフ..... [続きを読む]

受信: 2008年11月 5日 (水) 22時42分

« ♪四天王寺ワッソ♪ | トップページ | ♪もう一度読みたい宮沢賢治♪ »