« ♪クアトロフロマッジオ (4種チーズのプレミアムチーズケーキ)♪ | トップページ | ♪千里眼 優しい悪魔 上下♪ »

2008年10月29日 (水)

♪わが教え子、ヒトラー♪

Photo_2 ヒトラーのことは知ってるようで知らない。
で、興味が湧いたのですが・・・

おはなしは・・・
敗戦が濃厚になりつつある1944年12月のドイツ。宣伝大臣ゲッペルスは、国民を鼓舞するため再びヒトラー(ヘルゲ・シュナイダー)の演説を全国民にきかせようとする。しかしヒトラーは病気とうつですっかりやる気をなくし、公の場を避けて引きこもり状態。考えたゲッペルスはユダヤ人の元演劇教授アドルフ・グリュンバウム(ウルリッヒ・ミューエ)を収容所から総統官邸に呼び寄せ、ヒトラーに力強いスピーチを指導するよう命じる。
教授はその条件に収容所の解放を訴え、密かにヒトラー殺す機会を窺う。しかし密室でヒトラーと接するうちに教授を必要とするヒトラーに哀れみを感じ始めるのだった・・・

始まって?????
えっ?コレって喜劇ですか?

「この物語は真実だ。だが、あまりにも“真実すぎる”ため、歴史の本には登場しない」ってグリュンバウム教授が額から血を流して語るとこから始まるんですけど、グリュンバウム教授演じるウルリッヒ・ミューエの顔のドアップと語り口調はどう観てもコメディータッチ。
で、本編に入ると皮肉・皮肉・皮肉のオンパレード( `▽´ )Ψ( `▽´ )Ψ( `▽´ )Ψ( `▽´ )Ψ( `▽´ )Ψ

「ハイルヒトラー」の連呼や規律の正しさに苛立ちを隠せないナチスの様子や、ヒトラーが子供時代に受けた父親からの暴力に未だに怯える姿は、大笑いじゃなく口の端をちょっと上げて鼻で「フンっ」って笑っちゃうような可笑しさがあるんです。

そう、歴史上最低最悪な独裁者ヒトラーを皮肉というユーモアでコケ下ろしてるんです。
ある意味、普通に語られるよりも痛烈に批判してるのが解るんですよね。

この監督はユダヤ人。
その彼が描いた最高に辛辣なブラックユーモアです。

だからと言っていいかげんな表現はしていない。
ちゃんとした歴史を語った映画なんです。
ラスト、教授のとった行動が全てを語っています。

教授演じるウルリッヒ・ミューエ。
『善き人のためのソナタ』でも名演を見せてくれたのに、これが遺作となったのですね。
また名優が一人いなくなってしまった(ρ_;)

『善き人のためのソナタ』も合わせて、観られることをおすすめしますd(^_^o)

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、秋らしい
♪菊の香り御飯♪.
見てみて♪

|

« ♪クアトロフロマッジオ (4種チーズのプレミアムチーズケーキ)♪ | トップページ | ♪千里眼 優しい悪魔 上下♪ »

コメント

へー。この映画知らなかった;:゙;`(゚∀゚)`;:゙
ミニシアター系ですよね~?
あばたさんの感想を読ませてもらってると 想像するものと違ってビックリー。
ブラックユーモアや皮肉かぁ。普通に語られるだけじゃ 面白くないですもんね。でも、これ好き嫌いが分かれそう??

投稿: まにー | 2008年10月30日 (木) 09時24分

♪まにーさん、こんにちは♪
ミニシアター系です。東京では結構前にやってて大阪は遅れての上映です。福岡もそうなのかもしれませんよ。
コメディーと言ってもドタバタではなく、静かで暗め。真面目過ぎる人だったら、コメディーと気づかずに見ちゃうかもしれません(笑)
それぐらい微妙なとこで皮肉ってるってとこが上手いって感じ。

>これ好き嫌いが分かれそう??

そうですね。映画にエンターテイメント性を求める人にはキツいかも。まっ、それはミニシアター系全てに共通することですけどね(^◇^;
でも、いい映画でしたよ。私はこういうの好きです(#^.^#)

投稿: あばた | 2008年10月30日 (木) 17時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131098/42942251

この記事へのトラックバック一覧です: ♪わが教え子、ヒトラー♪:

« ♪クアトロフロマッジオ (4種チーズのプレミアムチーズケーキ)♪ | トップページ | ♪千里眼 優しい悪魔 上下♪ »