« ♪貧弱♪ | トップページ | ♪やさぐれぱんだ♪ »

2008年8月10日 (日)

♪闇の子供たち♪

Photo_4 予告を観て、痛そうだし、どうしようかな~って思ったのですが、やはり気になって・・・
「血と骨」と同じ梁石日さんの本が原作です。

おはなしは・・・
日本新聞社のバンコク支局駐在の南部(江口洋介)は、東京本社からタイの臓器密売の調査を依頼される。が調べていくうちに臓器は生きた子供から提供されるという情報を得、何とか阻止したいという気持ちに突き動かされる。
一方、恵子(宮崎あおい)はボランティアとしてバンコクの社会福祉センターで活動を始める。そんなある日、スラム街で姿を見せなくなった少女からの手紙が見つかる。彼女は父親に児童性愛者相手の売春宿に売り飛ばされていたのだった。恵子たちは少女を救いに向かうがその組織に阻まれてしまう・・・

幼児売・買春と臓器密売を告発する問題作です。

南部の言葉を借りると「日本はタイと地図で20cmのところ」
たったそれだけの所で実際に起こっている衝撃的な事実。
お金のために子を売る親。
そんな子供を自分の性的欲求のために金で買う日本人を含む外国人。
子供の臓器移植は行えない日本の法律。
わが子を助けたいと、別の命と引き換えだと知りながら、金を積む親。
金儲けのために生きたままの子供を手術台に向かわせる大人。

腐敗しきったタイの裏社会。でもその裏社会を支えているのは我々日本人を含む外国人。そしてその犠牲となっているのがタイの子供たち。
人間のエゴに吐き気を催す。

幼児売・買春と臓器密売なんて自分には関係がないと目を背けるのは簡単。
でも、私たちがこの事実をしっかり受け止めて目を離さないことが解決への糸口になるかもしれない。

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、ちょっと一手間で本格的なお味に
♪中華風レンジ蒸し鶏♪
見てみて♪

|

« ♪貧弱♪ | トップページ | ♪やさぐれぱんだ♪ »

コメント

こんばんは、今週末もあばたさんから映画のレビューが読める!と思って来ました(;・∀・)
この映画、私も何かで予告かあらすじを知ったのですが、やっぱり痛くて、目を背けたくなるような内容ですね・・・。
でも、こんな酷い事が現実で起きているってことは
知っておく必要があるなと改めて思いました。

投稿: pingu | 2008年8月11日 (月) 00時15分

東南アジアの貧困層の子供たちは、親によって売春宿に売られることが良くあるようですね。そういった子は一度助け出されても、また親によって売られてしまうか、他に生活するすべがないために売春宿に戻ようで、やりきれない話です。
売春を取り締まるだけでなく、貧困を撲滅しないとこれからも続くんでしょうね。
タイは東南アジアの中でも経済的に発展してる国で、政府も貧困層を撲滅するために子供の教育に力を入れており、そういったことは減少していってるのではと思うのですが、どうなんでしょうね。

投稿: tkc | 2008年8月11日 (月) 01時37分

これ予告を見て、ダークだなと思っていました。
賛否両論もあるみたいですもんね。
つまぶきくんも、「終わりがないから」と最初はオファー断ったとか。(>_<)
観て少しでも現実を知りたい気持ちもあるけど、知りたくない気持ちもあります。

投稿: まにー | 2008年8月11日 (月) 08時32分

この映画、すごく豪華なキャスティングなのにまったく知りませんでしたsweat01
宮崎あおいさんは大河だけでもお忙しいでしょうに、意欲的に映画にも出演されてますね。

ほんと・・・この手のお話からは目をそむけてしまいがちです・・・。
でも、事実から目をそむけてしまっては解決はできませんよね・・・。

投稿: 小桃 | 2008年8月11日 (月) 17時25分

♪pinguさん、こんにちは♪
惨そうな内容なのにキャストは江口洋介さん、宮崎あおいさん、妻夫木聡さん。
主題歌はサザン。
なんとも爽やかでしょ~。
きっと爽やかなラストなんだろうなと期待を込めて観に行きましたが・・・やはり痛い(;´Д`)
今も何処かで泣くことすら忘れた子供たちが苦しんでいるかもと思うとやるせないです(ρ_;)

♪tkcさん、こんにちは♪
>売春を取り締まるだけでなく、貧困を撲滅しないとこれからも続くんでしょうね。

そう感じました。
日本でだって遠くない昔は同じことが行われていたのでしょう。
少しでも早く救済の手が差し伸べられることを願うばかりです。

>タイは東南アジアの中でも経済的に発展してる国で、政府も貧困層を撲滅するために子供の教育に力を入れており、そういったことは減少していってるのではと思うのですが、どうなんでしょうね。

そうあって欲しいです。
タイにはエステ旅行に行きたいなんて能天気なことを考えていたので、このままじゃ楽しめそうもないです。
とは言ってもやはり同じような国はまだまだあるのでしょうね。
未来ある子供に悪の手が伸びるのだけは何とかしたいと思うのですが・・・(;´Д`)

♪まにーさん、こんにちは♪
かなりキツい内容です。
ただ若干の光明も見えます。
報道で事実を知らせること、 ボランティアが手を差し伸べること。
この映画はその2点で何かを変えようとします。
売春や臓器売買は求めるモノがいるから提供するものが出てくる。だから買う側を厳しく取り締まらなくちゃいけないんだろうな~。
多くの人の目が向くってことで少しでもそういう人が減ればいいのにって思ったりするのです。
せめて子供には手を出してほしくないですよね(;´Д`)

♪小桃さん、こんにちは♪
主題歌もサザン。ほんとに豪華な映画です。
なのに題材が題材なだけに扱いが少ないのです。
でも関心のある人が多いみたいでこの日も立ち見が出てました。
宮崎あおいさん、これ全面現地ロケなのにどうやってスケジュールを組んだのか不思議です。旦那さまとは会う時間なんてないのでしょうね(;´Д`)

投稿: あばた | 2008年8月11日 (月) 17時57分

 あばたさん、この映画も見られたのですね。私は予告を読んだのですが、痛ましくて見れそうもないなと思いました。
 親に売られた子ども、幼児売・買春、臓器移植、今まで新聞・雑誌等でスクープされたこともあり、知識としては知っていました。でも、それが映像となると、よりリアルであるがゆえに見ていられない気がします。だからこそ、告発する力は強いでしょうね。
 ベトナムへ旅行したとき、夜に繁華街で花を売っている子どもを見ました。タイでも路上で新聞とかを売っている子ども達もいました。インドではバクシーシをしている子どもも見ました。
 見ているだけで、何もできない自分がいます。豪華ホテルに泊まり異国の街の風景に胸を躍らせている自分。知識だけでは、何もなりませんね。一人の観光客にできることなんて、何も無いです。でも、まっとうな観光客が増えることも、それで生活が成り立っている人たちだって居るわけですから、良いことではないかと思っています。

投稿: マサエ。 | 2008年8月12日 (火) 12時07分

♪マサエ。さん、こんにちは♪
辛いなと思ったのですが目が離せなくなったって感じで観にいきました。
ベトナムやタイはもうかなり豊かな国ってイメージがあるのに、またまだ格差というものが存在してるのですね。
tkcさんも仰っていましたがまずは経済的に豊かになる必要があるのでしょうね。正しい形でお金を落としに行くのもいいことなのでしょうね(∩.∩)

投稿: あばた | 2008年8月13日 (水) 09時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131098/42104110

この記事へのトラックバック一覧です: ♪闇の子供たち♪:

« ♪貧弱♪ | トップページ | ♪やさぐれぱんだ♪ »