« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月31日 (日)

♪ジャージの二人♪

Photo_4 前に長嶋有さんが書いた同題の原作を読んでいて、その後、映画化されることを知って、とても気になってました。

おはなしは・・・
仕事を辞めたばかりの息子(堺雅人)が、グラビアカメラマンの父親(鮎川誠)に誘われ避暑地の山荘へやってくる。息子は妻の不倫、父は離婚の危機と互いに問題を抱えながらも、 2人は亡き祖母が集めてきた古着のジャージを着て、夏休みをのんびりと過ごす。翌年の夏、2人は猛暑の東京から逃れるように山荘へ向かうが……。

このあらすじ、シネマトゥデイのを丸写しにしたのですが、これ以上でもなくこれ以下でもないストーリーなんです。

これはストーリーというよりも、その空気感を楽しむ映画。
俗に言う「脱力系」なんです。
でも、いたる所に散りばめられた「むふふ(m~ー~)」的可笑しさがいい!

避暑地の山荘っていうとちょっとした贅沢な生活を想像しちゃいますが実際は家の中を虫が徘徊し、おトイレも水洗じゃなくて、お風呂も五右衛門風呂、携帯電話も通じない。涼しいってことだけが取り柄の超田舎暮らし。
そして、この親子、お祖母ちゃんが残してくれた小学校のダサいジャージをパジャマ代わり着ちゃうのです。
はっきり言って超ダサダサです。
で、やることと言えばTVゲームや犬の散歩。
お気楽そのものなんですが、実はそれぞれ心の中には悩みや夢があって、で、ここに逃げ込んで、でもやっぱり現実に繋がっていたくて・・・で何となく、少~し前に進んで帰っていくんですね。
逃げるのって卑怯みたいだけど、こういう逃避もありかなと思ったりしちゃう。

堺雅人さんのあの優しい笑顔がこれでもかってくらいに観ることが出来るので堺雅人さんのファンなら見逃す手はないですよ。

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、我が家の定番
♪小松菜とゴボウ天の煮物♪
見てみて♪

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年8月29日 (金)

♪アクロス・ザ・ユニバース♪

Photo_3 ビートルズの曲オンリーで作られたミュージカル映画。
1960年代の若者のお話と聞いて明るく楽しいものを想像してたのですが、ちょっと違ってました。

おはなしは・・・
イギリスのリバプールで造船所で働くジュード(ジム・スタージェス)はまだ見ぬ父親を捜しにアメリカに出向く。大学教授だと信じていた父親が自分と同じ労働者だったことで失望するが、そこで出会った大学生のマックス(ジョー・アンダーソン)と意気投合、彼の妹ルーシー(エヴァン・レイチェル・ウッド)にも心惹かれるものを感じていた。
やがてジュードは自由に生きたいというマックスと共にNYに向かうことに。、歌手のセディが住むアパートの間借り人になり暮らし始める。そこへ、恋人をベトナム戦争で失い傷心のルーシーが訪ねてくる。ジュードとルーシーはいい仲になるが、マックスには徴兵の知らせが・・・

自由の国アメリカ、誰もが夢を持って生きているニューヨーク。
ジュードはイラストレーター。同居人の歌手のセディやギタリストのジョジョもそう。同性愛者のプルーデンスも愛を求めて生きてる。
そんな彼らの前に立ちはだかるのは「ベトナム戦争」だったり金儲け主義の大人の都合だったり。
この時代のアメリカの現実を見せ付けられます。

音楽がいいのは言うまでもないことですが、映像がとってもファンタジックに作られていて芸術的でもあります。
監督のジュリー・テイモアって方は舞台版「ライオンキング」なども手がけた鬼才と聞いて納得です。
ジュード役のジム・スタージェス。「ラスベガスをぶっつぶせ」ではその実力で主役の座を勝ち取ったと聞いていましたが、なるほど、歌もスゴク上手いし、ここでも納得です。
マックス役のジョー・アンダーソン。この人、今まで知らなかったのですが、とってもステキ。いい俳優さんみっけd(o^v^o)b

で、やっぱビートルズの曲って素晴らしいんだなというのも再確認。
なんか、やたらと感動して泣きたくなってしまった。

これは好き嫌いが分かれる映画ですね。
ビートルズファンや映画に芸術性を多く求められる方にはおすすめですよ。

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、ちょっとしたコツで
♪ぱりぱり餃子♪.
見てみて♪

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年8月28日 (木)

♪空の中♪

Photo_2 有川 浩 (著)
この方の「図書館戦争」が面白いってブログのお友達から聞いていて、一度読みたいと思っていたのです。

おはなしは・・・
新型旅客機の試験飛行を高度2万メートルの上空で行われようとしていたが突然の衝撃とともに爆発、乗っていたもの全員が死亡する。
その事故の調査に乗り出した自衛隊機2機のうち、先を飛んでいた1機も同じように高度2万メートルで爆破した。

自衛隊機が爆破した日、瞬は、海で不思議な楕円形で半透明の生命体を発見し、幼馴染の佳江とともに家に持ち帰る。
そんな瞬の元に父親の事故死の知らせが入る。瞬の父親こそ、事故調査で亡くなったパイロットだったのだ。
傷心の瞬が誰も出るはずのない父親の携帯電話に電話してみると、その電話が繋がった。相手は謎の生命体。
瞬と佳江はその生命体を「フェイク」と名付け、飼い始める。

一方、、事故を起こした航空機会社の高巳は、原因を究明をするために自衛隊に派遣され、、事故の生き残りである女性パイロット・光稀に事情を聞こうとする。
なかなか口を開いてくれなかった光稀だが、高巳の熱意に押される形で、事故の現場となった上空2万メートルへ行くことに。そして2人はそこで巨大な生命体と出会い意思を疎通することになる。
巨大生命体は「ディック」と名づけられ、人間との共存の道を探るが、思わぬ事態が起きてしまう・・・

不思議な生命体がこの地球にいたというお話。
その生命体は人間に危害を与えるつもりは全くなくて、今までも人との接触を避けるようにして生きてきた。
でも一部の人間にしてみればそれは脅威であり、この世に存在してはならないものだったりするわけです。
で、ディックは攻撃されてしまうのです。一つの生命体だったディックはその攻撃でいくつにも分裂してしまい、その一部が人間に反撃するという事態が起きてしまうのです。

同じ知的生命体として共存を図ろうとする高巳と光稀はコトを収拾しようと対策を練ります。
一方瞬は佳江を守るためフェイクに「人間を襲う生命体を殺せ」と命ずるのです。瞬に懐いていたフェイクは言われた通りにします。瞬はその幼さゆえの判断でフェイクに仲間を殺させるという取り返しのつかないコトを命じてしまったのです。

SFとしても面白いんだけど、瞬を支える川漁師の’宮じい’とか、凛々しいけどかわいさも併せ持つ光稀や佳江といった女性とか、飄々としていながら芯のある高巳とか登場人物がとても魅力的です。
特に’宮じい’の一言一言は心に沁みます。自分も年を重ねたらこうなりたいなと思ったりしました。
「人は間違いを繰り返す業の深いもの。それを誤魔化そうとすると益々事は悪いほうに流れる。間違いに気付き、それを律して成長していくものだ。それで人に迷惑を掛けたら心から謝罪し、その罪を一生背負っていかなければならない」
そして「人は赦すという勇気を持たなければならない」とも。
そんな宮じいたちに支えられた少年少女の成長記でもあります。
光稀と高巳、瞬と佳江の心の通じ合いもステキです。

この最終章に「仁淀の神様」というお話があります。
十数年後くらいのお話。
ここでは全くディックのことは語られません。
でも泣いちゃうよ。

とても面白くて感動的で、何度も電車を乗り過ごしそうになりました。
おすすめです。

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、オイスターソース味の
♪茄子の焼パスタ♪.
見てみて♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年8月27日 (水)

♪地球でいちばん幸せな場所♪

Photo_2 こういうタイトルに弱いです。
それに主役の女の子の目が何だかいいでしょ~。

おはなしは・・・
両親を亡くした孤児のトゥイ(ファム・ティ・ハン)は簾(すだれ)工場を営む叔父のもとで働かされていた。
何かと辛く当たる叔父に嫌気が差し、トゥイはホーチミンに逃げ出す。
生きるため、花売りの仕事を始めたトゥイはフライトアテンダントのラン(カット・リー)、そして動物園の飼育係の青年ハイ(レー・テー・ルー)と親しくなる。
ランは叶わぬ恋に疲れ、ハイは恋人に振られ、共に孤独を感じていた。
トゥイはランとハイが恋人同士になればと思い描くが……。

ランとハイという大人二人の抱える悩みは不倫だったりお金のために止むを得ないことだったり大人の汚れた部分に対する悩みだったりするのです。
それと相反するトゥイの純真でたくましい姿はそんな2人の心にすぅ~っと溶け込んでいくのです。
なので、この映画に心温まるものを感じた私も汚れてたりするのかも ( ̄ω ̄;)!!

ベトナムって思った以上に貧困がまだ町中にはびこってるんだなと言うのがちょっとビックリ。
ストリートチルドレンや子供が学校も行かずに働くのは珍しくないようです。
ホーチミンの街の裏通りなど庶民の生活を垣間見れたのも興味深かったです。
こういう映画がベトナムで作られたことがまずスゴイことなのかも。

で、この映画はそんな中で繰り広げられるハートウォーミングなおはなしです。
ストーリー自体はありきたりではあるのですが、心に響くものが・・・
ベトナム人って国民性が日本人と似てるらしいので、感動する部分とかも共通するのかもしれません。
このお話、拡大させて日本で連続ドラマとかに出来そうな感じです。

映画の出来としては私が言うのも何ですがまだ未熟な感じは拭えませんが観終わったあとにホワァ~ンとした温もりを感じさせてくれる、そんな映画でしたよ。

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、手間の分美味しい
♪フライパン焼き春巻き♪.
見てみて♪

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年8月26日 (火)

♪二重の癒し♪

私、アイデア商品とかおもしろグッズとかってのが好きで、

東急ハンズやLOFT、ドンキホーテとかを徘徊するのが楽しくって仕方がない。

で、気付けば、さして必要ともしないモノを買って帰ることがしばしばです(^┰^;)ゞ

Photo_2 でも、今回ドンキで買ったのはちょっと優れもの。

マッサージ器です。

スイッチを押すと下の丸い部分が光ってブルブルと振動。

凝ったとこに押し当てると、いい具合に揉み解してくれます。

このボール部分の間隔がいいんですよね~。

首だったり、ふくらはぎだったりにジャストフィットしてくれるんです。

振動の強さも程よくてキモチいい。

肩が凝ったりすると、どうしてもゴリゴリ強く押したり揉んだりしてしまいがちですが、あれって肩こりを慢性化させてしまうのですって。

なのでこれぐらいが丁度いいのかも。

価格も1000円をきってたし、おすすめですよ。

Photo_3 あと、こちらはLOFTでの衝動買い。

夏らしい絵柄の入ったガーゼのハンカチです。

肌触りが優しくて、汗もよく吸い取ってくれそう。

昔懐かしい感じがいいですよね。

金魚は私用、朝顔は母にプレゼントしようと思ってます。

Photo_4 これもLOFT。

クッションです。

発泡ビーズをもっとソフトにしたような感触がたまらなくいい。

なんかずっとプニプニ押していたいような、そんな感触のクッションです。

どうも癒し系のものばかりのようですね。

衝動的に癒し系を求めてるってことは、それなりにストレスを感じてるってことでしょうか。

衝動買い自体がストレス発散になってるので二重の癒しをゲットしたのかも。

と、自分の無駄遣い癖を肯定化しようとしてるってバレバレですか?

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、新野菜を見つけたので
♪牛肉と豆苗の芽の炒め物♪.
見てみて♪

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年8月25日 (月)

♪デイリーでGET♪

コンビニでのキャンペーンってイロイロあるけど、いつも頑張ってるなと思うのが「デイリー」

今回のもなかなか高得点だと思います。

モダンペットのペンケースです。

明治のお菓子2個を買うともれなく頂けます。

Photo_2 120円台のお菓子からあるので250円でGETできます。

このペンケース、マチ部分が厚くて沢山入りそう。

ペンケース以外でも使い道が多そうです。

色がピンクとサックスの2種類ありました。

こういうのに誘われて無駄に甘いものを食べちゃうんですよね(^┰^;)ゞ

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、アボガドをソースに仕立てた
♪アボガドきゃべつ和え♪.
見てみて♪

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年8月24日 (日)

♪ベガスの恋に勝つルール♪

Photo_4 ちょっと重めの映画のあとはお気楽な映画を!
って訳ではないですがラブコメ映画です。

おはなしは・・・
フィアンセに「君のハイテンションには付いていけない」とフラれてしまったキャリアウーマン、ジョイ(キャメロン・ディアス)は憂さを晴らしに親友とともにラスベガスへ。
一方、木工職人のジャック(アシュトン・カッチャー)は仕事中にサボっていたことが見つかり仕事をクビに。当面の資金を稼ぎに友人とラスベガスへ向かう。
そんな2組がラスベガスのホテルの手違いで部屋をダブルブッキングされてしまう。
ホテルにクレームをつけたジョイとジャックは意気投合。ラスベガスの夜を大いに満喫・・・いつのまにやら泥酔し、いつの間にやら結婚してしまっていた。
正気に戻った2人は結婚を無効にしようとするが、その諍い中、スロットで300万ドルを稼ぎ、互いに大金の所有権を主張することに……。

この大金を得るために二人は仮想夫婦生活を送ることになるのですが、この二人の大バトルが可笑しい~~~!
途中でこっちが少し疲れるほど、ドタバタやってくれます。
お下品ネタも多くて、どっちかというと吉本新喜劇っぽいかも。

でもやはり美男美女。
二人のダンスシーンはうっとりするほど美しい。
いいな~。キレイな人は何をやってもサマになる。

ストーリーとしては単純明快。想像を裏切らないです。
出来れば、ちょっとは裏切ってほしいかな~って思ってしまいました。

純粋に笑いたい方にはお勧めの映画ですよ

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、簡単なのに豪華に見える
♪トンテキ・ショウガ焼き風♪
見てみて♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年8月22日 (金)

♪スカイ・クロラ♪

Photo_3 森博嗣さんの全5巻完結の超大作の第1巻を映画化したものだそうです。

おはなしは・・・
全くの平和が訪れた世界。
人々に生を実感するために行われるショー。それは「戦争」
その「戦争」で戦闘機に乗って戦うのは“キルドレ”と呼ばれる永遠に歳を取らない子どもたち。

元エースパイロットの女性指揮官・草薙水素(菊地凛子)の基地に、前任者が死亡したため、エースパイロット・函南優一(加瀬亮)が赴任してきた。
やがて優一と水素は惹かれあうのだが・・・

切ないお話です。
仕事だからと戦闘機に乗り込み戦う子供たち。
この「戦争」というショーには企業のスポンサーがついています。大人たちはTVでこの戦いを観戦し盛り上がるのです。
あくまでもショーであるため完全な勝利はありえません。ティーチャーと呼ばれる大人の戦闘機乗りが配されており、キルドレはこのティーチャーには絶対に勝つことができないのです。

キルドレたちには、はっきりした過去の記憶がなく、何故自分がキルドレなのか、何故キルドレは大人になれないのかが理解できずにいます。
大抵は気付く前に死が訪れるから・・・でもエースパイロットだった水素は長く生き、多くを見てきてしまった。その結果、永遠の命を与えられながら未来がないことを知ってしまうのです。

空や風景、戦闘機を描いた戦闘シーンの映像は実写かと思うほど緻密で精巧、とにかく美しいです。
それに反して人物などは平面的でマンガちっく。
この対比ってリアルとバーチャルの使い分け。更に「生」を感じている時と「生」を諦めてる時の使い分け。
最初は???って思ったのですが、それに気付いてからは益々スクリーンに釘付けになってしまいました。

人の死を目の当たりにしないと自分が生きてる実感がないって設定が悲しい。
人って平和ななかでは幸せに生きられないのだろうか。

最初に「切ない」って言いました。
でもラストには少しの光が見えました。

今までの押井守監督作品とは一味違います。

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、冷蔵庫のお掃除
♪きのこと鶏の炒めもの♪.
見てみて♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年8月21日 (木)

♪鶴見緑地公園プール♪

1 よく行く植物園がある鶴見緑地公園。
お盆休みに植物園ではなく併設されているプールへ行ってきましたsweat01

到着と同時に目に入ったのは凄い行列 (゜д゜lll)
待ち時間「1時間」って・・・テンションがた落ちですよ・・・down

と、落ち込んでても仕方がないので、カキ氷買ってきて食べたり、順番にお花を見に行ったりしてるうちに時間が過ぎて、そんなに苦痛もなくプールへGO!cd

こちらは全天候型の室内プール。
紫外線に弱い私には嬉しい限り。
水温も30℃に設定されているので冷た過ぎることもなく快適。
端っこは室外になっていて日光浴もちゃんと出来ますsun
でもやはり人が多くて・・・
後半は2階部分に設けられたジャグジー&サウナ(温度はかなり低め)で癒されてました。

3_3    家に帰ってTVを見たら、このプールがニュースになっていて
「ガソリン高騰などの影響を受けて、近場のレジャー施設に人が集中してる」って入場待ちの行列が映し出されてました。
ニュースになるほど混雑してるとこに、わざわざ出掛けてしまっていたようです  ( ̄ω ̄;)!!

と言いながらも、お水の中はやはり気持ちがいい。
体をポカンと浮かして青空を眺めているだけでストレスなんて体から溶け出していくようですconfident

少し落ち着いたころにまた行ってみたいなと思ってます。

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、料理ベタの
♪牛ニラ炒め♪.
見てみて♪

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年8月20日 (水)

♪夏の花・進化系♪

Photo_2 「ダーウィン展」を見たあと、隣接する「長居植物園」をぶらりとしてみました。

暑いこの季節、やはりお花も少なめ。

そんななかで鮮やかに咲いているのは「サルスベリ」の木。

別名「百日紅」と言うだけに鮮やかな赤いお花が目立ちました。

一緒に行った母が「あれ?」って言うので何かなと思ったら・・・

赤と白のお花が混じった木がありました。

白いお花は、赤のお花から突然変異したのだそうで(逆だったかも)、こうやって同じ木に両方が咲くのはとても珍しいことなのだそうです。

3_2 あと、やはり夏と言えば「向日葵」ですよね。

この間HPで「咲き始めました」とあったので、丁度綺麗なのではと思ったのですが、少し遅かったかもしれません。

それとも暑すぎて元気がなかったのかな?

最近は背の低い「ミニ向日葵」が主流のようで、背の高い向日葵を見るのは久しぶりです。

しかも3メートルはあろうかという・・・もっとあるのかな?・・・

こんなに大きい子は初めて見るかも。

2_3 母。小人に見えます(笑)

向日葵もお日様をた~んと浴びようとどんどん背が高くなったのでしょうね。

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、お酢の効果でさっぱりです
♪ネギと手羽元の黒酢煮♪.
見てみて♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年8月19日 (火)

♪ダーウィン展 「進化」発見の旅へ! ♪

Photo_2 「大阪市立自然史博物館」にて行われていました。

「ダーウィンの進化論」ってよく耳にするけど、「で何?」って聞かれるとイマイチ分かってなかったりしてσ(^◇^;)
ということで見てきました。
夏休みということで子供の自由研究にとの企画かと思いきや、大人が十分に楽しめる内容でした。

昆虫マニアだった少年時代から進化論の発表に至るまでの経過をダーウィンの考え方の発展を追うように紹介されていました。
裕福な家庭に育ち(なんと母親は、あのウェッジウッド社の娘)、牧師になるべく進学したケンブリッジ大学で植物学と地質学に夢中になってしまったダーウィン。
その後、1831年、人生に大きな影響を与えた「ビーグル号」での5年間の世界航海。その時に立ち寄った南米のガラパゴス諸島で、独自の進化を遂げた植物や生物が生息するのを見て進化論の着想を得るのです。
その約20年後の1859年、「種の起源」を出版。
「地球上のすべての種は同じ起源を持つ」という共通起源説を唱えたのです。

今だと常識と思える「変異」による「進化」
でもこの時代ではそれを唱えることは異教徒とみなされた時代。
あくまでも人は人として神が作りたもうたもの。
決して猿が進化して人になるはずなどないのです。
なので多くの反論を受け、長い苦悩の日々を送ることになったのですって。

ゾウガメの甲羅の微妙な形の違い。
私だったら「個性だな」で済ませてしまうところをダーウィンは「食べ物のある場所」に合わせて変化したと考えるのです。
「高いところのものを食べなければならない亀の甲羅は首のところが広く開いて首が伸ばしやすくなってる」とかって。
他にも、こうもりの羽のところの骨格は人と似通ってるとか。
目の付け所がちがうのですね。

今回の展示はそういう目の付け所の違うダーウィンの視点で動物や植物を見ることが出来る楽しいものでした。

大阪では9月21日(日)までの開催です。

ダーウィンと言えば先日観た「ダーウィンの悪夢」って映画を思い出すのですが・・・
 数百種の固有種のすみかで、“ダーウィンの箱庭”と呼ばれていたヴィクトリア湖に放たれた外来魚が巻き起こす悪夢を追ったドキュメンタリー映画。
外来魚は食用となりヨーロッパや日本に向けて輸出されますが、湖は生態系が崩れてしまいます。輸出業に関わる者は富み、それ以外は貧困に苦しむという格差が生まれてしまうのです。売春婦、エイズ、ストリートチルドレン……貧困による哀しい現実がここで起こってしまいます。
そして、魚を運びだすためにアフリカにやってくる飛行機。その飛行機は武器を積んでやってきて、その武器をタンザニアなどに下ろし、そして空になった飛行機に魚を積んで飛び去るのです。

私たちの食卓に載る白身のお魚。巡り巡って戦争のお手伝いをしているのかも。
こういう話を聞くと、私たちはちゃんと進化できているのか・・・不安になってしまいます(;´Д`)

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、ブロッコリーとたらこの相性がバッチリです。
♪ブロッコリーのたらこドレッシング♪
見てみて♪

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2008年8月18日 (月)

♪うり・瓜♪

Photo 母が屋上に「蒔く」と言うよりは「ばら撒いてる」種たち。

美味しかった果物やお野菜の種を取っておいては、あちこちに植えているようです。

なのである日、予想外の産物を目にすることに。

そのたびに驚くというか、呆れるというか(笑)

今回は西瓜。

ぶら下がっています。

今で12~3cmほどまで育ってます。

茎が茶色く変色するまで待たないとダメらしいので、もう少し大きくなるのかも。

これは楽しみ。

よく見ると、まだ5cmほどのも3個ありました。

甘く育ってくれるのでしょうか?

これはワクワクです。

Photo_2 そしてその横には・・・

コレってゴーヤ!

まだ5cmほどなのですが大きくなってくれるのでしょうか?

このゴーヤも3個ほどありました。

この子はちゃんと苦く(≧ω≦*)育ってくれるのかな?

土も少なくてカンカン照りのなか、こうやって育ってくれるなんて、ぜひとも美味しく頂きたいなと思ったりするのです。

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜
☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、お野菜たっぷり
♪キャベツと鮭の重ね煮♪
見てみて♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年8月17日 (日)

♪インクレディブル・ハルク♪

Photo_11 会社の先輩に誘われて観てきました。
先輩は昔TVドラマでやっていたのが随分と面白かったらしく
「絶対に面白いから!!!」と力説。
先輩が盛り上がるのと反比例して私はちょっとシラケムードだったのですが・・・

おはなしは・・・
ブルース・バナー博士(エドワード・ノートン)は、ブラジルのジュース工場で身元を偽り働いていた。彼は以前、軍人の肉体改造の研究をしており、その生体実験に自らの体を使ったがために心拍数が上ると緑色の巨人ハルクに変身する能力を身に着けてしまったのだ。
何とか元の体に戻りたいと願うブルースだったが、そんな彼の血清を利用して軍人を軍事武器に仕立てようと目論む将軍の魔の手が伸びる・・・

ブルース演じるエドワード・ノートンのイメージは知的で物静かな男性。
その彼がアメコミヒーローのハルクって!って思ってたのですが、ブルースって正しくエドワード・ノートンのイメージのまんまなんですね。
他のヒーロー物と違ってハルクは単なる破壊者であって、ブルースは変身したくはないと望み、自分の身に起こったことに苦しみを感じているのです。
しかしそんな彼が愛する女性のために身を投げ打って・・・

ハルクの映像がちょっと漫画ちっくで「どうなのよ」と思ったりしてたのですが、それも観てるうちにコレはコレでいいのだと思えてきます。
ちょっとラブリーなとこが愛すべき存在に感じます(笑)

数奇な運命を背負ってしまった男のドラマ。
恋愛あり、格闘あり、クスっと笑えるところも結構あって娯楽作品としてはかなりいい出来です。

これ、完璧に次回作ありって感じです。
楽しみがまた増えました (≧▽≦)

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、簡単すぎてゴメンなさい
♪もやしの昆布和え♪
見てみて♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年8月15日 (金)

♪イチヂク♪

Photo_9 ご近所を歩いていて、何だかいい香りがするなと思ったら

イチヂクが生っていました。

小さい頃、お隣に住んでいるお婆ちゃんが庭で育てたのをよくくださった。

独特の香りと甘い果肉。

夏の宵。

縁側に腰掛けて、お洋服を汚さないようにって顔を前に突き出しながら

鼻の頭に付いた果汁がちょっと気になるけど、それでも齧り付いてた(笑)

香りに呼ばれて少しタイムスリップしてしまいました(^┰^;)ゞ

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、あっさり、さっぱり
♪鶏ささみときゅうりの中華和え♪
見てみて♪

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年8月14日 (木)

♪曾お祖母ちゃんの味♪

Photo_7 この時期になると「すもも、すもも」と母がうるさい。

ソルダムや大石早生はよく見かけるのですが母の頭にある「すもも」はあまり売られていないようです。

少し実が硬く、カリカリした食感で酸味が強いものを求めているようなのです。

何故、そんなに拘るのかっていうと、どうやらそれは母のお祖母ちゃんの味なのだそうです。

母は小さい頃に母親を亡くしているのでお祖母ちゃんがお母さん代わりなのかもしれません。

そのお祖母ちゃんが「すもも」を作っていて、おやつにいつも与えてくれてたのですって。

その味が忘れられずに毎年うるさいのです(笑)

ということで私にとってはコレは曾お祖母ちゃんの味。

そうそう私にとっての曾お祖母ちゃんの味がもう一つ。

二杯酢で食べるお素麺。美味しいんですよコレが。

こうやって味が引き継がれていくのってなんだか楽しい。

わたしもいつか娘にお話をしながら味わえる日を迎えたいなと思ったりするのでした。

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、曾お祖母ちゃんの味
♪冷やしそうめん♪
見てみて♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年8月13日 (水)

♪蛍♪

Photo_4 吉村 昭(著) 中央公論社

今年の初夏に公開された映画「休暇」の原作が収められている短編集です。
映画「休暇」は気になっていたのですが結局、観る機会がなかったので本を読もうと思いました。

お話は・・・
<休暇>
看守という仕事柄、婚期を逸していた男は紹介で子供のいる女性と結婚することに。
結婚直前に上司から処刑の「支え役」を募集するとの話が。
誰もが嫌の「支え役」をすれば特別休暇が与えられる。
男は新しく迎える妻との時間を持つため「支え役」に志願する。
<蛍>
男の兄の次男坊が溺れて亡くなったとの知らせが入る。
実家に帰った彼が聞いた事故の状況、それは長男が次男坊を死なせてしまったというものだった。
男は長男と共に一夜を過ごすことになり、幼い弟を川で事故死させた少年の心の中を垣間見ることになる・・・

その他、人の死にまつわるお話が7編収められてます。

全体に暗く重いお話ではあるのですが、何処からか小さな灯かりが見えてくるような気がしたのは私だけでしょうか。
人の死によってもたらされる別の生みたいなのを感じました。
人の命ってそうやって繋がっていくのかもしれないなと。

私にはまだ難しかったのかもしれません。
もう少し時を経てからもう一度読んでみたいなと思いました。

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、あっさりさっぱりのパスタです。
♪スパゲッティサラダ♪
見てみて♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月12日 (火)

♪ゼロ♪

Photo_3 最近、流行ってるのですね。
「カロリーゼロ」
コーラにコーヒー。
そしてスポーツドリンク。

わたしは一度、熱中症になったことがあるので、夏場は水分をマメに摂るようにしてます。
やはりアイソトニック系が吸収がいいと聞いてはいても、その糖分を考えると・・・なかなか手が出ませんでした。
こういうので急性糖尿病になる人がいるって聞いてから怖くって・・・

で見つけたのがこれ。

これなら糖分は気にせず、心置きなくゴクゴク飲めそうです。

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、苦味が苦手な人には辛いかも・・・
♪ゴーヤチャンプルー♪
見てみて♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年8月11日 (月)

♪やさぐれぱんだ♪

Photo 山賊(著)

WEB上から火がつき出版へ展開された「やさぐれぱんだ」
青年とぱんだの織り成す
シュールな4コマギャグマンガ集です。

堺雅人(青年)×生瀬勝久(ぱんだの声)で実写化!されたDVDが出ていてとても気になっていたんです。
で今回、漫画本が文庫化されたということで読んでみました。

いや~。ゆる~いお話に何とも癒されます。

言葉遊び的な会話が中心で
二人の会話の「間」がなんともいいんです。

2 =大予言=

ぱんだ「怪しい空だ・・・」

ぱんだ「天空に輝く、光輝く星。光を放つ惑星を暗黒なる雲が襲う時、大地の光はやがて奪われ、大気は薄暗く姿を変えゆくだろう。降り注ぐ流れに、人々は逃げ惑うだろう」

ぱんだ「・・・・・・・・」
青年「・・・・・・・・」

青年「晴れのち雨、てことですよね」
ぱんだ「てことです」

みたいな。

本来ならアイドルであるべき存在のぱんだ。
それが、正しくやさぐれな・・・無気力でいい加減で、投げやりな・・・ぱんだになっちゃてるってことだけで
「ムフフ(m~ー~)」
と笑ってしまう。

これ、やっぱDVDを観たいな~。
絶対にハマりそうです。

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、たぶん低カロリー
♪オカラ餃子♪
見てみて♪

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年8月10日 (日)

♪闇の子供たち♪

Photo_4 予告を観て、痛そうだし、どうしようかな~って思ったのですが、やはり気になって・・・
「血と骨」と同じ梁石日さんの本が原作です。

おはなしは・・・
日本新聞社のバンコク支局駐在の南部(江口洋介)は、東京本社からタイの臓器密売の調査を依頼される。が調べていくうちに臓器は生きた子供から提供されるという情報を得、何とか阻止したいという気持ちに突き動かされる。
一方、恵子(宮崎あおい)はボランティアとしてバンコクの社会福祉センターで活動を始める。そんなある日、スラム街で姿を見せなくなった少女からの手紙が見つかる。彼女は父親に児童性愛者相手の売春宿に売り飛ばされていたのだった。恵子たちは少女を救いに向かうがその組織に阻まれてしまう・・・

幼児売・買春と臓器密売を告発する問題作です。

南部の言葉を借りると「日本はタイと地図で20cmのところ」
たったそれだけの所で実際に起こっている衝撃的な事実。
お金のために子を売る親。
そんな子供を自分の性的欲求のために金で買う日本人を含む外国人。
子供の臓器移植は行えない日本の法律。
わが子を助けたいと、別の命と引き換えだと知りながら、金を積む親。
金儲けのために生きたままの子供を手術台に向かわせる大人。

腐敗しきったタイの裏社会。でもその裏社会を支えているのは我々日本人を含む外国人。そしてその犠牲となっているのがタイの子供たち。
人間のエゴに吐き気を催す。

幼児売・買春と臓器密売なんて自分には関係がないと目を背けるのは簡単。
でも、私たちがこの事実をしっかり受け止めて目を離さないことが解決への糸口になるかもしれない。

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、ちょっと一手間で本格的なお味に
♪中華風レンジ蒸し鶏♪
見てみて♪

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年8月 8日 (金)

♪貧弱♪

Photo_3 今年は屋上で生るイチゴにお目に掛かってないなとは思っていたのですが・・・

何かの話の継ぎ目でふと母が漏らした告白

「今年はイチゴがあまり採れなくて、食べごろのが出来たら、そのつど、その場で食べちゃった」

って、独り占めかよ(`ε´)

ちょっと拗ねたら「今日はまだ2個ほど残ってたかも」

早々、収穫に向かいましたよ。

が、コレ。

ショボ過ぎやしませんか(ノω≦、)

大事に味わって頂きました。意外と甘くて美味しかったので結構満足してしまったのですが(笑)

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、料理が苦手でも大丈夫
♪肉野菜炒め♪.
見てみて♪

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年8月 7日 (木)

♪やり過ぎじゃないですか?♪

17 このミニーちゃんのラブリーなTシャツ。

なんと雑誌「セブンティーン」の付録なんです。

今までもポーチやバッグにショーツなんかはありましたがTシャツって ヽ(゜ロ゜; )

しかもディズニーのキャラクター ヽ(゜ロ゜; )

雑誌を買うお金を出しても普通は買えませんよね。

いくらなんでもコレはどうなのかと思ってしまいます。

こんなのにお金掛けるなら雑誌の単価を下げて欲しいな思ってしまうのですが・・・(`ε´)

しかし粗悪な商品。これ、一緒に白いものを洗うと、きっと黒く染まってしまいますよ(笑)

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、あっさりめの
♪麻婆豆腐♪.
見てみて♪

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年8月 6日 (水)

♪水茄子♪

Photo_4 この時期だけのお茄子。

関西の泉州地方南部で採れるお茄子です。

まるまるした姿もかわいいでしょ~。

このお茄子、名前のまんまなのですが、手でしぼると水がしたたるほど水分の多くて、皮も肉質も柔らかくて、浅漬けに最適。

歯ごたえがとっても良くてサラダ感覚でバクバク食べてしまいます。

関西以外でも売ってるのでしょうか?

もし見つけたらぜひ召し上がってみてください。美味しいよ~。

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、↑の漬け方
♪水茄子の浅漬け♪..
見てみて♪

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年8月 5日 (火)

♪千里眼堕天使のメモリー♪

Photo_2 松岡圭祐(著)     角川書店
千里眼新シリーズ第5弾です。

今回はちょっと軌道が修正されて、やっと前々作の続き的なストーリーに・・・

おはなしは・・・
新宿のハローワーク。求職中の京城麗香は無理な条件ばかりを並べ立て、自分の希望する職がないと分かると、隣に座る赤の他人の幸太郎を引き連れてハローワークを後にし。自分で会社を興すと言い出し、実際にあっと言う間に体裁を整えてしまった。
何がなんだか分からないうちに麗香の部下にされていた幸太郎は気がつけば展示場の車を盗み出す共犯者となり警察に追われる身に・・・
麗香の異常性を聞きつけた臨床心理士の美由紀は彼女を救うべく、彼女の元に向かうが、その途中、東京に震度7の大地震が起こる。
しかしそれはメフィスト・コンサルティングの仕掛けた人工地震だった。
再び美由紀の前に現れたメフィスト・コンサルティングの真の目的は・・・

この異常な女、京城麗香は実は前の「千里眼の水晶体」に出てきた西之原夕子。彼女は前作のラストでメフィスト・コンサルティングに連れ去られ、絶世の美女に整形させられていました。そして今回再び美由紀の前に姿を現します。
が、この夕子。一筋縄ではいかない性格。
「自己愛性人格障害」という設定。
いわゆる自己中心、自分がNo1でなければ嫌で、そう自分に思い込ませるために人をコケ下ろしたり、人が自分の良さを理解出来ないんだと考えたり。自分には優しいけど人には厳しかったり。
いますよね~。こういう人。
子供の頃に十分な愛情を受けることが出来なかった人に多いらしいのですが、どうも同情は出来ないな(`ε´)
この本によると、この「自己愛性人格障害」というのは治らないらしいです。なんかサイテー(;´Д`)

で、今回の美由紀の活躍はメフィスト・コンサルティングが再び人工地震を起こそうとするのを阻止するわけです。
でメフィスト社の特別顧問ジェニファー・レインと戦うわけですが、ちょっと私利私欲に走りがちな馬鹿な女って印象。美由紀の敵じゃないかも d(^_^o)

この新シリーズ、旧シリーズに比べて 内容が少し浅いと感じていたりするのですが、巻末の著者のあとがきで「携帯小説」などを意識していると書かれてました。なんか納得。松岡氏ってホント、世の流れを掴むのが上手い人のようです。
なので、普段、本とかをあまり読まない人や漫画好きの方にも読みやすいと思います。
旧シリーズを知ってる身には少し物足りなさはあるのですが・・・
と言いながら、またもや
・どうやら美由紀は過去の記憶を無くしているらしい。
・美由紀に届けられた赤い積み木はいったい・・・
と、気になる事柄を残して物語が終わるのです。
次回作、読まない訳にはいかないですよね σ(^◇^;)

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、お手軽タイプの
♪フライドチキン♪.
見てみて♪

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年8月 4日 (月)

♪歪(いびつ)♪

Photo_2 洗面台ヨコの棚の具合が悪いと母が言うので「ニトリ」にまで買いに行きました。

自分で組み立てる収納棚を選んで帰宅。

早々、組み立ててみたのですが・・・

なんだか歪んでる?

何度も説明書を見て間違ってないか確認しなおしたけど、間違いようもなく。

でも何か歪・・・( ̄ω ̄;)!!

こんなものなのか?

2_2 最近はIKEAとか自分で組み立てる家具が主流になってるようですが、私はこんなのでも悪戦苦闘。

皆さん、難なく組み立てれてるのでしょうか?

私には絶対に無理です(;´Д`)

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、白いご飯のお供に
♪大葉の醤油漬け♪.
見てみて♪

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年8月 3日 (日)

♪ダークナイト♪

Photo 実はこの映画でジョーカーを演じるヒースの隠れファン。
その彼が今年の1月に突然亡くなってしまって(ノω≦、)
そんな彼の遺作となったコレは何が何でも観なければと思っていました。

おはなしは・・・
悪のはびこるゴッサムシティ。
その日も強盗たちが銀行を襲う。その中の一人、ジョーカー(ヒース・レジャー)は仲間を皆殺しし、大金を奪い去る。
バットマン(クリスチャン・ベイル)はそんな街を守るべく、ジム警部補(ゲイリー・オールドマン)らとともに奮闘していた。
新任地方検事ハーベイ・デント(アーロン・エッカト)もバッドマンを支持しその正義感で犯罪撲滅を誓う。
そんななか資金が絶たれた地元マフィアたちの元にジョーカーが現れ、バッドマンの命と引き換えにマフィアの全資金の半分をよこせと持ちかける。しかしジョーカーの真の目的は金ではなく他にあったのだ・・・

ただのヒーローものだと思って観にいくなかれ。
ジョーカーという男の不気味さにもう釘づけになってしまう。
映画の中では「誰も理解できない」とされていますが、ひょっとしたら彼は誰でも持つ人間の負・悪の部分のみを持っていきてるんじゃないかと思う。
そのジョーカーを見事に演じてるヒースはやっぱり凄い!
半端じゃないです。

2時間半の長い映画ですが山場が何度も訪れて飽くことないです。
ラストに近づくのが辛く感じるほどです。

でも終りがきてしまって・・・
エンドロール
「ヒース・レジャーに捧ぐ」の文字が・・・
もう涙が出て止まらなくって、どうしようかと思ってしまいました。
それほどヒースの演じるジョーカーが素晴らしいのです。

ヒース・レジャー。あ~期待していた俳優さんなだけにホントに残念です。
離婚などの心労から不眠症に陥り薬物を多様したのが原因らしいです。繊細な方だったのでしょうね。まだ28歳。早すぎます。
彼の代表作「ブロークバック・マウンテン」同性愛を描いた映画なのですが、イヤらしさな
んて微塵もない、気骨のある西部の男性が自分の気持ちの変化に戸惑い苦しむ姿を見事に演じてます。
素顔で演じてる彼もぜひ観てほしいな~。ほんとにいい役者さんです。
重ね重ね残念です。

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜
☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、色合いも綺麗
♪人参とミツバのお浸し♪.
見てみて♪

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年8月 1日 (金)

♪マリモッコリジュース♪

Photo_2 売り場で見つけて、思わずニタリ( ̄∀ ̄)

ジュースのキャップ部分が『マリモッコリ』になってます。

なんとも怪しげなグリーンのボトルに「中身は何?」って思ったら、普通のアップルジュースのようであります。

なら安心と即買いです。

オリンピックに合わせてでしょうか、この野球バージョンの他には水泳バージョンや柔道バージョンもありました。

トリノオリンピック前にフィギュアスケートの安藤美姫ちゃんが携帯に付けてて話題にもなってたし、スポーツには縁があるのかも。

でもこのボトル、手に持ってるとちょっと恥ずかしいです σ(^◇^;)

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、あっさり
♪チキンハンバーグ♪.
見てみて♪

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »