« ♪千里眼 ミッドタウンタワーの迷宮♪ | トップページ | ♪男気♪ »

2008年7月17日 (木)

♪マンデラの名もなき看守♪

Photo_2 最近、WOWOWでアフリカ問題を取り上げた映画をよくやってて、んん~~~って考えることも多くって。
この映画もアパルトヘイト政策により、黒人が差別されている1968年の南アフリカを描いた実話なのだそうです。

おはなしは・・・
1968 年アパルトヘイト政策下の南アフリカ共和国。
刑務所の下士官ジェームズ・グレゴリー(ジョセフ・ファインズ)は、最悪のテロリストとされるマンデラ(デニス・ヘイスバート)の担当に抜擢される。
マンデラの生まれ故郷近くで育ったため彼らの言葉がわかるグレゴリーに秘密の文書や会話を監視し報告しろというのだ。
任務に忠実なグレゴリーだったが、マンデラという人物に触れ、彼が自由のために払っている犠牲を知るにつれ、次第にマンデラに魅了され、彼が目指す平等な社会に憧れていく。
しかし、そんな想いが周囲に知られれば、自分の立場も妻子の安全さえも脅かされる。

1962年、反アパルトヘイト運動により反逆罪として逮捕されてから1990年に釈放されるまでの約28年間の中で、マンデラの民族の言語が話せる白人刑務官とのやりとりが描かれています。

私は差別というものが大嫌い。
人を見下すことでしか自分の存在価値を見出せない、そういう人が情けなく、気の毒にさえ思えてしまいます。
でも、この偏見もいつの間にか刷り込まれてしまったものなのですね。

もともと看守のグレゴリーも権力に従順で、差別を仕方がないことと受け止めています。
でも、マンデラたちの考える理想の社会のことが書かれた、「自由憲章」を読み、自分の考えを改め始めます。
しかし、看守という立場は、それを安易には許してはくれない。
やがてグレゴリーは、周囲から反発を受け、家族にも危険が及ぶようになる。
でもグレゴリーは自分で考えることを止めようとはしなかった。

周りに流されることなく、自分の目で見、考え、何が正しいか判断する。
当たり前のことのようだけど、でもとっても難しいこと。勇気のいること。
それをやり遂げたグレゴリーに感動をおぼえました。

人のあるべき姿に出会えたステキな映画でしたよ。

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、少ない素材なので簡単
♪豚とにんにくの芽炒め♪ 
見てみて♪

|

« ♪千里眼 ミッドタウンタワーの迷宮♪ | トップページ | ♪男気♪ »

コメント

こんばんは、あばたさん☆

この手の最近観た映画ではルワンダホテルしかうかば無いのですが、あれも実話だと聞いて酷いな~と思いました。

アフリカは今も貧富差が凄いみたいですね。世界一受けたい授業とかでアフリカの子供の死亡率とか聞くと本当に胸が痛いです。同じ地球で何で差別が出来たのか・・・・人類がつくり出された所からやり直さないとなくなら無い問題なのかも。
たまたま、自分が日本人だっただけで地球の歴史のほんの一瞬しか生きてないのにどうして皆で幸せになれないのか「なんでなのかな~」って思います。

投稿: えんぼう | 2008年7月17日 (木) 21時58分

これ予告をみました。
人種差別のことで、しかも実話だし今だって昔に比べれば
ましになったのかも知れないけど まだまだ差別はあるし、
なんか予告だけでも 重く、目を背けたい映画のような感じでしたが
あばたさんの最後の1行。
〝人のあるべき姿に出会えたステキな映画でしたよ。〟に、ちょっと安心しました。(*^^)

投稿: まにー | 2008年7月18日 (金) 08時53分

 ネルソン・マンデラ氏、28年間も獄中にいながら、自由への意思を失わず、南アフリカ大統領になった人。すごい人物だと思います。南アフリカは、アフリカ大陸に多い腐敗した政府と違い、ただやみくもに白人達を追い払うのではなく、人種差別を乗り越えて国を発展させていきました。
 それほどの人物ですから、この看守のグレゴリーも感化を受けたのでしょうね。

投稿: マサエ。 | 2008年7月18日 (金) 14時18分

♪えんぼうさん、こんにちは♪
それ、ルワンダ大虐殺の映画ですね。まだ観てないですが悲惨なお話みたいですね。
録画して観てない映画の中に「ルワンダの涙」っていうのがあって・・・でも痛そうでまだ観れていません。目を背けててはいけませんね。
自分がされたら嫌なことは人にしない。基本だと思うんだけどね(;´Д`)
人を人として認めたのがほんの最近だなんて信じられません(`ε´)

♪まにーさん、こんにちは♪
虐待的なシーンはあるにはありますが、思ったほど酷くはなかったです。
主人公はあくまで看守。彼の心の変化に重きをおいていました。
その彼も弱いところがあったりして、でもそこが人間らしくて共感できたりしますよ(#^.^#)

♪マサエ。さん、こんにちは♪
ネルソン・マンデラ氏のことは名前は知っていても詳しくは知りませんでした。
この映画ではマンデラ氏のことは詳しくは語られず、看守を通してその偉業を伝えてくれました。
そしてそのマンデラ氏の「平和と平等」を望む気持ちを、間違った情報を刷り込まれがちな人たちに伝える作品に仕上がっていました。
出会えてヨカッタと思える映画でしたよd(^_^o)

投稿: あばた | 2008年7月18日 (金) 18時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131098/41886693

この記事へのトラックバック一覧です: ♪マンデラの名もなき看守♪:

« ♪千里眼 ミッドタウンタワーの迷宮♪ | トップページ | ♪男気♪ »