« ♪グッチョリ♪ | トップページ | ♪歩いても 歩いても♪ »

2008年7月25日 (金)

♪きみの友だち♪

Photo_4 重松清(著) 新潮社

今、同名の映画になって劇場公開されてます。
たぶん、映画は観ないだろうなと思って原作を読むことにしました。
今まで読んだ重松清さんの本のなかでは最高に好きな作品になりました。

おはなしは・・・
午後から雨が降り出したある日の下校時、傘を持ってきていた恵美ちゃんの周りには傘を忘れた友達たちがその傘に入ろうと押し合いへし合い。ちょっとウンザリした恵美ちゃんは前を歩くいつも一人ぼっちの由美ちゃんの傘へ入ろうと飛び出した瞬間、後ろから来た車にぶつかってしまった。
恵美ちゃんは足を骨折、神経もズタズタになって、恐らく一生、松葉杖のお世話になることに。哀しく腹立たしい気持ちをお見舞いに来てくれた友達にぶつけ、気付けば恵美ちゃんも一人ぼっちになっていた。
そんなある日、クラス対抗の縄跳び大会の話となり、足が悪い恵美ちゃんと、体が弱い由美ちゃんが縄の回し手に選ばれた。今まで接点のなかった2人だが、その練習のため話をするように。何をやってもぐずな由香ちゃんだったが、そのキレイな心にいつしか恵美ちゃんの荒んだ心も解されていく。

短編集です。
で、そのお話は全てこの恵美ちゃんと由美ちゃんの周りの子供たちのおはなし。
子供の頃の友達関係のちょっとしたトラブル。そんな経験を通して真の友情を見つけていくっておはなし。

ここに出てくる子供たちは誰もが自分とリンクして、思わず感情移入してしまう。
ううん、子供の頃だけじゃなくって、人間関係って大人になってもやっぱ同じことで悩んでたりしてるかも。

おこりんぼでちょっと冷たくて、でも頭が良くて冷静な判断が出来る恵美ちゃん。
ドジでトロくて、でも世間ズレしてなくて優しい由美ちゃん。
一見、合わない二人だけど、恵美ちゃんと由美ちゃんは同じペースで歩いていける。
そんな友達を見つけたことを心から喜び、生きて行く支えにしてる姿に感動してしまいます。

人ってだれでもいいとこと悪いとこがあって、でもそんなのをひっくるめて受け入れることが出来るっていうのが友達なのかもしれない。
何も無理することなんてないのかも。

自分にとって何が大切か。
そんなことに気付かせてくれるとてもステキな1冊です。

かなりおすすめですよ。

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、なかなかのルックス(笑)
♪鶏ひき肉の薄揚げロール♪.
見てみて♪

|

« ♪グッチョリ♪ | トップページ | ♪歩いても 歩いても♪ »

コメント

映画化も知らなかったのですが あばたさんの感想見て
読みたくなりましたー(^^)v
私も、映画ではなくこの本読んでみようかな~。
あばたさんもオススメされてるしね♫(*^^)v

投稿: まにー | 2008年7月26日 (土) 09時50分

 友達、ずーっとつきあえる友達に出会えるのは、大事なことですね。その人をありのまま受け入れる、そして自分も受け入れてもらえる。そんな関係が作れたら、最高だと思います。
 私にも数少ないですが、高校や大学から続いている友人がいます。大切にしたいなと思います。

投稿: マサエ。 | 2008年7月27日 (日) 10時00分

♪まにーさん、こんにちは♪
映画は大阪もそうなのですが福岡も8月上旬からのようです。
子供が中心のお話なのでキャストも地味だし、あまり知られてないかもしれません。
この本はいいですよ~。なんだか、じわ~って滲みてくるものがあります。
短編だし読みやすいしラストは感動しちゃいますよ (#^.^#)

♪マサエ。さん、こんにちは♪
女性の場合、どうしても広く交友を広げるのは難しいですよね。結婚、出産となると付き合いが中断しちゃったりして。
それでも定期的に連絡を取り合って少しお話すると、もう学生時代と変わらないノリで・・・みたいな、そんな友達っていいですよね。
私も大切にしていきたいなと思います(∩.∩)

投稿: あばた | 2008年7月28日 (月) 10時31分

私も同じくあばたさんの感想を拝見して、すごく読みたくなりました!
重松清さんは以前、友達が「きよしこ」がいいよってすすめてくれたのに、それもまだ読んでなかったわsweat01
この本、文庫も出てるんですね!さっそく探してみたいと思いますhappy01

投稿: 小桃 | 2008年7月28日 (月) 11時18分

♪小桃 さん、こんにちは♪
重松清さんのお話はいつも少し痛くて、そして優しい。
「きよしこ」もとてもいいお話。重松清さんご自身の少年時代のお話で、彼の優しさの原点を見た気がしました。
そしてこの「きみの友だち」もとても優しいのです。
私はいつも電車の中で読むのですが、涙が出そうで我慢するのが大変でした。哀しくってじゃなくて感動の涙なんです。
ぜひ読んでみてくださいね d(o^v^o)b

投稿: あばた | 2008年7月28日 (月) 17時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131098/41967065

この記事へのトラックバック一覧です: ♪きみの友だち♪:

« ♪グッチョリ♪ | トップページ | ♪歩いても 歩いても♪ »