« ♪梅~♪ | トップページ | ♪枇杷♪ »

2008年7月 9日 (水)

♪千里眼の水晶体♪

Photo_2 松岡圭祐(著) 角川文庫 

新シリーズの第3作目。
本が薄いからサクサク読めてしまう。

おはなしは・・・
戦時中に日本軍が開発した生物科学兵器“冠摩”。
すでにアメリカ軍に撤収され、日本に保管されていたものが盗み出され、散布された。
高温でなければ活性化しないはずのウィルスが気候温暖化により猛威をふるい、美由紀の親友の藍にも感染する。
感染から死に至るまでの時間はわずか数日。
ワクチンを手に入れるため、美由紀はウィルスを保管場所から盗み出した真犯人を追うが......。

今回の敵はウィルス。
旧日本軍が作った生物科学兵器。
核も怖いけど、じわじわってやってくるウィルスも怖いな~。
核と違ってこっそり開発できそうだし。
どっかの国は核を放棄しても秘密裏にこんなのを作ってそうノ´Д`)ノ

で主役の美由紀はというと、前シリーズの美由紀に比べて、少し人間っぽいんです。
親友の登場で人間関係の悩みが浮き彫りになったり、千里眼も見る角度によっては過った判断になったりと、完全無欠とはいかない。
そこにリアリティーがあるのでしょうが、ちょっと物足りなさも感じちゃうかも。

ただラストでは、また気になる人物が出てきて・・・
となると、次回作を読まないわけにはいかないでしょ。

「千里眼」連鎖読みは更に続くのでした・・・。

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、ご馳走とご馳走のコラボ
♪長芋の梅あえ♪
見てみて♪

|

« ♪梅~♪ | トップページ | ♪枇杷♪ »

コメント

 旧日本軍が作った生物化学兵器ですか。
 以前、森村誠一の「悪魔の飽食」を読んだことがあります。震えがくる内容でした。731部隊で行われていたこと、真実かどうか問題点もあるらしいのですが、それらしい研究が行われていたことは事実のようです。
 生物兵器は核と違って、安価?で小さな組織でもできることから、いろいろな試みがでてくるかもしれませんね。とっても怖いことだと思います。

投稿: マサエ。 | 2008年7月10日 (木) 10時16分

♪マサエ。さん、こんにちは♪
「悪魔の飽食」って怖そうですね(゜д゜lll)
生物兵器。ウィルス自体はすぐに培養できそうですもんね。
それのワクチンが開発できるかどうかだけなのと、そのワクチンをいかにして味方に普及させるかってことですもんね。
国単位で考えれば難しいかもしれないですが、少数のテロって考えると十分ありえる\(#><)/
人間ってとことんバカだなと思います。

投稿: あばた | 2008年7月10日 (木) 17時54分

生物兵器といえばオウム真理教が炭素菌を使用したテロを行いましたね。幸い失敗しましたが。知識があれば大掛かりな設備無しに生産できるので本当にぶっそうですdespair

「悪魔の飽食」、角川の改訂版の方を呼んだことがあります。
そのときは内容に戦慄した覚えがあるんですが、後に調べてみるとどうもノンフィクションとしては問題のある本のようです。
光文社から初版が発行されたとき、矛盾する証言や、医学的にありえない現象、関係のない証拠写真などが指摘され、改訂版でそれらを修正したようです。
もし読まれるなら、そのところを留意して読むことをお勧めします。

投稿: tkc | 2008年7月10日 (木) 21時21分

♪ tkc さん、こんにちは♪
オウム真理教!そういうテロが怖いですよね。最近はニュースでも新たな恐怖としてウィルスとかを取り上げてるのが多いし、絵空事ではない気がしてきました。

「悪魔の飽食」って本の存在自体を知らなかったのですが、何も知らずに読んだら泣いちゃったかも(笑)
たとえこのお話がフィクションだとしても、そういうことが出来たかもしれないってお話なのですね。やっぱオッカナイ\(#><)/

投稿: あばた | 2008年7月11日 (金) 17時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131098/41786247

この記事へのトラックバック一覧です: ♪千里眼の水晶体♪:

« ♪梅~♪ | トップページ | ♪枇杷♪ »