« ♪いらっしゃいまし~♪ | トップページ | ♪グッチョリ♪ »

2008年7月23日 (水)

♪震度0(ゼロ)♪

0 横山秀夫(著) 朝日文庫  
「クライマーズ・ハイ」 の著者である横山 秀夫氏による刑事ドラマ。
組織と個人の本質を鋭くえぐる本格警察サスペンスになってます。

おはなしは・・・
阪神大震災のさなか、700km離れたN県警本部の警務課長の不破義人が失踪した。
県警の事情に精通し、人望も厚い不破がなぜ姿を消したのか? 
本部長の椎野勝巳をはじめ、椎野と敵対するキャリア組の冬木警務部長、準キャリアの堀川警備部長、叩き上げの藤巻刑事部長など、県警幹部の利害と思惑が錯綜する。
ホステス殺し、交通違反のもみ消し、四年前の選挙違反事件なども絡まり、解決の糸口がなかなか掴めない……。

県警内部での昇進をかけた キャリア組みノンキャリア組みの6名のそれぞれの思惑・・・
行方不明の同僚の安否を気遣うより自分の昇進、県警の不祥事発覚に繋がらないかと 様々な思惑が交差し、醜い人間模様の描写になってます。
本部長の椎野勝巳は自身の不祥事の発覚を危惧し、キャリア組の冬木警務部長は出世を、叩き上げの藤巻刑事部長は天下り先をとそれぞれが私利私欲の塊。
誰よりも速く事件の糸口を掴み、万が一自分に不利な事実が出てくるようなら揉み消す勢いで敵対するのです。
その腹の探り合い、足の引っ張り合いはすごいです。
なんか警察版「渡る世間は鬼ばかり」みたい(笑)

熱くない刑事の醜い争い。ちょっと怖い(;´Д`)

ラストは大ドンデン返しの展開で最後まで気が抜けない内容。

いつもの横山秀夫氏のお話とはちょっと趣が違うのですがこれはこれで面白かったです。

これ、WOWOWでドラマ化されたのがDVDになってるので、本が苦手な方はそちらで楽しんでみてもいいのではないでしょうか。(ちょっと内容は違ってますが・・・)

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、お弁当のおかずにもいい
♪ゴボウの豚肉巻き♪
見てみて♪

|

« ♪いらっしゃいまし~♪ | トップページ | ♪グッチョリ♪ »

コメント

キャリアの出世競争ってすごく激しいそうですね。
若いうちから国の政策に関わる責任の重い仕事をふられて、それができて当たりまえ。毎日深夜の1時2時まで働いて土日も出勤。ミスをしたり部下が不祥事を起こせば即出世コースから外される。
官僚になれるような人は、遥かに高い報酬と健全な職場環境の民間に転職できるようで、官僚を辞めて民間に転職する人が多いそうです。

投稿: tkc | 2008年7月23日 (水) 21時01分

♪tkcさん、こんにちは♪
ここまで来ると民間のほうがラクだったりするのですね。でも、こういう人たちって民間で通用するんだろうか?頭がいい人は何でも上手く出来ちゃうものなのかな~?

>ミスをしたり部下が不祥事を起こせば即出世コースから外される。

そういうことだから隠蔽体質とか保身に走る人が多くなっちゃうような気も・・・
優秀な人材がちゃんと国を運営できるような環境が必要なのかもしれないですね。

投稿: あばた | 2008年7月24日 (木) 17時42分

あ、「震度0」だ!舞台、視点が次々に変わって行く、面白い構成のストーリー展開でしたね。(しかし私は最初、各人物の人となりや人物関係を把握するのに時間がかかりましたcoldsweats01
そしてストーリー進行中、失踪した不破自身のことを心配する人はいなかった。まして冒頭で起こった阪神大震災のことなんか誰も考えていなかった。人間って、自分中心な生き物ですね・・・despair

投稿: FUH | 2008年7月25日 (金) 09時35分

♪FUHさん、こんにちは♪
私も私も。最初は巻頭の組織図に戻って確認ばかりしてました(^◇^;
そっちのけなんですよね~。こやつら。
純キャリアだけがまだマシってくらいで、夫人たちも含めて大変な人ばかり(`ε´)
こんな環境で生活してたら体がもちませんよね(笑)

投稿: あばた | 2008年7月25日 (金) 17時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131098/41948572

この記事へのトラックバック一覧です: ♪震度0(ゼロ)♪:

« ♪いらっしゃいまし~♪ | トップページ | ♪グッチョリ♪ »