« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月31日 (木)

♪赤い風船・白い馬♪

Photo_2 【赤い風船】は1956年、【白い馬】は1953年にそれぞれカンヌ国際映画祭で受賞した名作。
共に1953年のカンヌ国際映画祭でグランプリに輝いたアルベール・ラモリス監督による作品です。
各界の著名人が影響を受けたと言われている映画にも関わらず、日本では殆ど観る機会がなかったのだそうです。
それを今回、デジタルリマスター版で復活させたということで、興味津々、観てきました。

おはなしは・・・
【白い馬】
南仏カマルグの荒地に、野生馬の一群が生息していた。地元の牧童たちは群れのリーダー、“白いたてがみ”を何とかして捕らえようとするが、逃げられるばかり。
少年フォルコ(アラン・エムリイ)は年老いた祖父と幼い弟との生活を漁で支えていた。
ある日、フォルコは“白いたてがみ”の姿を見かけ、その魅力にとりつかれ、何とかして手に入れたいと願う。
フォルコは“白いたてがみ”に縄を掛け捕らえようとするが走り出した“白いたてがみ”に引きずられてしまう。

【赤い風船】
ある朝、赤い風船が街灯に引っ掛かっているのを見つけた少年パスカル(パスカル・ラモリス)。
街灯によじ登って風船を手に取った彼は、しっかり握ったまま風船と一緒に過ごすように。
だが、しばらくすると、風船は手を離してもパスカルの行く先々についてくるようになる。
そんなパスカルと風船を町のいたずらっ子たちが追うが……。

少年と馬、少年と風船の友情のお話。

「白い馬」の感想
家族を養う少年。群れを守るリーダーである馬。どこか通じるところがあったのではないでしょうか。
お互いのことが分かるから惹かれあい、そして助け合う。そこに友情が生まれてもなんら不思議はありません。
この映画はモノクロ映像。なので白い馬の美しさがより一層引き立ちます。
少ないセリフなのですが、風景を含めた映像の美しさに酔いしれることができるはず。
そしてフォルコ少年が何とも美しい!
その彼の姿を見れただけでもこの映画を観た価値はあるかも。

「赤い風船」の感想
何ともかわいい。
少年に子犬のようにまとわりつく赤い風船。
ユーモラスで、微笑ましくって、悪ガキでなくてもこんな風船が欲しくなってしまいます。
この少年も両親がいないのかも。いつもおばあさんと一緒。
彼の心の中に潜む孤独に風船が寄り添ってくれてるのではって思えました。
そして50年前のパリの少しセピアな印象を受ける風景に風船の赤が引き立ってとても美しい。
そして、そしてラスト。幻想的でかわいくって美しくて。
この映像に取り憑かれたって人たちの気持ちが分かります。

2作とも40分弱の短い映画。
ストーリーはシンプルでお話というよりは詩のような、そんな印象を持ちました。
観終わってからもじわじわと込上げてくるものがある、いつまでも心に刻んでおきたい、そんな映画でした。

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、不思議と旨い
♪薄揚げ餃子♪.
見てみて♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年7月30日 (水)

♪ジャンパー グリフィンの物語♪

Photo_2 スティーヴン・グールド(著)

映画【ジャンパー】のスピンオフ小説です。

【ジャンパー】を観られた方の中には「主人公のデイヴィー以上に気になった人物が・・・」って人も多かったのでは?
そうデイヴィーの敵か味方か定かでないもう一人のジャンパー<グリフィン>
ジャンパーを狙うパラディンのことをよく知り、ジャンパーとして生きて行く術にも長けている彼。
その<グリフィン>の物語です。

おはなしは・・・
5歳にしてテレポーテーション能力を身に着けてしまったイギリス人の少年グリフィンは聡明な父母の元、その事実を隠し、各地を転々としたすえ、アメリカに移住する。そして、よもやのことを想定し、身を守る術を訓練していた。
が、ある日、ジャンパーを殺そうとする謎の組織が、ついに一家の居場所をつきとめ父母を殺害してしまう。グリフィンはジャンプで別の土地に逃げ、新生活を送りはじめるが、そこにも敵は迫りつつあった……

父母を殺され天涯孤独になったグリフィン。
何者かに命を狙われる・・・そんな彼が生きて行くには生半可な知恵や精神力では無理。
彼は優しい友人たちに出会い支えられながら、自分の頭を使い、精一杯生きようとします。
皮肉な運命を辿るグリフィンが、次第に逞しくなってゆく姿を見るのは嬉しいし、優しい人との出会いには心温まるものも・・・。
でも一人の少年をそこまで強くしてるのが「復讐心」だと思うと哀しくもあります。

これでグリフィンの過去は解ったけど、ジャンパーの次のお話はまだ日本語訳されたのが出てないし、気になって仕方がない。
どうもデイヴィーがパラディンに捕まって、デイヴィーの彼女のミリーが大活躍するらしいんだけど。

映画の続編はまだまだ先になるのかな~?

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、シャキシャキ感が旨いです
♪キャベツの一夜漬け♪.
見てみて♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年7月29日 (火)

♪千里眼の教室♪

Photo_3 松岡 圭祐(著) 角川文庫

千里眼の新シリーズ第五弾。
今回の敵は日本の教育現場。
いじめや必修科目の履修漏れなど、今実際に起きている問題を解決しちゃう?

おはなしは・・・
脳神経科医・五十嵐哲治は「いじめが発生する原因は酸素が欠乏し前頭葉に異常をきたすことに起因する」と斬新な説をとなえる。
が五十嵐の説は、誰からも黙殺されてしまう。そこで彼は、彼の息子・聡が通う氏神工業高校に爆発物を仕掛けその研究結果を証明しようという強硬手段に出る。
美由紀はそれを阻止しようと氏神工業高校に向かうが時既に遅し、爆発は起きてしまう。が、その爆弾は高校生の体には被害がなかったが、生徒たちが学校に立てこもり、ひとつの国家を作るという事態を引き起こしてしまう。生徒会長の菊池は彼らの国の独立を認めるように要求し、もし妨害するならば生徒をひとりずつ粛清していくと大人たちに告げる。

今回のおはなしは、今までとは趣が異なり、岬美由紀の派手なアクションも少なめ。
あっ。でも最初に美由紀が五十嵐を追って名古屋駅周辺を駆け回るシーンはちょっとエキサイトしてしまいました。
私も知ってるあの地下街とかをグチャグチャに壊してしまって、ナナちゃんも壊れちゃう(涙)
これじゃ~ゴジラ襲来と変わんないじゃんって(笑)

で、中心となるのは生徒たちが作り上げる『氏神高校国』のおはなし。
子供たちは自分たちで未来を切り拓こうと、いじめっ子には制裁を与え治安を維持し、それぞれの生徒の得意分野を生かした独自の経済システムを確立、子供の視点から考え出された勉強方で学習し、生活の知恵を振り絞って共同生活を送っていきます。
彼らは自らの行動によって、大人たちに本来あるべき民主主義や教育現場の姿を見せつけ、それが正しいことだと証明しようとするのです。

このおはなし、ホントは嵯峨敏也を主人公にした「催眠」シリーズで刊行される予定だったそうです。それを全面改稿して千里眼シリーズに変更したんですって。ちょっと納得。でも改稿前の嵯峨バージョンも読んでみたいと思ってしまう。(実は嵯峨ファンだったりする:照;)

いつもの岬美由紀を期待したら肩透かしかもしれませんが、これはこれで読み物としてはおもしろかったですよ。

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、香りもご馳走
♪鰆のホイル焼き♪.
見てみて♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年7月28日 (月)

♪夏の空・夏の雲 ♪

Photo_2 昨日は映画を観に新梅田シティーまで出掛けたのですが、「歩いても、歩いても」はとても人気があって、しかも当日券しかないとこなので、少し早めに家を出ました。
2時間前には到着。なのに整理券68番って・・・ ( ̄ω ̄;)!!

時間潰しに屋上の空中庭園展望台へ久しぶりに上ってみました。
暑~い(;´Д`)
でも地上173mに吹く風は流石に強くて・・・日差しを受けた肌には心地よいです。

夏の空

夏の雲

どんどん変化していく雲を眺めながら、
しばし童心に帰って想像力を働かせてみたりして。

でもやっぱ暑い!

20分でギブアップ(-。-;)

階下に下りて冷たい紅茶をいただきながら、くだらないバカ話をして時間を潰しました(^┰^;)ゞ

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、冷蔵庫のお掃除
: ♪中華風野菜炒め♪.
見てみて♪

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年7月27日 (日)

♪歩いても 歩いても♪

Photo 映画館の予告を観て、これ面白そうって感じちゃいました。
阿部寛、夏川結衣、樹木希林、原田芳雄って顔ぶれも魅力的でしょ~。

おはなしは・・・
15年前に他界した兄の命日、横山良多(阿部寛)は妻のゆかり(夏川結衣)と息子のあつし(田中祥平)とともに実家に帰省した。
両親(原田芳雄、樹木希林)の家では姉(YOU)家族もやってきており、久し振りに家族が顔を合わせることに。

開業医の父の跡を継ぐことなく、現在は失業していることを口に出せない良多。
同居したいと申し出る長女。
亡くなった息子のことを引きずる母。
病院を継ぐ者がいないことを嘆く父。

長男の命日に集まった家族の一日。
特別なことは何もない。普通なんです。
でも、家族って口に出さなくても、心の中にちょっとした思いがあって、それがすれ違いになってたりってありますよね。
で、その、それぞれの心のわだかまりが、ちょっとした会話の中に見え隠れ。
思わず我が家と比べてしまって苦笑いです。

樹木希林さんの、ひょうひょうとした、でも突くとこは突くよっていう母親役は流石。
阿部寛さんの演技もいい!

ユーモアがあって、でちょっと悲しい。
だれの心の中にもある家族ドラマ。

見る価値ありの映画ですよ。

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、味付けはお酢だけ
♪にんじんとツナのさっぱり炒め♪.
見てみて♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月25日 (金)

♪きみの友だち♪

Photo_4 重松清(著) 新潮社

今、同名の映画になって劇場公開されてます。
たぶん、映画は観ないだろうなと思って原作を読むことにしました。
今まで読んだ重松清さんの本のなかでは最高に好きな作品になりました。

おはなしは・・・
午後から雨が降り出したある日の下校時、傘を持ってきていた恵美ちゃんの周りには傘を忘れた友達たちがその傘に入ろうと押し合いへし合い。ちょっとウンザリした恵美ちゃんは前を歩くいつも一人ぼっちの由美ちゃんの傘へ入ろうと飛び出した瞬間、後ろから来た車にぶつかってしまった。
恵美ちゃんは足を骨折、神経もズタズタになって、恐らく一生、松葉杖のお世話になることに。哀しく腹立たしい気持ちをお見舞いに来てくれた友達にぶつけ、気付けば恵美ちゃんも一人ぼっちになっていた。
そんなある日、クラス対抗の縄跳び大会の話となり、足が悪い恵美ちゃんと、体が弱い由美ちゃんが縄の回し手に選ばれた。今まで接点のなかった2人だが、その練習のため話をするように。何をやってもぐずな由香ちゃんだったが、そのキレイな心にいつしか恵美ちゃんの荒んだ心も解されていく。

短編集です。
で、そのお話は全てこの恵美ちゃんと由美ちゃんの周りの子供たちのおはなし。
子供の頃の友達関係のちょっとしたトラブル。そんな経験を通して真の友情を見つけていくっておはなし。

ここに出てくる子供たちは誰もが自分とリンクして、思わず感情移入してしまう。
ううん、子供の頃だけじゃなくって、人間関係って大人になってもやっぱ同じことで悩んでたりしてるかも。

おこりんぼでちょっと冷たくて、でも頭が良くて冷静な判断が出来る恵美ちゃん。
ドジでトロくて、でも世間ズレしてなくて優しい由美ちゃん。
一見、合わない二人だけど、恵美ちゃんと由美ちゃんは同じペースで歩いていける。
そんな友達を見つけたことを心から喜び、生きて行く支えにしてる姿に感動してしまいます。

人ってだれでもいいとこと悪いとこがあって、でもそんなのをひっくるめて受け入れることが出来るっていうのが友達なのかもしれない。
何も無理することなんてないのかも。

自分にとって何が大切か。
そんなことに気付かせてくれるとてもステキな1冊です。

かなりおすすめですよ。

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、なかなかのルックス(笑)
♪鶏ひき肉の薄揚げロール♪.
見てみて♪

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年7月24日 (木)

♪グッチョリ♪

Photo_3 これ、あの高級ブランド「グッチ」から出たニューキャラクター。
その名も♪グッチョリ♪

ひと目でわかるグッチのトレードマーク GGプラスが使われた、7種類のチャームで、首にはゴールドの革製首輪にグッチロゴが刻まれたメダルをつけています。
なんともゴージャスなワンコたち(笑)

ブルドッグのアニェーゼ
ダックスフントのアルトゥ
チワワのブランド
フレンチブルドッグのレロイ
プードルのルル
パグのオリバー
ビーグルのサム
それぞれちゃんと名前まで付けてもらってます。
各1万9950円なり。

わたしんちに前にいたプードルはルルって名前。
奇遇じゃないですか。
まるで私を誘ってるよう(笑)

でもマジで欲しいです。誰かプレゼントして~~~~(≧▽≦)

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、黒酢でさっぱり
♪手羽元と卵の黒酢煮♪.
見てみて♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年7月23日 (水)

♪震度0(ゼロ)♪

0 横山秀夫(著) 朝日文庫  
「クライマーズ・ハイ」 の著者である横山 秀夫氏による刑事ドラマ。
組織と個人の本質を鋭くえぐる本格警察サスペンスになってます。

おはなしは・・・
阪神大震災のさなか、700km離れたN県警本部の警務課長の不破義人が失踪した。
県警の事情に精通し、人望も厚い不破がなぜ姿を消したのか? 
本部長の椎野勝巳をはじめ、椎野と敵対するキャリア組の冬木警務部長、準キャリアの堀川警備部長、叩き上げの藤巻刑事部長など、県警幹部の利害と思惑が錯綜する。
ホステス殺し、交通違反のもみ消し、四年前の選挙違反事件なども絡まり、解決の糸口がなかなか掴めない……。

県警内部での昇進をかけた キャリア組みノンキャリア組みの6名のそれぞれの思惑・・・
行方不明の同僚の安否を気遣うより自分の昇進、県警の不祥事発覚に繋がらないかと 様々な思惑が交差し、醜い人間模様の描写になってます。
本部長の椎野勝巳は自身の不祥事の発覚を危惧し、キャリア組の冬木警務部長は出世を、叩き上げの藤巻刑事部長は天下り先をとそれぞれが私利私欲の塊。
誰よりも速く事件の糸口を掴み、万が一自分に不利な事実が出てくるようなら揉み消す勢いで敵対するのです。
その腹の探り合い、足の引っ張り合いはすごいです。
なんか警察版「渡る世間は鬼ばかり」みたい(笑)

熱くない刑事の醜い争い。ちょっと怖い(;´Д`)

ラストは大ドンデン返しの展開で最後まで気が抜けない内容。

いつもの横山秀夫氏のお話とはちょっと趣が違うのですがこれはこれで面白かったです。

これ、WOWOWでドラマ化されたのがDVDになってるので、本が苦手な方はそちらで楽しんでみてもいいのではないでしょうか。(ちょっと内容は違ってますが・・・)

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、お弁当のおかずにもいい
♪ゴボウの豚肉巻き♪
見てみて♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年7月22日 (火)

♪いらっしゃいまし~♪

Pc ってことで、やってきました、新しいPC。

セッティングも兄がやってくれて、しかも私がいない内に。

私が家に帰ったらちゃんと出来上がってました。

いい人だ~~~。って自分の身内を褒めてどうする(笑)

で、スイスイ、サクサクと今まででは考えられないスピードでPCが動いてくれてます。

さて、兄へのお礼を何か考えなければなりません。

そういうのを考えるのも楽しい~。

私ったら一人で楽しんでばっか。能天気です(^┰^;)ゞ

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、とろみが美味しい
♪モロヘイヤの冷やし素麺♪
見てみて♪

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年7月21日 (月)

♪百万円と苦虫女♪

Photo_3  予告編で観た気分になってたので観るつもりはなかったのですが・・・
誘われて・・・

おはなしは・・・
就職浪人中の鈴子(蒼井優)は、アルバイトをしながら実家で暮らしていた。
成り行きからアルバイト仲間とその彼との3人でのルームシェア生活を始めようとするが、いきない裏切られ、更に思わぬ事態に・・・鈴子は刑事告訴され獄中の人に。
刑期を終え実家に戻るが中学受験を控えた弟(齋藤隆成)にも責められ「100万円貯まったら家を出ていく」と宣言。
必死に働き家を出、その後1か所で100万円貯まったら次の場所に引っ越すという生活を始める。

期待が薄かったからか、やはり蒼井優さんが魅力的だから、やたらと面白かった。
他の出演者、ピエール瀧さん、佐々木すみ江さん、森山未来さんがとてもいい味を出してました。

が、鈴子の生き方は私には理解できなくて・・・

「それは、自分探しの旅ではない。むしろ自分を探したくなんてない。」

「百万円あったら、誰にも迷惑をかけずに生きていける・・
無駄に怒られたくないから、やってるだけ・・・」

逆に彼女の周りの人たち・・・弟や海の家で鈴子に惚れたチャラ男や桃農園の長男やホームセンターでのアルバイト仲間で恋人にまでなった男の子(森山未來)の気持ちが素敵で・・・
なぜ、こんないい人に出会ったおいてまた逃げる?
人に頼らず自分の足で歩いていこうってことなのかな~。

誰も自分のことを知らない、一人の世界で生きていきたい。
そう思うことが無いわけではないけれど、
私は人は人との繋がりがあるから生きていけるんだと思う。

平成の寅さんだって言ってた人がいたけど、寅さんって帰る場所があるからあの放浪がの意味があるんだと思う。

彼女がいつかあの場所に帰ってこれたらいいのになって。
そんな期待を持って映画館を出ました。

「共感度の高い作品」ってことだったので、私が変なのかもしれませんが・・・

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、さっぱりがいい
♪梅ごはん♪.
見てみて♪

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2008年7月18日 (金)

♪男気♪

Photo_2 男の方が本気を出すと、いい仕事をしそうってイメージがありますよね。

そんな気持ちをくすぐるプリンを発見。

「おやじプリン」

思わず手が出てしまいました。

抹茶と黒蜜にこだわりがある、抹茶プリンです。

こだわってるせいか、結構、抹茶の渋みが強いです。

これだと、もう少し黒蜜の量が欲しかったかな~。

よく見たら、このおやじ、ふざけた顔してるし、騙されたかも(^┰^;)ゞ

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、油揚げの香ばしさがおいしい
♪わかめとわけぎの酢の物♪
見てみて♪

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年7月17日 (木)

♪マンデラの名もなき看守♪

Photo_2 最近、WOWOWでアフリカ問題を取り上げた映画をよくやってて、んん~~~って考えることも多くって。
この映画もアパルトヘイト政策により、黒人が差別されている1968年の南アフリカを描いた実話なのだそうです。

おはなしは・・・
1968 年アパルトヘイト政策下の南アフリカ共和国。
刑務所の下士官ジェームズ・グレゴリー(ジョセフ・ファインズ)は、最悪のテロリストとされるマンデラ(デニス・ヘイスバート)の担当に抜擢される。
マンデラの生まれ故郷近くで育ったため彼らの言葉がわかるグレゴリーに秘密の文書や会話を監視し報告しろというのだ。
任務に忠実なグレゴリーだったが、マンデラという人物に触れ、彼が自由のために払っている犠牲を知るにつれ、次第にマンデラに魅了され、彼が目指す平等な社会に憧れていく。
しかし、そんな想いが周囲に知られれば、自分の立場も妻子の安全さえも脅かされる。

1962年、反アパルトヘイト運動により反逆罪として逮捕されてから1990年に釈放されるまでの約28年間の中で、マンデラの民族の言語が話せる白人刑務官とのやりとりが描かれています。

私は差別というものが大嫌い。
人を見下すことでしか自分の存在価値を見出せない、そういう人が情けなく、気の毒にさえ思えてしまいます。
でも、この偏見もいつの間にか刷り込まれてしまったものなのですね。

もともと看守のグレゴリーも権力に従順で、差別を仕方がないことと受け止めています。
でも、マンデラたちの考える理想の社会のことが書かれた、「自由憲章」を読み、自分の考えを改め始めます。
しかし、看守という立場は、それを安易には許してはくれない。
やがてグレゴリーは、周囲から反発を受け、家族にも危険が及ぶようになる。
でもグレゴリーは自分で考えることを止めようとはしなかった。

周りに流されることなく、自分の目で見、考え、何が正しいか判断する。
当たり前のことのようだけど、でもとっても難しいこと。勇気のいること。
それをやり遂げたグレゴリーに感動をおぼえました。

人のあるべき姿に出会えたステキな映画でしたよ。

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、少ない素材なので簡単
♪豚とにんにくの芽炒め♪ 
見てみて♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年7月16日 (水)

♪千里眼 ミッドタウンタワーの迷宮♪

Photo_2 松岡圭祐(著) 角川文庫 

前の♪千里眼の水晶体♪のラストに出てきた気になる人物。
この本で出てくると思ったのに出てこない!
なんか、ズルイ!!!

おはなしは・・・
六本木に新しく建設されたミッドタウンタワーに美由紀の友人・由愛香がレストランをオープンさせることになった。
ある日由愛香との約束に駆けつけた美由紀は、由愛香の様子がおかしいことに気付く。
レストラン経営が順調だったはずの由愛香が、そのチェーン店のほとんどを閉店し車まで売っていたのだ。
由愛香が何かの陰謀に巻き込まれたと察した美由紀は、友人を窮地から救い出そうとするのだが......。

これは最初から飛ばしてくれます。
今回、美由紀は 、ロシア製の戦闘機で、なんと「宇宙」にまで行ってしまいます(゜ロ゜; )
「そんなアホな」と思ったのですが、これ、実際に一般の人も99万円~209万円で体験することが出来るのですって。
あの引田天功さんも体験されたとか。
厳密に言うと宇宙(高度100km以上)にはならないのだそうですが、眼下に地平線が湾曲した丸く青い地球、そして頭上に暗い宇宙を体験することが出来るのだそうです。
99万か~。絶対に無理って値段でもないですよね。でも、きっとこれだけでは済まないんだろうと思いますが。

話の本筋に戻って、
今度の敵は中国政府に入り込んで日本の高額所得者をギャンブルの罠に嵌める悪党たち。
美由紀は、そんな悪党どもに狙われた由愛香を助けようと命懸けで奔走するというお話。友情物語だったりします。

わたしはギャンブルが嫌い。
なのでギャンブルにハマってしまう人の気がしれないです。
だって冷静に考えて、絶対に勝てるはずがないじゃないですか。
なのに由愛香はどっぷりとハマってしまうのです。資財を投げ打って、友情すら踏みにじって。
私なら「こんなヤツはも~知らん(`ε´)」となってしまうのですが美由紀は命がけで助けに向かってしまうのです。
いい人過ぎます。
美由紀は、人の心が読めてしまうから、人と上手く接するのが逆に苦手。
相手も美由紀には自分の心の中が見通されてると思うと目を合わせるのも嫌だったりする。
常に疎外感や孤独感があるからこそ友情を人以上に大切にしてしまうのかも。
ちょっと可哀想です。

今、映画になった「ジャンパー」のスピンオフ小説を読んでます。
「ジャンパー」とは世界中のどこへでもテレポートできる能力を持った人のこと。主人公はその能力を持つがゆえに命を付け狙われます。
人間、特殊な能力を持ちたいと思ったりするもののですが、それって決していいコトばかりじゃないのかもしれませんね。

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、ずるずる~っといっちゃってください
♪長芋の千切り♪
見てみて♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月15日 (火)

♪お疲れ様♪

Pc 壊れたPCを引き取りに行ってきました。
もう直らないんだと思うと急に寂しくなってきました(ρ_;)

ついでに新しいのを買って帰ろうと思ったのですが、直前に兄からTELがあり

「一緒に選んであげるから、買わずに帰っておいで」って。

なのでパンフレットだけ貰って帰ってたのですが、夜になって兄が来てくれて、ネットでPCを買おうということに。

ネットだとかなりカスタマイズができるのですね。要らないソフトなどは除いて、HDやメモリは多くして、結構ハイパワーな子に仕上げて購入しました。

新しい子は今週末頃にやってきて、兄が時間のあるときにセッティングをしてくれる予定です。

予定よりも安く、しかもハイパワーなのを購入できたし、兄にはホント感謝ですheart04

比較的PCに強い人が近くにいると心丈夫でもあります。

今度、兄の好きな新生姜の佃煮でも作って持って帰ってもらおっと d(o^v^o)b

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、簡単だけど旨いです。
♪たらこ炒飯♪ 
見てみて♪

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年7月14日 (月)

♪杭全(くまた)神社夏祭♪

Photo_2 夏祭りの季節ですね。

地元では今日が宵宮です。

昨日の日曜日は平野区にある【杭全(くまた)神社夏祭】に行ってきました。

こちらのお祭りは、だんじり祭りとしては岸和田に次いで有名だとのこと。

でも宮入は今日だということで、昨日は街をねり歩いていたようで音はすれども姿は見えず ( ̄ω ̄;)!!

とは言え、 大阪市内最古の建造物で重要文化財に指定されている大門から一歩出ると屋台がいっぱいで楽しそう~~~。

Photo_3 お昼間だというのに、もう浴衣姿の親子なども見かけました。

夜になると凄い人なのでしょうね。

で、コレ、最近では珍しくないですか?

「おばけ屋敷」

入ってみたかったけど、あまりもの怪しさに躊躇してしまいました(笑)

やっぱ、入っとくべくだったかなと後悔してます。

Photo_4 だんじりは見ることが無かったのですが、御神輿やふとん太鼓の展示があったので、お祭り気分は嫌でも盛り上がりました。

このあたりは「だんじり」が主流なのに最近は、この手の御神輿も見受けられるようになりました。

Photo_5 裏手に1本の御神木を発見。

これ、イチョウの木なのですが、樹齢700年。

こんなに太くて大きなイチョウの木を見たのは初めてです。

木が大きい分、葉っぱが小さく見えてイチョウには見えないのです(笑)

この御神木は垂乳根公孫樹と云われ、昔から「おちち」の神として信心されてきた木なのですって。

撫でとけば胸が大きくなったりするかもね(笑)

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、おばあちゃんの味
♪ひじきの五目煮♪
見てみて♪

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年7月13日 (日)

♪JUNO/ジュノ♪

Juno 観たい観たいと思いながらズルズル後回しにしてしまって・・・
やっと観てきました。

エレン・ペイジ。観始めたときは『ハードキャンディ』の残忍な女の子のイメージが私の頭から抜け切らなくて。だって服も同じ赤のパーカーだし、オカルト好きだし(笑)

あと、ジェイソン・ライトマン監督の映画は『サンキュー・スモーキング』も好きだったので、かなり期待してたのですが、全く裏切られることがなかったです。

おはなしは・・・
女子高生ジュノ(エレン・ペイジ)16歳は音楽仲間のブリーカー(マイケル・セラ)と興味本位にセックスをして妊娠してしまう。
一旦は中絶をしようとするのだが、思いとどまり産むことに。友だちのリア(オリヴィア・サールビー)から養子を希望している夫婦たちが新聞の募集欄に投稿していることを聞き、理想的な里親を探すことにした。見つけた夫婦に会いにいったジュノは彼らとの友好を深めていくが・・・

クールでドライ。周りからは変わり者と思われてる個性的でキュートな女の子。
そんな彼女が予想外の妊娠を経験し、現実を受け止めながら成長していくお話です。

そんな選択があったのね!子供がお腹にいる時から里親契約を結ぶとはね~。
日本だったら血の繋がりがとか、愛情がとか、世間体がとか、話がややこしくなっていくところですが、
家族や友達の温かい協力、そして彼女の前向きな意志で、決して悲惨な話にはなりません。

登場人物もそれぞれがとても個性的。
で、それぞれの考え方がとてもポジティブで、自分が将来、幸せに生きて行くために今出来ることを一生懸命考えてて、そのために傷ついたりもするけれど、そのことで成長し、結果、明るい未来を勝ち取っていくみたいな。そういう愛すべき人たちばかり。

観終わったときには、ほんわかした温かいものを感じさせる、そんな映画ですよ。

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、居酒屋風
♪イカのネギ塩♪ 
見てみて♪

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年7月11日 (金)

♪ディズニー・マトリョーシカ♪

Photo_2 食玩にてGETです。

ディズニーのキャラクターがマトリョーシカになってます。

お人形の中にお人形がって期待したら、かわいい食べ物が入ってました。

「ミニー」はドーナツ

「イーヨー」は木イチゴのタルト

「シーニー」はカレー

なんだかカワイイでしょ。

最近、妙にマトリョーシカが目につくのだけれど・・・流行っているのか?気のせいか?

1 あと、こちらはガチャガチャにてGETの、ディズニーのキャラクターがスイーツになったチャームです。

ロールケーキとシュークリーム。

かちらもかなりカワイイ(#^.^#)

PC買うか始末しなきゃと思いながら、こんなことでまたお金を遣ってしまった・・・ ( ̄ω ̄;)!!

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、あと一品ってときに
♪小松菜とお揚げの煮浸し♪
見てみて♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月10日 (木)

♪枇杷♪

Photo_2 義姉の実家から枇杷が送られてきたということでお裾分けしていただきました。

小粒で見た目は悪いけど、味は、先日買ったのより、ずっと甘くて美味しいです。

「桃栗3年、柿8年」「ビワは9年でなりかねる」

栽培が難しいのでしょうか?

お家の庭で枇杷が生ってるのをたまに見かけますが、大きな葉っぱに束になって実をつける様はかわいいですよね。

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、超スピード料理です
♪豚のオイスターソース炒め♪ 
見てみて♪

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年7月 9日 (水)

♪千里眼の水晶体♪

Photo_2 松岡圭祐(著) 角川文庫 

新シリーズの第3作目。
本が薄いからサクサク読めてしまう。

おはなしは・・・
戦時中に日本軍が開発した生物科学兵器“冠摩”。
すでにアメリカ軍に撤収され、日本に保管されていたものが盗み出され、散布された。
高温でなければ活性化しないはずのウィルスが気候温暖化により猛威をふるい、美由紀の親友の藍にも感染する。
感染から死に至るまでの時間はわずか数日。
ワクチンを手に入れるため、美由紀はウィルスを保管場所から盗み出した真犯人を追うが......。

今回の敵はウィルス。
旧日本軍が作った生物科学兵器。
核も怖いけど、じわじわってやってくるウィルスも怖いな~。
核と違ってこっそり開発できそうだし。
どっかの国は核を放棄しても秘密裏にこんなのを作ってそうノ´Д`)ノ

で主役の美由紀はというと、前シリーズの美由紀に比べて、少し人間っぽいんです。
親友の登場で人間関係の悩みが浮き彫りになったり、千里眼も見る角度によっては過った判断になったりと、完全無欠とはいかない。
そこにリアリティーがあるのでしょうが、ちょっと物足りなさも感じちゃうかも。

ただラストでは、また気になる人物が出てきて・・・
となると、次回作を読まないわけにはいかないでしょ。

「千里眼」連鎖読みは更に続くのでした・・・。

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、ご馳走とご馳走のコラボ
♪長芋の梅あえ♪
見てみて♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年7月 8日 (火)

♪梅~♪

Photo_2 今年も梅を漬けました。

梅干好きの私には絶対に必要な行事です。

なのに今年はちょっと危機を感じました。

というのも、梅が店頭から消えるのが早かった!

先々週には「まだ少し青いね」と母と話をしていたのに、

先週にはもう店頭に出ていない。

いつもの八百屋さんにお願いしたけど数が足りなくて

「どうしよう~(ρ_;)」

でも「きっと朝一なら出てるはず」

日曜日は朝から数件のお店を探しまくるつもりで家をでたら、なんと1件目で発見。

しかも大粒でキレイなの。

母には「でかした」と褒められちゃった v(゜ェ ^*)

これで今年も美味しい梅干を漬けることが出来ます。

でも何で今年は梅が少ないんだろう?

メーカーが中国産を国産に切り替えたからだという噂も。ホントかな~?

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、お魚が苦手な人にも
♪太刀魚の梅はちみつ焼♪
見てみて♪

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年7月 7日 (月)

♪ついに・・・♪

Pc しばしの別れです。

わたしのPC。

もう画像がサーモグラフィーのようになって判別も難しくなってきました。

部屋の冷房をギンギンに効かせるとマシなようなのですが体を壊してしまいます。

まずは見積もりを出してもらいます。

その見積もりがでるのに2週間!

多めに言ってるのかもしれないですが掛かりすぎ。

修理はそれからまた2週間だとか。

計1ヶ月ってことですか(ρ_;)

「随分と時間が掛かるのですね」と言うと、

「できるだけ急ぐようには言っておきます」とのこと。この人、毎回同じこと言ってんだろうな。

見積もり料金5000円。

帰りに、買い換えるなら・・・と思ってPC売り場へ。

この辺かなと思うのは17万くらい。プリンターも新しくするとしたら2万。必要なソフトを買うと5~6万。その他もろもろを考えると27~8万か・・・

見積もり、いくらぐらいまでなら修理。いくらぐらいなら新品に変更すればいいのかな~。

今のPCは6年使ってるから結構使い込んではいるのですが・・・

悩むな~(;´Д`)

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、白いご飯と一緒が一番
♪新生姜の佃煮♪
見てみて♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年7月 6日 (日)

♪ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!♪

Hotfuzz 笑える映画です。
これも扱いが少ないですね。
不景気なときこそ、こういうお馬鹿な映画をみるべきだと思うのですが(^◇^;

お話は・・・
ロンドンの超エリート警察官ニコラス・エンジェル(サイモン・ペッグ)はその才能が仇となり上司に妬まれ、イギリスで一番平和な村に強制左遷されてしまう。
そんな中でも任務を全うしようとするニコラス・エンジェルに対し地元警察は非協力的。更にドジでアクション映画好きのバターマン(ニック・フロスト)と組まされてしまう。
そんな村で怪死事件が発生する。殺人事件だと主張するエンジェルは相手にされず……。

この映画、劇場公開を求める署名運動によって、日本での公開が実現したのだそうです。
ちょっと期待しちゃうでしょ~。

で、文句なしで笑えます。
お馬鹿映画はあまり期待しすぎるとダメって思ってたのですが・・・海外モノはお下品なのが多いし・・・
でもこれは笑えます。
お上品とは言えないけれど、上手いです。
サイモン・ペッグのキレがあるような無駄な動き、ちょっとハマってしまいました(^◇^;

横溝 正史的なミステリー要素もあって、なるほど~って思わせといて、またとんでもないオチ。
2人の警察官の友情もなかなかいい。

マニア向けかなと思ったけど多くの人に笑ってもらえる映画ですよ。

と、ご機嫌なお話をご紹介して・・・
今からPCを修理に出してきます。
携帯や父の会社のPCで何とか更新はしていきたいと思いますが、コメントのお返事などが遅れてしまうかも・・・
堪忍してくださいね~。

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、ちょっとコレステロール値高め
♪明太子の炒めスパゲティー♪.
見てみて♪ 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年7月 4日 (金)

♪千里眼 ファントム・クォーター♪

2 松岡圭祐(著)  角川文庫
昨日に引き続き・・・
やっぱりハマってしまった千里眼。

おはなしは・・・
美由紀の元にロシア大使館より使いが。チェチェン難民支援の要請だった。
時を同じくして、自衛隊からは日本を狙うステルス兵器の存在を明かされ、対策チームに入るよう要請される。
傲慢な防衛省の態度に反発を覚えた美由紀はチェチェン行きを決行。
しかし空港へ向かう途中で何者かに誘拐され幻影の地区と呼ばれる中世ヨーロッパ風の奇妙な街に連れ込まれる。

幻影の地区と呼ばれる奇妙な街はテーマパークかのような街。そこで美由紀はゲームに参加させられるのですが、そのあたりはブレイブストーリーやハリポタみたいでちょっと子供っぽい展開ではあるのですが、それもまた素直に楽しんでしまいました。

今回は、レーダーに探知されず目にも見えない核ミサイルが日本を狙っているという、またバカデカイお話。
魔法のマント(特殊なスコープ)で核ミサイルを包んでしまうのです。
そんなのがあったら欲しいです。決して犯罪に使ったりしませんから (^◇^;

途中、詐欺まがいの占い師をやっつけたり、幼いころ、父親に暴行を受けたという記憶があるといい出した女性の苦悩を救ったりと、アクションだけでなく、臨床心理士としての活躍もあって、そのあたりも興味深いです。
なかに「認知的不協和」という言葉が出てくるのですが、これって

ラストは美由紀の底力を見せ付けられ、ありえな~~~い σ(□ ̄;)
でもやっぱカッコいいのです。

次回は「千里眼の水晶体」
次の敵は何者なんでしょ~。楽しみです~。

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、シャキシャキッとした歯ざわりがおいしいです
♪れんこんと人参のサラダ♪.
見てみて♪

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008年7月 3日 (木)

♪千里眼 The Start♪

Photo_2 松岡圭祐(著)  角川文庫

千里眼の新シリーズ。
この♪千里眼 The Start♪は航空自衛隊初の女性戦闘機パイロットだった美由紀が、臨床心理士を目指すことになってから、千里眼と呼ばれるようになるまでのお話です。
自衛隊を辞めるに到った経緯、臨床心理士を目指した本当の理由など旧シリーズに描かれなかった岬美由紀が描かれています。
プラス、心理学的な部分が時代を経て新解釈に変更されていたりします。
より現代に即した形となってるのですね。

おはなしは・・・
岬美由紀二尉は被災地救援のため独断で救難ヘリを飛ばしたことで査問会議に掛けられる。
精神科医、笹島はそんな美由紀の行動は二年前の両親の死がトラウマとなっているからである と断言。力を貸してくれた 上官の板村までも同じ理由で糾弾し、その職を追いやった。
それに反発を覚えた美由紀は自衛隊幹部候補の道を自ら外れ、臨床心理士を目指し、 板村の汚名を返上しようとする。
やがて美由紀はパイロット時代に鍛えた動体視力を活用した表情筋の観察力により、その頭角を現す。
そんなおり、「旅客機に爆弾が仕掛けられる」というスクープを、あるフリーライターが雑誌に発表した。彼のスクープはガセが多いと言われていたが、その雑誌を目にした美由紀はそれが事実と気付きそのフリーライターに会いに行く。が彼はすでに自殺していた。
旅客機爆破を喰い止めたい美由紀はフリーライターの足取りを辿り思わぬ事実に行き着く・・・

このお話では以前の作品で常識として書かれていたことが真っ向から間違いであるとされていたり、最初はちょっと戸惑うかも。
目線の動きから心理状態を把握することは、実際にはありえないとか、トラウマの問題なども現在正しいとされている手法に合わせているとか。
トラウマとPTSD の違いがよく解っていなかった私としては「へ~~~」「納得」でした。

前半は、これまで描かれなかった岬美由紀の「千里眼」技能の獲得までの道のりと、その能力に戸惑う彼女の姿が描かれます。
そして後半、旅客機爆破を阻止するために命を張って行動する姿は相も変わらず。その判断力と行動力はやっぱり面白いです。

ラストで新たに姿を見せる悪の影。
これって、次回作を予言するものなのですよね~。
また千里眼の連鎖読みにハマっていきそうです。

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、ヘルシーな
♪豚ヒレ肉のガーリックソテー♪.
見てみて♪

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年7月 2日 (水)

♪ヤバイです( ̄ω ̄;)!! ♪

Pc どうもPCの調子が悪い・・・( ̄ω ̄;)!!
立ち上げた時は普通なのですが、暫くするとモニターがこんなことに・・・

色が緑がかった黄色になって、全体に筋が入ってモワレ状になって・・・

なんなの~????

暫くすると元に戻ったりもするし、原因が解りません。

修理にだした方がいいよね?
新しいのを買おうかなと思ったりもするし・・・

あ~。気が重い。

夏休みに何か改善策をと思ったりするので、なんとかもう暫く、今ぐらいの状態でいてくれたらなと思ってます。

もし突然、ブログの更新が止まったりしたら「ついにブっ壊れたな」と笑ってやってください。

あ~。気が重い( ̄ω ̄;)!!

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、何となく縁起がよさげ
♪紅白金なます♪.
見てみて♪

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年7月 1日 (火)

♪赤福♪

1 この週末、母と父が伊勢へ1泊2日の旅行に行ってきました。

お土産はもちろん【赤福餅】

お久しぶり~~~って感じです。

前は大阪でもの近鉄の大きな駅なら売っていて食べたいときにはいつでも手に入ったのですが、ココしばらく見かけませんでした。

製造年月日は6月29日。賞味期限が6月30日か・・・お土産にしては厳しすぎるかと・・・
前からこうだったっけ?

あの時期、不正があれだけ大きく取り立たされて、各社、気を引き締めてるかと思いきや、また出てきましたね・・・不正・・・

2 しかも今回はかなり悪質(`ε´)

何で後を絶たないのでしょう?

それを何が何でも捌かないと会社が成り立たないところまで追い込まれているようにも見えないし・・・

消費者は表示を信じるしかない訳で、業者を信じて買ってるわけなのに、この裏切り行為は許せないです。

今は皆が皆、苦しいとき。

こういう不正は消費者の購買意欲を引き下げるだけ。

誠実で行こうよ。

消費者のことを考えて行動したらきっと伝わるんだから・・・

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、ニンニクとバターの香ばしい香りがたまらないですよ
♪いかのガーリックバターソテー♪.
見てみて♪

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »