« ♪ぐるりのこと♪ | トップページ | ♪懐かしのおやつ2♪ »

2008年6月26日 (木)

♪花まんま♪

Photo_3 朱川 湊人 (著)

表題の直木賞受賞作「花まんま」を含む6篇のお話が納められています。
大阪の下町を舞台にした、ちょっと不思議な物語。

このお話に出てくる昭和の時代の大阪の下町は東京などのそれとは違い、何処かじめっと湿っぽい。貧しさの中で生きる大人たちは揃っていかがわしい。そんな中で子供たちが出会った「不思議な思い出」が語られます。

それらは人の死と結びつく、一見怖い思い出。
小さな妹が突然「私はある女性の生まれ変わりだ」と言い出した「花まんま」、
路地裏に現れる幽霊のおはなし「トカビの夜」など題材はホラーちっく。
でも、その奥には胸に染む温かさがあるのです。

短編なのでお話の内容は上手く伝えることが出来ないのですが、
子供の頃感じた納得のいかなかったこと、なのに大人になって知らず知らずのうちに折り合いをつけてしまったこと
そんなことを思い出させてくれたりします。

ファンタジーと呼ぶほどおしゃれじゃないし、ホラーと言うには温かすぎる。
摩訶不思議な世界が広がるおはなしです。

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、シンプル素材だけどボリューム満点のおかず
♪牛肉とブロッコリー炒めもの♪ .
見てみて♪

|

« ♪ぐるりのこと♪ | トップページ | ♪懐かしのおやつ2♪ »

コメント

ちょっと怖くてしんみりくるお話ですか。
そういうの、好きだったりします。

昔の大阪の下町を扱った話って、じめっとしてたり、凄惨だったりするのって土地柄かな。
「白夜行」とか「血と骨」とか、そんなイメージばっかり強くなっていく…coldsweats01

投稿: tkc | 2008年6月26日 (木) 21時25分

♪tkcさん、こんにちは♪
大阪の下町って戦後の闇市を長く引きずってたりします。
「白夜行」の舞台の布施は30年ほど前までその面影が残っていたそうです。
あと「血と骨」や今回の本に納められている「トカビの夜」などにある在日の方が多く、差別や貧困、そこからくる犯罪などが多かったせいかも。
私はそんな中で育ちましたが、でもやっぱり地元が好きです。住めば都なのでしょうか(笑)
でも今回のお話はそんな中で起こった心温まるお話。
少しはプラスのイメージに作用するかもしれませんよ(∩.∩)

投稿: あばた | 2008年6月27日 (金) 20時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131098/41655405

この記事へのトラックバック一覧です: ♪花まんま♪:

« ♪ぐるりのこと♪ | トップページ | ♪懐かしのおやつ2♪ »