« ♪キャラメル♪ | トップページ | ♪幸せになるための27のドレス♪ »

2008年6月 4日 (水)

♪朱夏―警視庁強行犯係・樋口顕―♪

Photo_2 今野敏(著)
前にご紹介した『リオ』の続編です。

おはなしは・・・
警備部長に天誅を下すという脅迫状が警備部長の自宅に投函された。警察内部の犯行の可能性があり、翌週から秘密裏に捜査本部が立ち上がることとなった週末、樋口が帰宅すると妻恵子が不在。
疑問を感じた樋口は自力で妻を捜そうとする。
週が明け、捜査本部が立ち上がれば自由がきかなくなる樋口は信頼する荻窪署の氏家に助けを求め、妻の行方を追いはじめる。

『リオ』と同じくミステリー要素はあまりなく、地道な捜査過程、犯人を追い詰める過程が面白いです。
大学で心理学を専攻していたという氏家の、事件、人物、行動を別視点で分析するところも、興味深い。

ただ犯人が早い段階で解ってしまうので、何か新しい展開があるのかと期待してしまったのですが・・・・

この作品はミステリーというよりは、人間ドラマ。
犯罪に走る若者が増えているのは家庭に問題があることが多く、今、家族の繋がりがいかに希薄になっているかなど、そういう現代の風潮に対する警鐘のほうが目立ちました。

タイトルの『朱夏』とは古来の中国の考え方で「青春」の次を現す言葉なのだそうです。
青春、朱夏、白愁、玄冬と四季の移ろいを人生に重ねてるのですって。
「青春」って言葉が持て囃されますが、こうやって考えると、本来「朱夏」の時代が一番人生の中でいい時期なのかも。
それなのに、ずるずると青春を引きずって、朱夏になり切れない大人が増えてるかも。私を含めて。

リオのときに感じた樋口の性格の違和感とかが薄れて、あと、タイプの違う2人組で捜査するってとこが、私的にはリオよりも好きかも。
ここにミステリー性を高めた次回作を期待してしまいました。

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、ザザっと炒めただけ
♪小松菜と卵の炒め物♪.
見てみて♪

|

« ♪キャラメル♪ | トップページ | ♪幸せになるための27のドレス♪ »

コメント

 家庭の問題、家族の繋がり、確かに今希薄になっているようですね。熟年離婚ということばがでてきたのも、家庭の崩壊からきていると思います。
 朱夏、宮尾登美子の小説の題にもありましたね。北原白秋の名前もこの中国のことばからとられたとか。含蓄のある言葉ですね。

投稿: マサエ。 | 2008年6月 5日 (木) 12時10分

♪マサエ。さん、こんにちは♪
家族円満のコツは当たらず触らず。相手のプライバシーを尊重するって言えば聞こえはいいですが、逃げですよね。
トラブル回避のために接触を恐れ、結果、感心すら持てなくなる。
少女が夜中に外で殺害されても、その足跡を辿る術は携帯と監視カメラだけって時代。寂しいですよね。

朱夏って言葉の意味を初めて知りました。
青春こそ人生って思ってたかもしれないです。考えを改めなくっちゃ(;´Д`)

投稿: あばた | 2008年6月 5日 (木) 20時44分

朱夏、白愁、玄冬は初めて知りました。
どれもいい呼び方ですね。
同じく青春をずるずる引きずってる私ですが、瑞々しい朱夏というものを体験したいものです(笑

警察白書によると、若者の犯罪は減少し続けてるのに、喫煙や夜遊びで補導される若者は増加し続けてます。
昔に比べて子供に甘い家庭が増えたのかもしれませんね。

投稿: tkc | 2008年6月 5日 (木) 20時45分

♪tkcさん、こんにちは♪
瑞々しい朱夏、いいですね~。イメージ的には瑞々しいと言うより油ギッシュ(笑)
いやいや、悪い意味じゃなくて、力みなぎる感じがあります。
人生を四季に喩えるって深い意味がありますよね。ちょっと考えさせられました。

子供の数が減少してるから、全ての犯罪が減少しててもいいはずなのにね~。
「あまり口うるさく言うと、逆効果」みたいな、何処か子供に対して遠慮してるようなところがあるように思います。
最近の子ってズル賢いしな~(;´Д`)

投稿: あばた | 2008年6月 6日 (金) 20時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131098/41426152

この記事へのトラックバック一覧です: ♪朱夏―警視庁強行犯係・樋口顕―♪:

« ♪キャラメル♪ | トップページ | ♪幸せになるための27のドレス♪ »