« ♪コンビニのおまけ♪ | トップページ | ♪中之島バラ園♪ »

2008年5月18日 (日)

♪ジェイン・オースティンの読書会 ♪

Photo_2 これ、面白いです。
面白~~~~~い(≧▽≦)って感じじゃないんだけど、
 Σ(~∀~||;)・・・みたいな・・・

おはなしは・・・
独身主義者でブリーダーのジョスリン(マリア・ベロ)は最愛の犬を亡くした。その葬式に集まった仲間たちは彼女を元気づけたいと考え、バーナデット(キャシー・ベイカー)が提案した「ジェイン・オースティンの小説を論じる読書会」を開くことに。
参加者は6回の結婚&離婚経験のあるバーナデット、夫との価値観の違いに悩み、生徒と恋に落ちる高校教師のプルーディ(エミリー・ブラント)、20年間一緒にいた夫からある日、好きな人がいるといって突然立ちさられたシルヴィア(エイミー・ブレネマン)とその娘(バイセクシャルだったりする)、そしてSFファンの男性など、実はそれぞれが複雑な悩みを抱えていた。
いざ読書会が始まるとメンバーは、それぞれが小説の中の登場人物に自分を重ね合わせ、意見の食い違いに腹を立てたり、泣き出したり。読書会は思わぬ方向へと流れ出す・・・

ジェイン・オースティンっていうと「自負と偏見」を映画化した「プライドと偏見」ぐらいしか知らなくて、「大丈夫かな~?」と恐る恐るって感じだったのですが、雰囲気で乗り切っちゃいました(^┰^;)ゞ

読書会って、一つの話につき一人の担当者を決め、その担当者を中心に軽い食事をしながら、感想を言いあうというもの。
これって楽しそうでしょ~。
で、この映画ではジェイン・オースティンの6冊が選ばれたので5人の女性と1人の男性が参加するのですが、それぞれの生き方だったり悩みだったりが小説と微妙にリンクしてて、そこから自身の持つ悩みや人生に答えを見つけていくというお話です。

すごく特別なことじゃない、でも心に引っかかっていたり、自分ってツイてないって思ったり、どこにでもありそうなんだけど、でも本人には重大なことってありますよね。
好きな人から別の人との交際を薦められたり(経験あり)、好きな人がいても何故か肝心なところで引いちゃったり(経験あり)、固定概念が強すぎて新しい一歩が踏み出せなかったり(思い当たるふしあり)、普段は表面化しない、誰にも気付かせない悩みとかって・・・それが本を語ることによって問題とも向き合うきっかけを得るのです。

なので「本」→「映画の登場人物」→「私自身」とリンクされて行って、ラストはなんだか優しい気持ちになってしまいます。

読書会にジェイン・オースティンを選んだ理由は「彼女の本は“人生の解毒剤”になる」というバーナデットの意見によるもの。
がぜんオースティンに興味を持ってしまいました。

これ、ジェイン・オースティンを読んでからもう一度観てみたいです(やはり本のストーリーが分かってたほうが面白さ倍増だろうと思われます)。
DVDが出るまでに完読を目指します d(^_^o)

本の持つ力ってやっぱ素晴らしいです。改めて実感。

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、葉モノ野菜さえあれば出来ちゃいます
♪青梗菜と舞茸の卵とじ♪.
見てみて♪

|

« ♪コンビニのおまけ♪ | トップページ | ♪中之島バラ園♪ »

コメント

これ!私もTVで紹介されているのを見てから「観たい!」と
思った映画でしたが、調べてないけれどこないことを
前提で本を借りました。
読んでる最中なんですけど、映画を観たあばたさん同様、
ジェイン・オースティンの本をすべて知っている訳ではないので
???と思いながら読んでいる所も…。
全部読むか?と思いましたが、
『彼女の物語、結構長いよね…』と考え中です(苦笑)
「自負と偏見」、「説得」は読んだのかな?
あと「エマ」ぐらいは読もうかな?

本を読むのっていろんな考えが見えてきていいですよね。
共感できる部分も出来ない部分があっても。
自分とかぶる部分を主人公が乗り越えたりすると勇気をもらったり、
共感出来ないはずなのに主人公の心が入り込んできたりして…。
読むのが遅いので、なかなか大変なんですけどね(^^;)

投稿: ばる | 2008年5月19日 (月) 00時25分

この映画知らなかったです(*^_^*)
こちらでは上映してるのかな?
ジェイン・オースティンの本・・・読んだことも
ありません(~_~)
本といえば・・・。
あばたさんのように、私は読書慣れしていないので
最近は自分が読めそうな本を、ぼちぼち読んでるくらいです。 
でも映画の内容は、おもしろそう☆
本読んでから、観たらなおわかるだろうなぁ(^_^;)

投稿: まにー | 2008年5月19日 (月) 09時21分

 読書会ですか。確かに、本を読んで自分の生き方を思い巡らせることって、よくありますね。本の感想を語り合うのも、良いかも。
 ジェイン・オースティンの本、私も読んだことないです。

投稿: マサエ。 | 2008年5月19日 (月) 09時54分

ジェイン・オースティン、初めて聞きました。
人生の解毒剤になるってどんな内容なんだろう?
興味がそそられます。

読書会いいですね。
ブログに本や映画の感想を書いて公開するのも、この読書会に通じるものがあるかもしれませんね。

投稿: tkc | 2008年5月19日 (月) 19時45分

♪ばるさん、こんにちは♪
原作を読まれたのですね。
ジェイン・オースティンが気になりますよね。
長いのか・・・。エマは確か映画になってますよね。これは、映画にしとこうかな(笑)

本や映画は私のお師匠さんになってくれることが多いです。
いい本や映画に出会えると無条件に幸せな気分になります。
のわりには成長しない自分がココにいるんですけど・・・( ̄ω ̄;)!!

♪まにーさん、こんにちは♪
この映画の上映は少ないようです。
大阪も一月遅れでした。
お話は面白かったのですがやはりジェイン・オースティンを知らないと解りづらいかも。
想像力でクリアしないとダメなのでちょっとしんどいです(笑)
本は好きなのでどんどん読みたいのですがなかなか時間がないのが辛いです。
こっとスイスイと読めればいいのですが(ノω≦、)

♪マサエ。さん、こんにちは♪
ジェイン・オースティンってアメリカやイギリスじゃ、かなりポピュラーなのですって。
なので「プライド(高慢)と偏見」とか「エマ」とか映画化されてますし、「ブリジットジョーンズの日記」も「高慢と偏見」からヒントを得たものなのですって。
読書会、今、アメリカの中級階級で流行ってるらしいです。ホームパーティーの新しい形なのかもしれません。
接待ベタは日本では難しいかもしれないけど楽しそうでしょ (#^.^#)

♪tkcさん、こんにちは♪
欧米では人気があるようです。
特に女性に。日本ではハーレクィーンになってたりするので恋愛モノが中心なのでしょうね。


>ブログに本や映画の感想を書いて公開するのも、この読書会に通じるものがあるかもしれませんね

私もそれをチラっと考えました。
発信するだけじゃなくて、こうやって会話が出来ると尚更ですね。だからハマってしまってるんです(#^.^#)

投稿: あばた | 2008年5月19日 (月) 20時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131098/41246127

この記事へのトラックバック一覧です: ♪ジェイン・オースティンの読書会 ♪:

« ♪コンビニのおまけ♪ | トップページ | ♪中之島バラ園♪ »