« ♪大阪市立東洋陶磁美術館♪ | トップページ | ♪懐かしのおやつ♪ »

2008年5月21日 (水)

♪チャーリー・ウィルソンズ・ウォー♪

Photo_2 痛快コメディー映画を観るつもりで出かけたのですが、「そうなんや~」って驚愕の事実を知ることに・・・
そうこれは実話なんです。
とんでもないことをしでかした男のお話です。

おはなしは・・・
1980年代。酒と女に目がないテキサス出身の下院議員チャーリー・ウィルソン(トム・ハンクス)は、恋人で反共産主義者の大富豪ジョアンヌ(ジュリア・ロバーツ)にパキスタンに行くよう命じられる。
現地に赴いたチャーリーはソ連軍の侵略から逃げるアフガニスタンの難民たちの惨状にショックを受け、帰国後、CIA局員(フィリップ・シーモア・ホフマン)の協力を得、議会を言いくるめて、イスラムの敵イスラエルからソ連製の武器弾薬をアフガンに送り込む・・・

2人のオバサンが映画を観終わるなり、「最初から最後まで全然解らなかった。こんなに面白くない映画は初めてや!」って怒ってました。
考えたら、ソ連軍のアフガン侵略(これに反発し、日本もモスクワ五輪をボイコットしたんだよね)とか、イスラエルがイスラムの敵だとかって、この辺のコトを知らないと解りにくいのかも。
ということで、ただのコメディーではありません。

とは言っても、基本的なことさえ解っていれば、面白いのは間違いないです。
チャーリーの破天荒?異端児?犯罪者?的な行動には大笑いです。
議会を言いくるめて、イスラエルからソ連製の武器弾薬をアフガンに送り込む裏ワザが「マジっすか」ってくらい愉快痛快なんです。

トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ、フィリップ・シーモア・ホフマンの演技は言うまでもなく最高!

なのにラスト・・・
今の米国と中東の関係・・・
その原因もここで明らかに・・・

これジョークじゃなく事実だってことが、辛いね~~~。

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、焼いた薄揚げが美味しいの
♪ワケギとお揚げのぬた♪.
見てみて♪

|

« ♪大阪市立東洋陶磁美術館♪ | トップページ | ♪懐かしのおやつ♪ »

コメント

政治をネタにしたコメディですか。
このときにソ連に対抗するためにアメリカが軍事的に支援したイスラム義勇兵が、後のアルカイダになったと言われてますね。
敵の敵は味方、今日の友は明日の敵、互いに利用し利用される、大切なのはいかに自国の民の生活を守るか。国際社会って本当に冷酷ですdespair
コメディとして描いたからこそ楽しむことができるんでしょうね。

>議会を言いくるめて、イスラエルからソ連製の武器弾薬>をアフガンに送り込む裏ワザが「マジっすか」ってくら>い愉快痛快なんです。
これはちょっと気になるな。

投稿: tkc | 2008年5月21日 (水) 21時20分

 アメリカがやったこと、武器を供給するということがその後、どんな結果になるのか、そこが問題ですよね。
 武器を提供されたムジャヒデーンは、確かにソ連軍を破るのですが、それは平和に繋がっていません。今はタリバーンが支配しており、未だにテロが横行し内戦状態にあります。
 私もこの映画、宣伝を見たときはおもしろそう、と思ったのですが、評判を聞くとどうも違うようなので、見なくてもいいかと思いました。やはり、面白いけど、人によっては受け付けにくい内容なのですね。

投稿: マサエ。 | 2008年5月22日 (木) 08時15分

え、これって実話の映画だったのですか!
知らなかった・・・(*_*;
映画館で予告をちらっと見たんですが 単なるコメディだろうと私の中では、流していました。
リチャード・ギアの「ハンティング・パーティ」も実話に
基づいたものだし、これも、チャーリー・ウィルソンズ・ウォーもどちらも、少し予習をしてから観た方がよさそうですね(^_^)v

投稿: まにー | 2008年5月22日 (木) 09時57分

♪tkcさん、こんにちは♪
アメリカに支援を受けソ連と戦ったのがイスラム原理主義のムジャーヒディーン。
この組織がその後タリバンに姿を変えアフガニスタンを支配したわけですね。
皮肉な話です(;´Д`)
あっ!後、男性ならチャリー率いる美人秘書チャーリーズエンジェルにもトキメクかも(笑)

♪マサエ。さん、こんにちは♪
「人間万事塞翁が馬」の話をラスト近くにCIA局員のガストがチャーリーに進言します。
今が良くても、この先がどうなるのか解らないよ・・・
その頃のアメリカとソ連の関係、アフガニスタンの惨状などを考えるとチャーリーの取った行動は間違ってはいなかった。
でも世の中は動き続けているってことを見過ごしてしまった訳ですね。
皮肉な話です(-。-;)

今週末には「ナルニヤ国」が始まります。実話より、やっぱファンタジーの方が楽しめそうです(^◇^;

♪まにーさん、こんにちは♪
もし観るならお勉強はしておいた方がいいかも d(^_^o)
あっ。でもtkcさんや、マサエ。さんが語ってくださったことが解っていたら十分です。
意外とこのあたりのことを知らない方って多いので逆にこの映画で知ってもらうのもいいかもって思います。
アフガンの惨状を語るシーンでは泣いちゃいます。そして今、またアメリカが報復という名の殺戮をこのアフガンに繰り返していると思うと胸が痛いです。
最近またこの手の映画が増えてますね。「忘れるな」ってことなのでしょうか・・・アメリカさんこそ。ホント、忘れないで!って言いたいです。

投稿: あばた | 2008年5月22日 (木) 20時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131098/41277935

この記事へのトラックバック一覧です: ♪チャーリー・ウィルソンズ・ウォー♪:

« ♪大阪市立東洋陶磁美術館♪ | トップページ | ♪懐かしのおやつ♪ »