« ♪万博記念公園の春のお花♪ | トップページ | ♪実験4号♪ »

2008年4月29日 (火)

♪リオ 警視庁強行犯係・樋口顕♪

Photo_2 今野 敏 (著)
新潮文庫
お友達のFUHさんが読まれていて面白そうだったので読んでみました。

おはなしは・・・
新聞の集金に来た青年とマンションの住人の女性は住人のいないはずの部屋から美少女が飛び出してくるのを目撃。その部屋には中年男性の死体が。男性はマンションのオーナーであり、デートクラブの支配人でもあった。
捜査本部はその美少女「リオ」に容疑を深めるが、警視庁捜査一課強行班の樋口顕警部補は直感から潔白を信じる。
だが、また別の殺人事件の現場でも「リオ」が目撃され・・・

とあらすじを述べると普通のミステリーなのですが、これがちょっと違うのです。
警視庁強行犯係 樋口警部補が主人公なのですが、この人物が今までにないタイプ。このキャラ設定がいいんです。

上からは評価されているにも関わらず、常に自信が持てず人の顔色を伺ったり、いかに波風を立てずにやっていくかだけを考えていたり。
団塊の世代の次の世代ということで、全共闘運動の後始末の世代であり、非常に保守的な価値観を持っており、その結果マイホーム主義者なのです。
なのに容疑者「リオ」の美少女ぶりに恋心まで抱いてしまう。とても人間的で身近な存在。
何か情けない刑事って思ってしまうかもしれないですが、これ、一人称で書かれてるからそう思うので、第三者の目には出来る刑事に他ならないのです。そのギャップも面白い。

そんな、事なかれ主義の樋口警部補が今回の事件では捜査本部の方針に逆らってまで、捜査を進めます。
「誰かの信頼を得ようとしたとき、波風を立てまいとしているだけじゃ済まないことがあるということがわかった。」

そうなんですよね~。八方美人なだけでは前に進めないんですよね。
ガツンとやられたって感じ。

他にも過去、心理学を学んだという氏家刑事による若者の心の内の描写。
特にアダルトチルドレンのお話は興味深かった。

ミステリーとしての意外性はないのですが、人を描いている部分がとても興味深い本でした。

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、自然なトロミが美味しい
♪オクラのスープ♪.
見てみて♪

|

« ♪万博記念公園の春のお花♪ | トップページ | ♪実験4号♪ »

コメント

できるマイホーム刑事ですか(笑
ミステリー小説の主人公って、何らかの欠陥を持っていてそこが魅力だったりするんですが、こういったキャラクターも新鮮でいいですね。

>なのに容疑者「リオ」の美少女ぶりに恋心まで抱いてしまう。とても人間的で身近な存在。
男は美人にはやっぱり弱いもんですcoldsweats01

投稿: tkc | 2008年4月29日 (火) 20時33分

あばたさん、こんにちは!「リオ」読まれたんですねー。私はいつもあばたさんの読書記録を拝見して「面白そう!読んでみよう!」と思っても、思うばかりで全く追いつけてません、、お恥ずかしいwobbly
今野敏モノは、樋口警部補にしても、安積警部補にしても、STシリーズの百合根警部にしても、情けない感じのキャラ設定なんですよねー。私は短気なので時々イラッとしてしまうこともありますが、でもやっぱり憎めない、みたいなcoldsweats01 人間らしくて、面白いですよね。

投稿: FUH | 2008年4月30日 (水) 10時39分

♪tkcさん、こんにちは♪
なんか不思議な主人公でしょ(笑)
ミステリーというより、「刑事」ってものにスポットを当てたようなお話。

やっぱ男性は「女は顔」ですか・・・
頑張って磨かなきゃ(笑)

♪FUH さん、こんにちは♪
樋口警部補、安積警部補、百合根警部!!!
まだまだいるのですね~。個性的な人たちが(笑)
おいおい追いついて行きたいです。楽しみがまた増えました(≧▽≦)

投稿: あばた | 2008年4月30日 (水) 21時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131098/41032791

この記事へのトラックバック一覧です: ♪リオ 警視庁強行犯係・樋口顕♪:

« ♪万博記念公園の春のお花♪ | トップページ | ♪実験4号♪ »