« ♪母のウォーキング♪ | トップページ | ♪この人にならついていく!♪ »

2008年4月 6日 (日)

♪悲しみが乾くまで♪

Photo_2 このメロドラマ風の題名を見て、あまりピンとは来なかったのですが、何故か気になってしまって・・・
ハル・ベリーとベニチオ・デル・トロ。このメロドラマとは無縁そうな2人。
このギャップがね~。やっぱ気になるでしょ~。

お話は・・・
オードリー(ハル・ベリー)は夫のブライアン(デヴィッド・ドゥカヴニー)と2人の子どもに囲まれ、幸せな日々を送っていた。
オードリーの唯一の不満は、夫が親友でドラッグ中毒者のジェリー(ベニチオ・デル・トロ)を、夫婦の時間を割いてまで気に掛け世話を焼くことだった。
そんなオードリーを襲った突然の不幸。夫が外出先で夫婦喧嘩の仲裁に入り、銃で殺害されたのだ。
どうしても夫の死を受け入れることができない彼女は、ジェリーを家に招き入れ一緒に暮らし始めるのだが・・・

オードリーは夫の意思を継ぐつもりでジェリーに手を差し伸べたのでしょうか。
しかし、心の無い施しは、結局は自己満足。相手を傷つけるだけ。

愛する夫を突然失った妻。
最後まで自分を見捨てずにいてくれた唯一の友、そんな親友を失った麻薬中毒の孤独な元弁護士。
同じ痛みを持つ者通し。
相手の気持ちが解るからこそ、受け入れることの出来ない優しさがあったり、ぶつけることの出来ない苦しみがある。

でも、オードリーは悲しみのどん底に陥ることで人の痛みに気付き、
ジェリーは必要とされることで前向きに生きようと努力し始める。

そう、一人で悲しむ必要はない。

「Accept the good」 (善は受け入れろ)
夫が子供たちによく言っていた言葉。
良い流れには乗りましょう。

頼ること、それはとても大切なこと。
人は一人では生きていけないのですから。

少し人が苦手。それでいて負けん気が強くて強情な私。
素直に人に頼ることが出来ない私にはズンとくる。
そんなことを感じさせてくれた映画でした。

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、シャキシャキの歯ざわりが美味しい
♪キヌサヤの炒め物♪.
見てみて♪

|

« ♪母のウォーキング♪ | トップページ | ♪この人にならついていく!♪ »

コメント

この映画知りませんでした。
調べたら、まだこちらでは公開されてませんでしたぁ
(^_^;)
なんだか あらすじだけ聞くと変わった話だなーと
思いますね。

でも人間ドラマのようで 訴えかけるものがありそうですね。
ハル・ベリーの普通の主婦?役が想像つきません。

投稿: まにー | 2008年4月 7日 (月) 09時39分

♪まにーさん、こんにちは♪
上映映画館も少なくて、宣伝もあまりされてなくて、多分知らない人が多いと思います。
ハルベリーと言うと007のイメージが強くて主婦?って思ってしまいますよね。しかも2人の子持ちの未亡人。
正直、別人に見えました。
お話の内容は恋愛モノっぽいのかと思いきや、二人の関係は同志だったりライバルだったり。そのあたりが新鮮に感じました。
哀しいばかりじゃなく希望や勇気をもらえる映画でしたよd(o^v^o)b

投稿: あばた | 2008年4月 7日 (月) 20時51分

私もこの映画のことまったく知りませんでした。
あばたさんは幅広くいろんな映画を鑑賞されてみえますね。
私は本にしろ映画にしろものすごく偏っている傾向があるので反省sweat01

この映画も色々考えさせられそうです。
ハルベリーは演技の幅の広い女優さんですね。

投稿: くるみ | 2008年4月 8日 (火) 12時46分

♪くるみさん、こんにちは♪
映画の情報は最近は映画館で仕入れることが多くなりました。
受身だけだとどうしてもメジャーでPR活動が積極的なもの中心に目が行ってしまって後で航海することが多くて。
でも、日本の映画館ってお金の掛かってる映画ばっか流すから、いい作品がミニシアターでしか観られなかったりしますよね。
どの映画館も同じ内容ばっか。もっと個性を出してほしいなと思います。

本は本屋で前に置かれてるのが中心。なのでハズレも多かったです( ̄ω ̄;)!!
最近はブログで教えていただいた本とかを読む機会が多くなってハズレも減りました。
くるみさんのも参考にさせていただきますねwink

投稿: あばた | 2008年4月 8日 (火) 20時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131098/40790670

この記事へのトラックバック一覧です: ♪悲しみが乾くまで♪:

» 悲しみが乾くまで 2008-18 [観たよ〜ん〜]
「悲しみが乾くまで」を観てきました〜♪ オードリー(ハル・ベリー)は、夫のブライアン(デヴィット・ドゥカウヴニー)と二人の子供に囲まれ、幸せな生活を送っていた。しかし、或る日ブライアンが事件に巻き込まれ射殺されてしまう。悲しみのどん底の突き落とされたオードリーは、夫の親友で麻薬中毒に苦しむジェリー(ベニチオ・デル・トロ)に一緒に住んでくれるように頼む・・・ 人気Blogランキング      ↑ 押せば、頼れる人が現れるかも!? Blog人気ランキングに参加してます。 ご訪問の... [続きを読む]

受信: 2008年4月14日 (月) 06時32分

« ♪母のウォーキング♪ | トップページ | ♪この人にならついていく!♪ »