« ♪コンビニのオマケ♪ | トップページ | ♪Sweet Rain 死神の精度♪ »

2008年3月21日 (金)

♪マリー・ローランサン展♪

1 天保山にある【 サントリーミュージアム.】で
3月8日(土)~5月11日(日)まで
行われているということで行ってきました。

女性でこの方の絵が嫌いって方はいないですよね。

とても優しくて、かわいいlovely

今回は油彩・水彩・版画等あわせて約90点、初期から晩年にいたる彼女の生涯を辿れるということでとても楽しみにしていました。

彼女の描く、とても幻想的で、まるで妖精のような女性たちは、ある意味憧れでもあります。

そんな彼女の絵が確立するまでには、波乱万丈の人生があり、それがあったからこそ、ここに行き着いたのだということが解りやすく展示されていました。

2 彼女の父親は別に家庭があり、彼女は母親と二人、男性の入り込めない家庭で育ち、その母の影響で音楽や美術に触れ、その感性を高めていきます。

はじめは、ピカソなどの影響のもとにキュビスム的な作品を手がけますが、恋人の詩人アポリネールに才能を見出され、彼女独自の女性ならではの作風を確立していきます。

その後、アポリネールとの別離、母親の死を迎え、傷心の彼女はドイツ人貴族と結婚、第一次世界大戦中の7年間に及ぶ亡命などを経験するのです。

戦後、離婚して単身パリに戻ってからのマリーは、それまで彼女の絵にあった「憂い」を消し去り、繊細さと華やかさと官能性をあわせ持つ、夢の世界の幸せな女性像を生み出しました。

3 彼女の絵は上流階級の女性たちに支持され成功を納めます。
そういった人たちとの繋がりが、より一層、彼女の絵を洗練されたものへと導いていったようです。

彼女がオリジナルで作った便箋の左上には「私は贅沢が好き」という文字が印字されていたようです。ちょっと意外な感じがしますが、
それって「私は洗練されたものが好き」って意味なのですって。
今のセレブ志向に繋がるものがあるのかもしれないですね。

本物に触れることで自分を高めていく。
わたしもいい出会いをもっと一杯したいなと思ったりするのでした
wink

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、あっさり味
♪菜の花の胡麻和え♪.
見てみて♪

|

« ♪コンビニのオマケ♪ | トップページ | ♪Sweet Rain 死神の精度♪ »

コメント

淡くて抑えた色合いがいいですね。
華やかでいてどこかに影が付きまとうように感じましたが、この人の半生が影響しているのかもしれませんね。

投稿: tkc | 2008年3月22日 (土) 00時33分

やわらかく、やさしい絵画で温かい気持ちになります。
でも、その絵画の裏には このような人生が隠されて
いたなんて((+_+))
それを知ると 同じ絵画でも見え方が変わってくるようです。

投稿: まにー | 2008年3月22日 (土) 11時38分

 マリー・ローランサンの絵、私も好きです。ほんわかと優しそうな絵。夢見るような女の人、いいですねー。
 贅沢が好きっていうのも、大事なことかも。それは、金銀宝石というのではなく、心の贅沢。美しいものを見ること、美味しいものを食べること、ゆったりと時を過ごすこと。
 こういう絵を見に行くのも、心の贅沢の一つかな。

投稿: マサエ。 | 2008年3月22日 (土) 15時04分

♪tkcさん、こんにちは♪
そうですね、彼女の絵には光と影が共存しているのかもしれません。
何処か遠くを見つめるような黒目がちな目は彼女の幸せに対する憧れの現れなのかも。
この絵の優しさも辛さを味わったからこそ表現できるものなのかもしれませんね(∩.∩)

♪まにーさん、こんにちは♪
私も今回観に行って、初めて見えてきた部分が多くて。
無垢な少女の絵にも、影が寄り添っているような。
そう思って観てみると、より一層、彼女の絵が愛おしいものになりました(#^.^#)

♪マサエ。さん、こんにちは♪
前に「いい女になるための・・・」みたいな本を本屋でパラパラっと見たことがあるのですが、そこに書かれていた一つに「100円ショップには行かない」ってのがあって、粗悪なものに触れない、本物に、より多く出会って自分を高めることって。
なるほどな~って思いました。まっ。100円ショップにもいいモノはありますが、それを見極める目も本物を知っているからこそなんですよね。
心の贅沢、大切ですね。心が豊かであること、満たされていることって幸せですもんね(#^.^#)

投稿: あばた | 2008年3月24日 (月) 20時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131098/40587483

この記事へのトラックバック一覧です: ♪マリー・ローランサン展♪:

« ♪コンビニのオマケ♪ | トップページ | ♪Sweet Rain 死神の精度♪ »