« ♪WONKAチョコ♪ | トップページ | ♪エリザベス:ゴールデン・エイジ♪ »

2008年2月15日 (金)

♪悪夢のエレベーター ♪

Photo_2 木下 半太 (著) 

ブログで連載されていた小説が書籍化されたものだそうです。
それを最初に知ってたら絶対に読まなかったかも。
笑える本が読みたいなと思っていて、本屋で目に付いて購入。
でも正解でした。面白~~~~いhappy01
      
おはなしは・・・
後頭部の強烈な痛みで目を覚ますと、緊急停止したエレベーターに閉じ込められていた。
同僚の送別会のあと、酔いつぶれた女性をマンションまで送った帰りの出来事。
エレベーターに乗り合わせたのは、胡散臭い不動産屋に引きこもりのオタク青年、そして自殺願望の女。
臨月の妻からの電話で「いよいよみたい」と聞かされたばかりなのに・・・
しかも、三人には犯罪歴があることまで発覚。
という自分も同僚というのは言い訳で浮気相手の部屋から出てきたばかりというのがバレてしまい・・・
精神的に追い詰められた密室で、ついに事件が起こる・・・

読んでる途中で「これ舞台劇とかにすると面白いだろうな~」と思っていたら、この作者、劇団を主宰している方なのだそうです。
読み始めると面白くって一気に読んでしまいました。

同じシチュエーションが3人の目を通して語られます。若干の時間軸のズレで物語の全貌が見えてくるのですが、そのあたりの持って生き方が上手い。
同じ状況を味わいながらも、人それぞれ、感じ方が違うっていうのも面白い。

難しいことを考えずに、ただ笑いたい方にはオススメの本ですgood

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、シャキシャキの歯ごたえが美味しいおひたしです。
♪もやしのおひたし♪.
見てみて♪

|

« ♪WONKAチョコ♪ | トップページ | ♪エリザベス:ゴールデン・エイジ♪ »

コメント

 同じシチュエーションが何人かの目を通して語られるというのは、芥川龍之介の藪の中にも似ていますね。
 これは面白いのですか。笑える小説というのも良いですねー。人によって同じものを見ても感じ方が違うというのは、確かにありそうですね。

投稿: マサエ。 | 2008年2月16日 (土) 10時01分

♪マサエ。さん、こんにちは♪
「藪の中」は読んだことがないので、読んでみようと思います。そういえば「冷静と情熱のあいだ」というのも男性と女性がそれぞれの気持ちを語った本でした。しかも2人の作家( 江國 香織 , 辻 仁成)がそれぞれ男性と女性のパーツを書いてましたね。あれも興味深かったです。
少々ブラックなユーモアなんですけどTHE娯楽小説って感じ。引きこもりのオタク青年が特に面白いですよhappy01

投稿: あばた | 2008年2月16日 (土) 18時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131098/40134293

この記事へのトラックバック一覧です: ♪悪夢のエレベーター ♪:

« ♪WONKAチョコ♪ | トップページ | ♪エリザベス:ゴールデン・エイジ♪ »