« ♪L FILE No.15♪ | トップページ | ♪何が出るかな?♪ »

2008年2月11日 (月)

♪L change the WorLd♪

Photo_2 初日、早々に観てきました。
「デスノート」のスピンオフ作品。
Lを主役に、映画「デスノート」の後のLの最後の23日間の物語です。

おはなしは・・・
アフリカ奥地で発生した出血熱性のウィルスが発生。村は全滅。更に何者かに爆破される。
’F’という男性は、唯一、ウィルスに犯されなかったBOYを助け出し、TEL番号と暗号を教え、自身は殺害されてしまう。
BOYの電話は’L’に繋がる。
一方日本では二階堂博士が、そのウィルスの抗体を発見するが、バイオテロを目論む集団に襲われ、全てのデーターを消し去った後、自ら命を絶つ。
二階堂博士の小学生の娘は父親から「ワタリに渡すように」と伝えられたものを持って’L’の元へ逃げ込む。
抗体を狙うテロとLとの攻防が始まる・・・

ストーリーはありきたりかな。全体的に子供騙し。掘り下げがもう少し欲しいところ。
でもそこは’L’の特異性がちゃんと補ってくれます。
2時間があっという間に過ぎてしまいました。
多少グロい表現もありましたが許容範囲内。とはいっても必要性は感じられませんでしたが(笑)

’L’が最後にBOYに伝える言葉は
【WorLd】の大文字の部分の謎を解き明かしてるのかな?
「W」がワタリ。「L」はもちろん’L’
たとえ世界一の天才’L’も彼だけでは何もなしえなかった、人は繋がりを持ってこそ何かを成し遂げることが出来るってことを言ってるのかなと。(考えすぎ?)

’L’ファンが’L’の心境をアレコレ考えながら観るのなら楽しめます。松山ケンイチさんが、そのへんを実に見事に演じてたと思います。

エンドロールの後はささやかな映像あり。
最後までちゃんと観ましょうね。

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、あったまるよ~
♪山菜あんかけ饂飩♪.
見てみて♪

|

« ♪L FILE No.15♪ | トップページ | ♪何が出るかな?♪ »

コメント

わっ!あばたさーん!
おんなじブログネタだよーcoldsweats01
きっと2月9日はあばたさんは、「L」か「バチスタ」のどっちか観て、そのレビューを書くだろうなーとワクワクして覗いたら・・・。
私と一緒やんっ!!!!!
もう、あばたさんは他人と思えないっ!
私の感想もあばたさんとほぼ同じっhappy02
あの壮絶過ぎるグロは、そこまでやる必要あったの?と思いますねー。やっぱ、あのホラー映画の「中田監督」だから?
「BOY」の正体のオチ・・・。
まぁ、なんとなく読めたけど、
原作のあのキャラがLの次に大好きな私は、
えーー?って思いましたcrying
でも、松山ケンイチさん、「L」になりきっていましたね♪

投稿: pingu | 2008年2月11日 (月) 19時27分

やっぱり早々に行ってますね☆

デス・ノートTVで2pencil見たけど、マンガとは違うけどよくまとめた終わりかたしてましたね。そうきたか~っと感心してしましました。

なんかLのキャラって意外とお茶目ですよね。
写真集まで買ってるあばたさん凄いなgood

投稿: えんぼう | 2008年2月11日 (月) 22時43分

 あばたさん、こんにちは。
 私もLを見てきました。私は、どうもこの人類絶滅思想とウィルスの現実性が怖いなーという気がして。
 映画では単なる話で、あの女の子だけが発病が遅かったりと都合の良いストーリーになっていましたが、現実問題として起こりえる部分もあるなーと思いました。

投稿: マサエ。 | 2008年2月12日 (火) 16時35分

♪pinguさん、こんにちは♪
わ~い。L友、L友happy01
ニアがアジア系なのはビックリですよね(笑)あの金髪は染めてるのか???
これで松山ケンイチ「L」が見られなくなると思うと寂しいよ~~~bearing


♪えんぼうさん、こんにちは♪
映画のラスト。上手く作ってたでしょ~。原作よりいいと思いました。
写真集だとは思わなかったんですよ。メインは漫画だと思ったから。でも手にして中を見て嬉しかったんですけどねcoldsweats01

♪マサエ。さん、こんにちは♪
映画のテロ集団があまりにも貧弱だったのでリアリティーがないと思ったのですが、こういう化学兵器的なものは、これから先ありそうですよね。
この間の冷凍餃子も今回は農薬でしたが、これがウィルスだったらと思うとゾっとしますよねbearing

投稿: あばた | 2008年2月12日 (火) 20時06分

やっと観て来ましたよーcoldsweats01 鶴見さんにのけぞったり、ナンちゃんにズッこけたり、ツッコミどころも満載でしたが、とりあえず面白かったw Lありきの映画ですが、そもそもそういう映画ですもんねww
しかしあらためて、Lっていいな~と、Lはマツケンしかいないな~と、思いました。。Lファンのための映画でしょ~と思いながら観に行ったのに、自分がまんまとLファンになって帰って来ました( ̄▽ ̄;

投稿: FUH | 2008年3月 5日 (水) 10時10分

♪FUHさん、こんにちは♪
マツケン。ホントにいいですよね。前に誰かが「彼は役になる対象が憑く」って言ってました。まさに「L」が憑いてましたよね。
そのマツケンの演技をまるごと受け止めた監督もスゴイです。
次は無いと思うと寂しいですよcrying

投稿: あばた | 2008年3月 5日 (水) 20時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131098/40086984

この記事へのトラックバック一覧です: ♪L change the WorLd♪:

» L change the WorLd [信乃助's BLOG]
早速観に行った。踊るのスピンドルとは違い、本編を意識した作りになっており、世界観... [続きを読む]

受信: 2008年2月11日 (月) 18時17分

« ♪L FILE No.15♪ | トップページ | ♪何が出るかな?♪ »