« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月31日 (木)

♪セクハラ?♪

Wwd ファッション紙【WWDジャパン】でちょっとビックリな記事を発見。

「痴女かセクハラか台湾でおったまげ」

内容を見てみると台湾の下着メーカーO社が自らの商品をアピールするために
「キャミソールデー」というものを設定したらしい。
それはなんと

キャミソールとショーツのみでお仕事をする

というもの。
普通、反発しますよね。
なのに、ここでは社員の9割の方がそれにならったらしいですヽ(゜ロ゜; )

このO社。実は我が社とも取引があって、その女性社員の方も数名存じ上げてるだけに尚更ビックリです。
ウチの男性社員は「え~~~。李さんも、王さんもかな~」って、ちょっとニヤけてたりして。
あんたらこそが加害者だって~の(`ε´) 

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、、「さつま汁風」
♪具沢山のお味噌汁♪.
見てみて♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年1月30日 (水)

♪テラビシアにかける橋♪

Photo_2 児童文学の名作を「ナルニア国物語」の製作陣が映画化したと聞いては、ファンタジー物好きの私としては外せません。
ってことで観てきました~。

おはなしは・・・
小学5年生のジェスは貧しい家庭に育ち、クラスのいじめられっ子だった。
彼は隣家に越してきたおてんばで風変わりな少女レスリーと仲良くなる。
二人は、とある小川をロープを使って渡った先にあったツリーハウスを基地にし、そこを「テラビシア」と名づける。
絵が上手なジェスと文章を書くのが得意なレスリーは架空の王国“テラビシア”を想像して遊ぶようになるが、そんな2人に悲劇が待っていた。

物語はもっとファンタジー性が強いと思っていましたがそうでもなく感動物語。
わたくし、かなり泣かされてしまいました(ノω≦、)
お話の中でジェスはとても大きな心の傷を負います。
その傷を乗り越え成長するのに必要だったのは友情と家族愛、そして夢を思い描くことだったのです。
少年少女の運命を描く感動的な映画でした。

主人公のジェスとレスリーの演技も共に素晴らしいです。
レスリーは『チャーリーとチョコレート工場』でガムばかり食べてブルーベリーになっちゃった女の子が演じていますが、あの生意気そうな表情も健在、プラスとてもキュートな笑顔がとてもかわいいのです。

2 写真は前売りで頂いたノートです。
この絵はジェスが映画の中で描いたテラビシア王国。
中はしっかりした真っ白の紙なので絵を描くのに丁度いいです。私も夢など描いてみますか 〆(・ω・o)

子供のころって、こうやって空想の世界で遊んでましたよね。そこから夢を貰って大人になったんだなと改めて思い出したりしました。

目を閉じて、心の目を開いて!

大人になっても見えてくるものが、きっとあるはずですよね(#^.^#)

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、エビチリのイカバージョン
♪イカチリ♪.
見てみて♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月29日 (火)

♪空中ブランコ♪

Photo_2 奥田 英朗 (著)

第131回直木賞受賞作なのでそうです。
ふ~~~ん。こんなお馬鹿で笑える小説が直木賞を取っちゃうんだ。

お話は・・・
破天荒な治療を行う精神科医、好奇心旺盛でよく言えば天真爛漫、悪く言えば無鉄砲、実は大病院の御曹司「伊良部一郎」
彼の元に訪れる、おかしな患者たち。
何故か彼らの持つ重圧が伊良部の前では嘘のように消え去っていく・・・

とにかく笑えます。
だって伊良部がバカなんですもん。
100Kgを超える巨体。なのにその人間性たるや小学生、いやそれ以下。ただの駄々っ子。
でも何故か気付けば周りは彼に巻き込まれ、不思議と癒され救われる。

何が何だか解んないだけど、この伊良部の超天然ぶりが現代を生きる人たちには欠けてるってことなのかな~?

環境の変化に馴染めず人間不信に陥ったり、虚勢を張って生きてきた反動で恐怖症になったり、見栄やプライドによる重圧に耐え切れなくなった患者たちは、何処か今の自分と重なるところがあって、いつのまにか私自身も伊良部を求めてたりしてしまうのです。

複雑な現代に生きる私たちに、ちょっとしたオアシスを与えてくれる、そんなお話ですよ (#^.^#)

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、大根が沢山たべられます
♪ふろふき風大根♪.
見てみて♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年1月28日 (月)

♪復活♪

Photo_3  先日お話してた「口内炎」
想像以上に長引いて、かなり参ってしまいました。
ケナログ。2箱、使い切りました。
今になってようやく、回復に到りました。

と言うわけで、ここ数日は食欲もなく、美味しそうなものを見ても感動すら憶えなかった・・・
これってかなり不幸ですよね(ノω≦、)

「口内炎」になる前に1度食して気に入っていた「餅どら」
デイリーで売ってました。
もう販売終了になったかと思ったら、まだあった!
早々買って帰ってきました。

うぐぐっ(#^.^#)
嬉しいです(#^.^#)

体調がいいって幸せだな~d(o^v^o)b

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、かなりあっさり薄口です。
♪カボチャと竹輪の煮たん ♪.
見てみて♪

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年1月27日 (日)

♪母べえ♪

Photo_2 先日「へなちょこ通信」のみちさんがお母さんになられました。
かわいい男の子だそうです。めでたいです(ノ^ω^)ノ

だからって訳ではないのですが【母べえ】を母と一緒に観てきました~。

おはなしは・・・
前年に欧州で第二次世界大戦が勃発した1940年。
東京に暮らす野上佳代は、夫の滋、娘の初子、照美と貧しいながらも、明るい家庭を築いていた。
しかし、反戦を唱える滋が治安維持法違反で検挙され、佳代は夫との面会を求めて奔走する一方、家族を養うため、義妹のチャコや滋の教え子の山ちゃんの助けを借りながら、学校の臨時教員として働き、隣組集会へも参加、多忙な日々をすごしていた。
そんな中、戦争の影は益々色濃くなりはじめ・・・

戦争のお話ですが戦場のお話ではありません。
戦時中の市民の「家族を思う心」「人を思う心」を描いています。

言いたいことが言えない世の中。
家族を想いながらも自分の意思を変えることの出来ない父親。
夫の意思を尊重しながらも子供のため、思ってもいないことを口にし、下げたくも無い頭を下げる母親。
やっぱお母さんって強く逞しい。

浅野さん演じる、誠実だけど、いつもドジな山ちゃんや、鶴瓶さん演じるかなりKYな叔父さんなどがとってもいいキャラで暗くなりがちな映画をほのぼのとしたものにまとめてくれてます。このあたり山田洋次監督の凄さかな。

言いたいことが言える、やりたいことが出来る、そんなあたりまえのことが、どれだけ幸せかってことを、改めて思い出させてくれる。
戦争の切なさ、むごさを、別の視点で優しく教えてくれる映画でした。

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、冷凍小芋を使った簡単煮物です
♪イカと小芋の煮物 ♪.
見てみて♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年1月25日 (金)

♪狭くなる関西♪

Photo 面積が小さくなるって意味ではないです。
関西内のアクセスがとても良くなるってお話です。

阪神電車(今は大阪梅田~神戸方面を走っています)が、2009年春に「西大阪線」開業を目指しているのです。
噂では聞いていましたが、もう来年の話なのですね。

西大阪線は、阪神西九条駅と近鉄難波駅を結ぶライン。
ということは、神戸方面から大阪ミナミの繁華街である難波、さらには奈良方面、三重方面へのアクセスがとっても楽になるのです。

私も今まで神戸方面へ行くとなると、一度梅田まで出て、そこから阪神電車か阪急電車に乗り換えなければならなかったので、結構億劫でした。

観光で来られた方も今までよりも関西を楽しむことができるはず。神戸・大阪・奈良・はたまたお伊勢参りまで。
ちょっと楽しみでしょ~。

来年の旅行はぜひ関西におこしやす~(^ノ^)ノ

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、ローカロリー揚げ物
♪一口カツ・レモンソース♪.
見てみて♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月24日 (木)

♪カーネーション♪

Photo_2 父の会社で働いてくださってる女性社員のAさん。
「お友達に沢山いただいたのでお裾分け」とカーネーションを持ってきてくださったそうです。

ちらりと見かけたことはあっても、お話もしたことのないAさん。
なのに私の中では「あまり好きでない人」として位置づけられてるAさん。

と言うのも、別の社員の方から
「毎朝、奥さん(私の母)が会社の前を掃いておられる横で縄跳びをしている」という話を聞いたから。
「フツー、目上の人が掃除してたら箒を奪ってでも自分が掃除をするんとちがう?
しかも埃をたてるように縄跳びやなんて(`ε´)」
ということで、私の頭の中には、非情な、常識ハズレな女性としてインプットされてしまっているのです。

というわけで、こんなにキレイなカーネーションなのに、少しも嬉しくないのです。

んん~~。私って何か損してる?
Aさん、電車でわざわざお花を持ってきてくれるなんて、ひょっとしたら優しいとこがあるのかもしんないし。
機会があったらお話してみようかな~。

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、あっさり煮物です。
♪小松菜の煮浸し♪.
見てみて♪

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年1月23日 (水)

♪モルヒネ♪

Photo_2 安達千夏(著)

「あなたがほしい」で第22回すばる文学賞を受賞した安達千夏さんの久々の本ってことで期待して手にしました。

お話は・・・
ホスピスの在宅医療の医師・藤原真紀。
彼女は過去に母を自殺で、姉を父親の暴力で失い、自分が死ぬ自由を獲得するために医者になった。
学生時代の恋人、倉橋克秀。ピアニストになるため海外留学の道を選び、真紀の前から姿を消していた。そんな彼が七年ぶりに真紀の前に患者として現われた。
克秀は余命三ヶ月の末期癌だったのだ。
克秀は真紀にモルヒネによる安楽死を要望する・・・

う~~~ん。重い。

真紀と克秀が少々特殊な考え方の持ち主として書かれているので共感しにくい部分があるのですが、作者の安達千夏さんが母親のレイプによって生まれた子供ってことを考えると何となく言いたいことが見えてくるような気がします。
人は生まれてくるときは自分の意思での選択はできない。
ならば死ぬときぐらいは自分の意思で。

安楽死や尊厳死。今の日本では認められないけれど、自分で死を選び取る方法というものがあるんですね。実際にそれを認める国もあるそうです。
たとえそこまでいかなくても、末期治療の方法くらい自分の意思で決めたいなと思いました。

こう書くと、この本は「死」についてのみ書かれているみたいですが、決してそうではなくて、死に向かう姿勢もその人の生き様なのだなということを気付かせてくれます。
私たちはこの世に生を受けた瞬間から死に向かってるわけですから、毎日を精一杯生きなければならないんだなと思ったりしたのでした。

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、冷凍小芋やグリンピースを使った
♪簡単お煮しめ♪.
見てみて♪

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年1月22日 (火)

♪ぷちモードコレクション♪

Photo_2 3 これも食玩なんです。
着せ替え人形ならぬ、『着せ替えトルソー』ってとこでしょうか。

このトルソー、高さが20cm程度。
お洋服はちゃんとした布だったりファーだったりレースだったりして、結構凝ってます。
集めていけば、イロイロとコーディネートもできるみたい。
これは秋冬バージョン。

4 春夏バージョンもあって、こちらは結構、揃ってます。

トルソーとお洋服は別売りなんだけど、その日の気分でコーディネートさせて遊ぶのも楽しいかも。

今後、アクセサリーや靴や帽子といった小物も増やしてくれると嬉しいんだけど。

小さい頃のお人形遊びを思い出しながら楽しんでしまいました(^┰^;)ゞ

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、クリームチーズでまろやか味のソースです。
♪ビーフソテー・チーズソース♪.見てみて♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年1月21日 (月)

♪スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師♪

Photo_2 観てきました~。
ティム・バートン&ジョニー・デップ。裏切るはずないですよね。
それにジョニーはゴールデン・グローブ賞最優秀主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)とったし♪
この作品自体も最優秀作品賞(ミュージカル・コメディー部門)だしね d(^_^o)

おはなしは・・・
19世紀のロンドン。
ベンジャミン・ベイカーは美しい妻と可愛い娘に囲まれ、理髪師として幸せな生活を送っていた。
しかし、1人の判事がその美しい妻に一目惚れし、無実の罪でベイカーを監獄へと送り無期懲役とされてしまう。
15年後、ベイカーは、脱獄をし名前を、”スウィーニー・トッド”と変え、判事に復讐を遂げるため、また愛する妻と娘に会うために、フリート街へと戻ってくる・・・。
彼はミートパイ屋を営む女性の店の2階に理髪店を開き、復讐の機会を待つ・・・

辛く、悲しく、惨いお話・・・

全体に彩度を落とした暗い映像に血の赤が鮮やかで、その対照的な色彩がどこか芸術的。
過去や夢のシーンは色鮮やかで微笑ましく、特に夢の中での海辺の、”スウィーニー・トッド”には笑わせていただきました。
この対比の取り方はさすがティム・バートン監督って感じでしょうか。
全体に絶望感がいっぱいで、観ていて辛い。その中での明るいシーンはちょっとホットした気持ちにさせてくれます。

でも、でも、でも、やっぱ、辛く、悲しく、惨いお話・・・

人を愛する気持ちが空回りする様をまざまざと見せ付けられてしまいます。
最後の最後まで(意味深・・・)

あっ。あと、血が苦手な方は残念ですが観るのは諦めてください。
絶対無理です。
それと、しばらく挽肉料理は食べられなくなることも覚悟しといたほうがいいかもね(^◇^;

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、クリームチーズでまろやか味のソースです。
♪キノコとチーズのスパゲティー♪.
見てみて♪

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年1月18日 (金)

♪始めてみよう♪

Photo_2 今年は「筆まめ」になるぞ!と決めました。
最近はPCを使うことが多くて、文字を書くということがめっきり減ってしまいました。

字も忘れるし、何より頭に残らない、考えがまとまらない、具体的なイメージが出来ない人になってしまってることに気付いたのです。

ということで雑記帳を仕事用とプライベート用2冊を買ってきました。

で書き始めると
「へったくそな字!!!」
情けないです(;´Д`)

ということで本屋でこんなのを買ってみました。
本に直接書き込んでいくというお手軽なものです。
1日1ページ。
それだけじゃ足りないかと学習帳も買ってみました。
とにかく始めてみます(∂∀<*)v

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、玉ねぎに漬け込んだ鶏肉が柔らかくて甘くて美味しいです。
♪チキンステーキ玉ねぎソース♪.
見てみて♪

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年1月17日 (木)

♪カメラケース♪

Photo_2 先日買った「サイバーショット」

液晶部分が大きいので、傷をつけてしまうのではと心配。

カメラケースを買おうと思ったのですが、「サイバーショット」用のが売ってなかった。

いいのが見つかるまでの急場しのぎに作ってみました。

かぎ針でザクザク。

実に手抜きσ(^◇^;)

しばらくはこれで辛抱です。

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、お出汁も取らないので、とっても簡単。
♪あっさり豚じゃが♪.
見てみて♪

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年1月16日 (水)

♪死神の精度♪

Photo_2 伊坂 幸太郎 (著)

こちらもまた映画化されるようです。
主役は金城武さん。期待大です。

おはなしは・・・
私は死神。
死神界で決定した死ぬべき人間(病死や自殺は除く)を調査し「可」もしくは「見送り」の最終判断をする調査員。
人間の姿になりかわり、千葉と名乗って対象者に近づき、観察し、時に「死」について語らい、最終判断をする。

音楽を愛し、でもクールで冷静で、ちょっと天然?な死神が出会った人間との6つのストーリー。

6編のお話がそれぞれいい感じなんです。
痛みも味覚もない死神の視線で物語が展開していくのですが、彼の目には、人間の言動は逐一不可思議なものとして描かれていて、一切感情が入り込んでいない。
死をほぼ決定付けられた人間はそれとは知らず(中には何かを感じる人もいたりするのですが)与えられた人生を彼らなりに精一杯生きていて、そこんとこに「生きることは素晴らしい」って感じさせられたりするのです。

毎度のことながら井坂氏の書く人物ってホントに魅力的です。
この死神。容姿はそのつど変わるのですが、どこかハードボイルドな雰囲気がただよっていて、クール。
仕事はいたって真面目にこなすのですが、その真面目さが的外れで笑ってしまう。
冷血な死神でありながら血の通いを感じたりしちゃうのです。音楽が好きっていうところにもお茶目さを感じてしまう。

あっ。それとね、「重力ピエロ」の春も出てきます。
ちょっとだけなのですが、井坂ファンとしては嬉しかったりします。

春だけじゃなくて、この本に納められているお話は時を前後して微妙にリンクしてたりして、短編でありながら、もっと深く読み手を引き込んでいきます。
とくにラストの一編には「生きてくことの希望」を感じてしまいました。

これ、映画も絶対いいと思います。
楽しみです。

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、歯ざわりを楽しむ白和えです。
♪きぬさやの白和え♪.
見てみて♪

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年1月15日 (火)

♪口内炎♪

Photo_3 小さい頃から出来やすいんですよね~「口内炎」
疲れたときとか胃を荒らしたときなんかは必ず(ρ_;)

でも今回は、ちょっとキツかった(ρ_;)
1cmくらいの大きいのが出来て・・・
食べられないわ、肩は凝るわ、熱まで出るわでサイテ~(ρ_;)

油断してた(ρ_;)

たいがいは「やばい」と思ったら、うがい、ショコラBB、ケナログで治してしまうんだけど・・・
一旦、こじれると、なかなか治らないんですよね。コレが・・・

なにかいい方法はないのでしょうか・・・

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、中華風ハンバーグです
♪ニラハンバーグ♪.
見てみて♪

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年1月11日 (金)

♪指先から♪

Photo 手首に巻いたサポーター?

いえいえ、これ「カイロ」なんです。

「手首用使い捨てカイロ」というのがあって、この黒いのの中にセットして手首に巻きつけます。

手首から指先に暖かさが伝わって、これがなかなか良いのです。

手首が暖まるとこんなに全身が暖まるとは気付きませんでした。

冷え性。特に指先が冷たくなってしまう方にはオススメですよ(∂∀<*)v

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年1月10日 (木)

♪聴こえないということ♪

Ledzeppelin 先日、TVで知った”浜崎あゆみ、左の聴覚を失う”というニュース。
気の毒だと感じたと同時に「何故、そうなるまで・・・」という疑問が頭をよぎりました。

というのも、私も同じ突発性難聴を患う身だからです。

初めておかしいと感じたのは、浜崎あゆみさんが発病した少し前。
最初は耳に水が入ったような、飛行機に乗ったときに耳がおかしくなったときのような違和感を感じ、そのうち聴こえなくなりました。
病院で「突発性難聴」と診断され、この病気は、
・原因はまだ解明されてない
・治療を施さなければ悪化するだけ
・初期段階ならば薬の服用で改善するが悪化してしまうと回復の見込みはない

と言われました。

幸いその時は薬で回復しましたが、その後も不定期に聴こえなくなります。
原因が解らないので予防の施しようがない。したがって、そのつど病院へ行き、薬を服用しています。早い段階であれば1週間もすれば回復します。私としては風邪みたいな感覚なのですが、片耳が聴こえないというのは想像以上に不快で恐怖すら感じます。本来、「右から聴こえてくる音」を「左から聞こえてくる音」と勘違いするのですから。そして音楽が楽しめなくなると思うと絶望的な気分になりました。

なのでどうして、浜崎あゆみさんが、そこまでに到ってしまったのかが不思議で仕方ないのです。
ましてや彼女は音楽を生業としている身。不便はなかったのでしょうか。恐怖はなかったのでしょうか。
そんなことを感じる余裕もないほど忙しかったのかもしれません。周りがもっと気をつけてあげるべきだったのではとも思います。
いい治療法が見つかるといいのに・・・

写真はレッド・ツェッペリンのアルバム「レッド・ツェッペリンIV」
高校生のころの彼がバンドをやっていて、それで影響されて買ったものです。
とってもいい1枚です。
Amazon.co.jp: Led Zeppelin IV: .
↑ここで視聴できるみたいなので聴いてみて。「Black dog 」「 Rock 'n' roll」特に「Stairway to Heaven」 はおすすめです。

こんなステキな音楽に触れることが出来なくなるなんて絶対に嫌だ。

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、食感が楽しい
♪タコ入りソース焼きそば♪.
見てみて♪

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年1月 9日 (水)

♪感染♪

Photo_2 仙川 環 (著)

この作家さんの本が「医療ミステリー三部作」って感じで本屋さんに3冊並べてあって、ついつい手が伸びたって感じで読み始めました。

お話は・・・
ウィルス研究医の仲沢葉月は、近頃様子のおかしい外科医の夫・啓介に不信感を抱いていた。
ある夜、啓介は女からの呼び出しの電話で家を飛び出したまま音信不通に。
そんな中、啓介の前妻から、慶介との間の子が誘拐されたという連絡が入る。
子供は取引場所で焼死体となって発見された。
葉月は、反対する前妻に黙って警察に通報した自分のせいではないかと悩み傷つく。
やっと帰ってきて葬儀を済ませた慶介は、またも姿をくらます。そんな慶介には警察の疑いの目が。
葉月は夫の無実を信じ、行方を捜すうちに、慶介の子供が心臓移植を受けており、また同じく心臓移植を受けた別の子供も殺害されていた事実に行き着く。

作者の仙川 環さんは医学ジャーナリストなのだそうで、ある部分、今の医学界の問題点も突いています。
どうやら今の医学界、私たちの想像をはるかに超えることまで行ってしまってるのかもしれません。

健康でありたいと願う気持ちは大いにあります。
でも医学の発展に歪みを感じ、戸惑う気持ちもあります。
とは言え、自分や家族が病に臥したら、どうにかして助かりたい助けたいと思ってしまうでしょう。

このお話は親子愛、夫婦愛、そして医療に携わる者の気持ちの葛藤が描かれていますが全体に軽い感じで書かれているので、さらりと読めてしまいます。
ただ登場人物に魅力を感じることが出来なかったのがちょっと残念だったかな?

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、スープ煮と言ってもあくまで和風です。
♪カボチャのスープ煮 ♪.
見てみて♪

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年1月 8日 (火)

♪L change the WorLd ♪

L M (著)
映画『DEATH NOTE』の第3弾(2/9上映開始)の小説版です。
L最期の23日間のお話です。

この本を手にして、先に読むか、映画を観終わってから読むか、悩みまくったのですが、結局誘惑に負けて読んでしまいました(^◇^;

おはなしは・・・
アフリカ奥地で発生した出血熱性のウィルスが発生。二階堂博士はその抗体を発見するが、バイオテロを目論む集団に殺害されウィルス菌を奪われてしまう。
二階堂博士の小学生の娘はその抗体のデーターを持ち出しLの元へ逃げ込む。
抗体を狙うテロとLとの攻防が始まる・・・

前のスピンオフ小説「ロサンゼルスBB殺人事件」 に比べると雲泥の差。ストーリーは期待以上に面白いです。
ただ文章的なものとか、組み立てと言った、小説として見るならば、ちょっと物足りないかもしれません。かなりLのキャラクターに助けられてる感じがします。
とは言え、Lの欠点を際立たせる描写が多くて、やけに人間臭くなってしまってるのはどうかと・・・そういう部分をチラ見せさせる程度がLの天才ぶりを際立たせていいように思うのですが・・・ファンとしては、そういう意外な一面を見せられるのは嬉しくはあるのですが(笑)
このあたり、映画で映像で見せられるのであれば、ちょっと辛いかもしれません。

L2 も、映画と小説は設定が別物になってるって最後に書かれていたし、予告編を観る限りでは大丈夫そうに思うのですが・・・

あと、『DEATH NOTE』の原作を読んだ人なら思わずクスっと笑える箇所も随所に散りばめられています。
装丁の小畑健先生の描き下ろしイラストはとても美しくて、これを眺められるだけでもこの本を手にした価値はあるかも。

LASTはもちろん号泣です(ρ_;)

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、ご飯にもお酒にも美味しいおかず
♪鶏肉のネギ風味焼き♪.
見てみて♪

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年1月 7日 (月)

♪暖めるということ♪

Photo_2 「女の子は冷やしてはいけません」と子供のころ毛糸のパンツを持った母に追い掛け回された記憶が・・・\(#><)/きゃー!

その頃は「カッコ悪い」って気持ちが先行して、「寒いのなんて平気」だと思ってました。

でもどうやら、母の説は正しかったようで・・・

体内にある消化酵素や代謝酵素って、体温が36.5度ないと正常に働かないのですって。
なので体が冷えると疲れがたまったり、体調不良や肌あれになりやすくなるのだそうです。

入浴や運動などによって体温が1度上昇すると、体内の酵素が20%上昇、免疫力も50%アップするとも言われているのですって。

と言っても低体温の私。体温36.5度なんて夢のまた夢。
せめてバスタイムだけでもしっかり温まりたい。

そんな私には「バスソルト」がとっても有効なようです。
お風呂に天然塩を溶かすだけでもいいのだそうですが、今はその他の美容成分やハーブなどを含んだものが売られているので、そういうのを利用すると、同時に美容効果やリラックス効果も期待できます。

健康 & キレイを目指すなら、これかなりいいのではないかと思いますよ d(^_^o)

:ただし肌の弱い人は注意が必要なのだそうです。私も弱いけどこれは平気でしたが・・・

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、この季節のほうれん草って甘みがあって美味しいです
♪ほうれん草の白和え♪.
見てみて♪

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年1月 6日 (日)

♪ONCE ダブリンの街角で♪

Once 「アメリカでわずか2館の公開から口コミで動員数を増やし、最終的には140館での上映となった話題のラブストーリー」
これ聞いちゃうと、観ないわけにはいかないでしょ~(笑)

お話は・・・
アイルランドのダブリンの街角に立つストリートミュージシャンの男。
母親が死に、一人残った父親の元へ戻り、父が営む掃除機修理業を手伝いながらレコード契約を夢見ていた。
ある日、彼の歌を気に入ったというチェコ移民の若い女性が話しかけてきた。彼女にもピアノの才能があることが解り、二人は意気投合する。
前の彼女に裏切られ、心に深い傷を負った男。
金銭的に苦しく、ずっと欲しいと願っているピアノを買うことが出来ない女。
二人のギターとピアノのセッションは想像以上の素晴らしいものとなり……。
新たな希望と創作意欲、そしてロマンスを見出し、自分達の人生を取り戻そうとする二人。
男は夢を実現させるためにロンドンへ行くことを決意。彼女とバンドを組みデモ作りを始めるが、彼女もまた、あることを決意していた・・・

主人公を演じているグレン・ハンサードはアイルランドの実力派バンド、ザ・フレイムスのフロントマンなのだそうで、全編に流れる音楽は、凄くいいです。
時に甘くせつなく、時に力強く、心に響きます。
辛い恋の経験のある方なら涙してしまうかも。

恋と友情の狭間に戸惑う二人の姿は、くすぐったいような、恥ずかしいような・・・

あと主人公の父親がとてもいい。家族愛にも涙します。

でも、こういう映画って、やっぱり日本ではウケないんだろうな・・・残念です(-ω-|||)≡

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 4日 (金)

♪お年玉♪

世間はまだまだお正月ムードの中、初出勤のあばたです。

お正月は家族や学生時代の友達とのんびりダラダラと過ごしました。

Photoそんな中、唯一のお出掛けのショッピングでは、金色のお財布を買いました。
金色や黄色のお財布は金運が高まるのだそうです。
私はブランドモノのお財布を持つと「落とす」というジンクスがあります。
普段は迷信など気にしないのですが、お財布に関しては、どうしても気になってしまいます(笑)

Photo_2その帰りに何気に寄った家電量販店。
デジカメを「いいな~」っと眺めていたら<お正月特価>って札が。確かに安い。
一緒に行った母が「気になるなら買えばいい」と、人の懐の中身を気にする様子もなくあっさりと言ってくれて・・・
ついついその気になって買ってしまいました(^◇^;
【SONY Syber-shot 】3.5インチの大きな液晶画面なのが嬉しいのです。
お金を支払う時になって母が「半分出してあげる」って、お金を握らせてくれて。
この歳になって、またお年玉を貰った気分。
さっそく、お財布のご利益があったのでしょうか(笑)

今年も変わらずパラサイトな日々を過ごしそうな予感です(^┰^;)ゞ

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年1月 1日 (火)

♪新年明けましておめでとうございます♪

Photo_3   き~~~~~んと冷えた、でも、澄み渡った空気が気持ちいい朝を迎えました。
皆様も晴れやかな新年の朝を迎えられたことと思います。

引き続き、このつたないブログで、少しでも幸せのきっかけをお届けできたらいいなと思っております。

今年もどうぞヨロシクお願いいたします(m~ー~)m

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »