« ♪ばたばたのイヴ♪ | トップページ | ♪得正のカレーうどん♪ »

2007年12月26日 (水)

♪メリーゴーランド♪

Photo_2 荻原浩(著)

映画にもなった「明日の記憶」の原作者による小説。
帯に「ニッポン中の勤め人の皆さん、必読」って書かれてて、頑張ってるビジネスマンのお話なのかなと思って読み始めました。

ストーリーは・・・
東京の家電メーカーに勤めていたものの、同僚の過労死続出。
今のままでいいのかと職場を辞め、故郷にUターンしたのが9年前。
啓一は地元の市役所に勤めながら妻と二人の子供と平凡に暮らしていた。
彼は市が出資している第3セクターに出向を命じられた。そこでの仕事は市所有の超赤字テーマパーク「アテネ村」の再建。
役所特有の事なかれ主義に翻弄されながら、テーマパークの施設や出し物を充実させていこうと奮闘するが・・・

主人公がもっと頑張る人なのかと思いきや、イマイチ踏ん張りきれない。活力源は子供の自分に対する目だったりします。
そのあたりが、結構リアルだったりするので、共感出来るお父さんも多いかもね。
その反面、その他の登場人物がアンリアル。
プランナーは少女趣味の極致。催しものに出演する劇団員は常識が通用しない化け物級の個性の持ち主ばかり。アトラクションの建築を担当するのは元暴走族とその仲間。

2 そして、お役所の方が読んでも大丈夫?ってくらい、一般人には理解できないお役所の方の姿が描かれています。
ビジネスマンの奮闘物語というよりも、地方の行政、公務員の生態を痛烈に風刺した小説です。

コメディーとして描かれてはいますが、一部の公務員の方達(殆どの方はちゃんとお仕事してくださってるとは思います)にとっては、日常、何の不思議もないことなのかも。
国民の年金より、国民の命より、まず自分の天下り先を気にしたり、とにかく「事なかれ主義」。利権と保身でがんじがらめ。
でなきゃ、薬害肝炎だって、ここまで酷いことにはならなかったはずですよねヽ(`ω´)ノ

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜ ">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、鶏とゴボウの味が滲みて美味しいです。
♪鶏のゴボウ巻き♪.
見てみて♪

|

« ♪ばたばたのイヴ♪ | トップページ | ♪得正のカレーうどん♪ »

コメント

 お役所仕事ねー。公務員の端くれだった私にも、思うところはいくつかあります。まあ公務員といっても職種は多岐に渡るので、特に行政職と現場ではかなり違うのですが。
 とにかく書類万能主義みたいなところはありますね。やった事実よりも書類がきちんと出ていたかどうかが問題みたいな。
 第3セクターというとよけいだろうなー。現場に決定権は無く、上の意向に大きく左右されてしまう。

投稿: マサエ。 | 2007年12月27日 (木) 12時17分

♪マサエ。さん、こんにちは♪
この本はコメディーなので、そのあたりはかなり誇大表現して面白おかしく描かれているんですよ。
書類。そうそう、この本の中でも、上司に計画書を提出したら、その内容ではなく、「君、これはマズイよ。ウサギは1羽2羽だろう」って、誤字脱字のチェックに終始するってのがありました(笑)
一生懸命やってくださってる方も多い中、許せない行為に走る一部の人たちに変だってことに気付いてほしいですよね(^◇^;

投稿: あばた | 2007年12月27日 (木) 20時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131098/17486523

この記事へのトラックバック一覧です: ♪メリーゴーランド♪:

« ♪ばたばたのイヴ♪ | トップページ | ♪得正のカレーうどん♪ »