« ♪今週のおやつ♪ | トップページ | ♪兄の釜飯♪ »

2007年5月18日 (金)

♪眉山♪

Bizan さだ まさし(著)

松嶋菜々子さんが主演で映画になった「眉山」です。
映画は観ようとは思わなかったので原作を読みました。

おはなしは・・・
東京の旅行代理店に勤める咲子は、故郷・徳島で一人で暮らす母、龍子が末期癌だと知らされ、徳島に滞在し母を看取ろうとする。
元々、江戸っ子だった龍子は咲子を身ごもったことで一人徳島に移り、飲み屋を営みながら咲子を育てる。
咲子は母を看病する中で、医師・寺澤と出会い、母が自分に言わずに「献体」を申し込んでいたことを知る。
何も知らない母の過去。そして、まだ会ったことのない父。
母が自分に残した箱から母の想いを知ることに・・・

何だかな~。
母娘のお話だけに、やっぱり読んでいて苦しかったです。
特に母・龍子の病気は私の母と同じ膵臓癌だし・・・

「献体」のことも初めて知りました。
最初は臓器移植のことかと思ったのですが違いました。
「献体」とは大学などに自分の体を提供すること。解剖などに使ってもらうことなのです。
私にはとうてい出来ないことです。普通そうですよね。
そう考えると尚更切なくなってしまうお話です。

あと、母・龍子さんの生き方がとってもカッコいいです。
こんな女性になりたいって思ったりもします。

映画の予告を見ていると、どうも少し原作とは内容が違うような気もします。
どうなんだろう。
DVDを待つか・・・それとも観にいくか・・・
悩むところです。

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、カルボナーラ風のソースで筍を和えてみました。。
♪筍の卵クリーム和え♪.
見てみて♪

|

« ♪今週のおやつ♪ | トップページ | ♪兄の釜飯♪ »

コメント

あばたさんこんにちは
「眉山」のあらすじを読ませていただいて、
私も切なく、胸に迫りこみ上げるようなものを感じました。。
テレビのCMからは、到底解することができないお話で
思っていたストーリーとはだいぶ違うように思いました。
女性はか弱くもありながらも、母という立場になると
とても強いものですね。
私も本を読んでみたくなりました。

あばたさんはいつも沢山の本を読んでいますよね^^
私もいつも参考にさせていただいています。
今後もあばたさんのレビューを楽しみにしています♪

投稿: なつ | 2007年5月18日 (金) 15時20分

私も「眉山」観に行くか、迷っています。
絶対泣ける映画に決まっているのですが、公開している映画館へ
行くのがちょっと不便というか・・・。
う~~ん(-_-)

投稿: ばる | 2007年5月18日 (金) 17時21分

♪なつさん、こんにちは♪
「眉山」って何となく、母娘の涙涙のお話のように思ってたのですが、母親の女としての生き様みたいなのを感じさせてくれるお話でした。
さだまさしさんが原作だと思うとちょっと先入観みたいなのが出てきてしまうかもしれないですが、この人の小説って歌のイメージとはまた違ったものがあるなと思います。
私の「つたないレヴューで申し訳ないな」といつも思ってるのに、優しいお言葉、有難うございます(^^)

♪ばるさん、こんにちは♪
解ります。
私もいつものシネコンでやってないとどうしても躊躇してしまって。
こないだの「クィーン」もそうでした。
ばるさんの感想を聞いて、行きたいって思っていたのに行けず仕舞いでした(--;
「眉山」はやってるのですが、「パッチギ」に「「パイレーツ・・・」って次々に観たいのが出てくるし。
悩みます・・・(--;

投稿: あばた | 2007年5月18日 (金) 19時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131098/15111858

この記事へのトラックバック一覧です: ♪眉山♪:

« ♪今週のおやつ♪ | トップページ | ♪兄の釜飯♪ »