« ♪女の情念♪ | トップページ | 「ありがとう」が心に沁みます。 »

2006年12月28日 (木)

♪あれから2年♪

Thankyouweb 母の病気が見つかって、入院・手術をして、はや2年。

その頃のスケジュール帳を見返してみると、母の病気について調べたこと、先生に質問することなどがビッシリ書きこまれています。

その間、間に

         蕪を八百屋さんに頼む

         黒豆・金時人参・雑煮大根を買う

         鏡餅の準備をする

とか、解らないながらも正月を迎える準備をしようと計画を立てていたようです。

自分で自分がちょっと意地らしかったりします。

自分に甘いあばたです(^┰^;)ゞ

あの時のことを考えると今は天国です。

こうして母と一緒にお正月の買い物に出かけたり、お漬物を漬けたり。

母の病気をきっかけに、自分の生き方も見直そう(親におんぶにだっこの甘えた考えは無くそう、一日一日をもっと大切に生きよう)、母の幸せも、もっともっと考えようと始めたブログです。

こうして3日坊主にならずに続けてこれたのも、優しいコメントをくださるお友達の皆さんのお陰だと心から感謝しています。

この気持ちを忘れずに、この先も生きて行こうと思ってます。

これからも宜しくお願いいたしま~す(#^.^#)

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、簡単なのに豪華に見えますよね
♪海老マヨサラダ♪.
見てみて♪

|

« ♪女の情念♪ | トップページ | 「ありがとう」が心に沁みます。 »

コメント

 2年間、無事に過ごせて良かったですね。
 癌になって、私も多少考え方が変わってきました。
 私もブログやHPで、あばたさんや他の方々にずいぶん励まされました。

 あばたさんもお母様も、これからもずーっと健やかに暮らされることを願っています。

投稿: マサエ。 | 2006年12月28日 (木) 10時40分

当たり前の毎日が、実はすごく幸せなことだと気づくと切ってありますよね。
そんな幸せがいつまでも続くといいですね。
お母様はあばたさんからこんな風に大切に思われて、ホントに幸せだと思いますよ。

ブログを通してお知り合いになれ、いつも温かいコメントをくださるあばたさんには感謝しています!
わたしもブログを続けられたのは、みなさんからのコメントのおかげだと思います。あばたさんのブログ、これからも楽しみにしていますね。

投稿: みち | 2006年12月28日 (木) 11時53分

あばたさん、こんにちは。

お母さまのご体調が安定されていることとても良かったです。
ブログを通して、いろいろな出会いがあったり、自分が知らなかった
楽しさを発見したり、今まで以上に日常を見つめる機会が持てている
なぁと私自身も感じています。
あばたさんのブログも2年になるのですね!

誕生日や年越しのこの時期になると、1年間何事も無く笑顔で
いられることに感謝することが多くなります。
私の母も今年の夏前に病気の初期症状が発見されて、一時は
涙ばかりが溢れる毎日が続いたのですが、今は何事もなく、
ほっとしています。

あばたさんがお母さまのご病気のうえで、お正月の準備をするために
頑張っていた姿を思うと、なんだか涙が出そうです。
この先も毎日の中に小さくてもたくさんの幸せを感じて、
みんなが元気で笑顔で暮らせるよう、お互いに頑張りましょうね。

投稿: sana | 2006年12月28日 (木) 14時35分

えらいな(゚-゚)私も親が・・・って考えたら、わからないことばっかりで困ってしまうな。

幸い両親とも病気にはなっていないですが、白髪やしわが増えたな(-.-)って最近思います。私は末っ子だから寿命的には最後だと思うと独り残ったら寂しくて・・・

父は優しいし、母とは姉妹のように仲が良いのでいつまでもいつまでも元気でいてほしいです。

あばたさんのブログわ日課の楽しみだよ、これからもよろしくね♪

投稿: えんぼう | 2006年12月29日 (金) 01時29分

♪マサエ。さん、こんにちは♪
2年、とても早かったです。
色々考えさせられた2年でもありました。
私は、マサエ。さんの考え方や生き方を尊敬し、力を貰い、支えていただきました。
これからもヨロシクお願いします(^^)

♪みちさん、こんにちは♪
母が喜んでくれていたらホントに嬉しいのですが。
みちさんもお母様と仲が良くって、お二人のエピソードはいつも楽しく拝見させていただいてますよ。
ブログって不思議ですよね。
始める前は、ひょっとして自己満足の世界かもって思っていたのですが、自分の生き方も考えさせてくれる、そういう物だったのですね。そうなるには、やはり支えてくださるお友達に巡り会えたからなのですね。
みちさん、いつも有難う御座います。
これからもヨロシクお願いしますね(^^)

♪sanaさん、こんにちは♪
お母様、もうよろしいのでしょうか。
健康を取り戻してくださっていれば良いのですが・・・
親っていてあたりまえ、甘えられてあたりまえって思いがちですが、こういうことをきっかけに気付くのですね。かけがえのないものだって。

>この先も毎日の中に小さくてもたくさんの幸せを感じて、
みんなが元気で笑顔で暮らせるよう、お互いに頑張りましょうね。

はい。sanaさんの仰るとおりですね。
sanaさん、一緒に頑張ります。
これからも、ヨロシクお願いします(^^)

♪えんぼうさん、こんにちは♪
ご両親ともにお元気でなによりです。
えんぼうさんは、ご両親と仲良しだし、私のように親不孝はしてないと思うので、心配はいりませんよ。
最後は一人。
確かに恐怖ですね。でもその頃には、かわいい子供や優しい旦那様が傍にいてくれてますよ。
でも、抜け駆けは許しませんことよ(笑)

私、思うのですが、えんぼうさんって、とっても考えや趣味が似ていて、じっくりお話しても飽きないんじゃないかって。
だから、わたしもえんぼうさんのブログがとっても楽しみ。
これからも仲良くしてくださいね(^^)

投稿: あばた | 2006年12月29日 (金) 16時05分

家族の存在の大きさを、私も年齢を重ねるごとに深く深く感じるようになりました。
無条件の愛情というのが、正しい表現なのかどうなのかは微妙なところですが、まさにそれを感じます。
父と母は当然のように私たちを守ってくれ、
厳しいときも多々ありますが、その根底には
必ずあたたかな愛情を感じます。兄妹もおなじですよね。
友達のようで、でもいざというときにはとても頼もしかったり。
大切だと、間違いなく思うことができる家族がいて、とっても幸せです。

あばたさんのブログを拝読させていただくようになって数ヶ月が経ちますが、あばたさんのご家族が、とてもしっかりとした絆で結ばれているのを感じずにはいられません^^
とっても素敵なファミリーだなぁ、といつも思っているんですよ♪
2年前にお母様が体調を崩されたときには、
ご家族全員が大打撃を受けて、大きな不安に駆られたことと思いますが、
やはりあばたさんのご家族には強い絆と愛があったからこそ
その時を乗り越えて、今のこのときを過ごすことができるのでしょう^^
お母様もお元気になられて、本当に良かったですね^^
あばたさんも本当によく頑張りましたね☆
お父様とお母様にとって、とても誇らしい娘さんだと思います^^

投稿: なつ | 2006年12月29日 (金) 18時37分

あばたさんのブログの温かさの訳は、きっと“優しさ”や“愛情”が
ベースになっているんですね。納得です。
辛い時期があったからこそ、普段の生活の喜びが
人一倍感じる事ができるのでしょうね。
本当、素敵な家族ですね。

投稿: ぽっかぽか | 2006年12月30日 (土) 09時19分

♪なつさん、こんにちは♪
なつさん、温かいお言葉、有難う御座います。
家族の大切さって、普段あまり気付かないですよね。
母には申し訳ないのですが、母が病気になって始めて有り難味を感じたのかもしれないです。
それほど、親不孝な娘でした。
病気になったとき
「やだよ~。親孝行させてよ~」って大泣きしちゃいました。
そんな後悔は二度としたくないです。
母には「幸せな一生だった」って思ってもらいたいです。
そういう気持ちにさせてあげられるのも家族ならではなのですよね。
なつさんは、もう気付いておられるから大丈夫。
皆が幸せに過ごしておられるはず。
私こそ、なつさんが理想。
がんばらなくっちゃね(^^)

♪ぽっかぽかさん、こんにちは♪
ぽっかぽかさんちもステキです。
私は気付くのが遅くって、今は大慌てって感じです(笑)
小さな、当たり前なことの中に幸せが見つけられるのって、とってもとっても得した気分。
人って考え方一つで幸せになれちゃうのですね。
同じ生きるなら幸せでなくっちゃ。
そういうことに気付けた私はとっても幸せ者です。
家族には感謝。
その気持ちを支えてくださるお友達に感謝です。
ぽっかぽかさん、有難う御座います。

投稿: あばた | 2006年12月30日 (土) 16時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131098/13232592

この記事へのトラックバック一覧です: ♪あれから2年♪:

« ♪女の情念♪ | トップページ | 「ありがとう」が心に沁みます。 »