« 時期はずれ・・・ | トップページ | 忍耐? »

2006年11月11日 (土)

映画とアニメと小説と

Deathnoteweb 【DEATH NOTE】

見て来ました。

面白かったです。

前作を超える面白さです。

これ、原作と大筋は一緒なのですが、少し変化を付けてるので、原作を読まれた方にも楽しめますよ。

しかし最近はコミックが映画やドラマになることが多いですね。

「のだめカンタービレ」Dr,コトー診療所」もそうだし、マンガだから子供のものって考え方自体が古いのかもしれないです。

NANA」とかはファッションにも影響を及ぼしているし、私も無視出来ないところがあったりします。

コミックがそんなに大きな影響力を持っているなら、もっと上手く活用出来ないのかな~。

非現実的な内容ではなくって

「命の大切さ」を教えるものや

「犯罪の罪深さ」を教えるもの。

そういうのがあってもいいように思います。

Tegamiweb 東野圭吾さんの「手紙」

これも今、映画になってますよね。

原作を読んでかなり考え込んでしまった作品。

罪を犯した者が背負っていかなければならないもの。

それを教えてくれるお話です。

命の大切さも教えてくれます。

こういう本を読めば「いじめ」や「自殺」とか、そういうのの考えを改めてくれる子もいると思うのですが・・・

活字離れ。

子供が小説を読むことは期待薄ですよね。

映画になっても、この手のを観ようと思うの、それなりにモノの分別のつく人ですよね。

コミックなら?

このまんまじゃ~、面白くないでしょうけど、脚色のしかた次第では、子供のも興味が出るモノが作れるような気がするのですが・・・

原作だって主人公の男の子はミュージシャンを目指したりという今風の男の子だし、彼女がセレブだったりしてたので、それなりに今風のお話にしやすいと思うのですが・・・

どなたか、そんなマンガ、描いてくれないでしょうか・・・

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆。.:*:・'゜">*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

今日のお料理は、ピリカラソースの。
♪韓流バーグ♪.見てみて

|

« 時期はずれ・・・ | トップページ | 忍耐? »

コメント

うわぁぁぁぁ!!!「デスノート」映画観たんですね!!!
私、超がつくほどの「デスノマニア」なのですが、
映画はまだ観ていないんですよ(´Д⊂グスン
23日からの連休の間に観る予定なのですが・・・。
でも、評判いいですよね。楽しみだわぁぁ。
あとね、 東野圭吾さんの「手紙」は、今まさに読んでいる最中なんですよ。
読み終えたら、私もブログに書くつもりです。
本当にね、今私の枕元には「デスノート」の原作アニメと
「手紙」の小説があるので、
今回のあばたさんの記事は、私的にはすっごいタイムリー!!

投稿: pingu | 2006年11月12日 (日) 13時08分

 デスノート、見られたのですね。
 テレビで前編を見ておもしろかったので、後編も見てもいいかなと思っていたのですが、宣伝がなんかおどろおどろしそうで、躊躇していました。
 おもしろかったのですね。うーん、女性サービスデイに行ってみようかな。

投稿: マサエ。 | 2006年11月12日 (日) 15時02分

え~!!あばたさんがデスノート★何かイメージ違うかも!?
私も1はTVで観ましたよ。原作とチョイ違くて2ってどこまでやるんだ!?って感じです。私は良く頭にくると「デスノートあったらこいつの名前書くのに!!」というと姉が「おお、、怖い」と言いながら笑います(^o^)

漫画も結構いじめを対象にした話とか友情物あるですよ~。悪影響を及ぼしてるのはどっちかって言うとゲームかな、人生はリセット出来ないのに。

最近はだいたい映画化されると漫画家されてますね。おかげで私でも結構人気作品読んでます(^_^)手紙もなるかもしれませんね。でもちょっと予告のイメージだとドロドロ重い系???

投稿: えんぼう | 2006年11月12日 (日) 22時40分

うちの息子ちゃん
『デスノート』観に行きたいとCMをみるたび騒いでます
でも この辺映画館ないのよね~
ど田舎に住んでます トホホ・・・

投稿: アスパラ | 2006年11月13日 (月) 11時54分

こんにちは
「手紙」読みました。
リフォームの最中でしたが、夢中で読みましたよ。
かなり重い内容でしたが、加害者、加害者の家族の気持ちが痛いほど伝わってきて考えさせられました・・・。
加害者であって被害者ですね・・・。

投稿: y-k | 2006年11月13日 (月) 18時50分

♪pinguさん、こんにちは♪
見てきました!!!
面白かったです。
配役がアニメとはイメージが違うかもしれないですが、見終わったらきっと、松山ケンイチ君の「L」にもぞっこんだと思いますよ。
「手紙」の感想はぜひ聞かせてくださいね。
私は読み終わって、ホントに考え込んでしまったので。
pinguさんとは好みが似てますね。
一度夜を徹してお話してみたいです(笑)

♪マサエ。さん、こんにちは♪
オドロオドロしさはあまり感じませんでした。
前編が気に入っておられたのなら、きっと面白く観られますよ。
少々子供が多くて騒がしかったのが難でしたが、レディースデーなら、それも無いかもしれないですね(^^)

♪えんぼうさん、こんにちは♪
確かにDEATH NOTEにはまるとは思いもよりませんでした(笑)
そもそもニアに似てるとか訳の分からないコトを言われて読んだのがきっかけで、面白くって(^^)

マンガ、色々あるのですね。
でも、子供って内容よりもビジュアルから入るから、それなりのキャラや登場人物が必要ですよね。
今回の映画も最後の「心を読む」ってとことか、多分理解出来てないと思うのですよ。なのに子供に人気があるのですもんね。
ゲームが怖いのですか・・・近寄りたくないです。
今のところ、DSで頭をよくしようとしてるくらいです。あとワンコと遊ぶくらいかな(笑)

手紙、重いです。
でも感動もあります。
読んで考えて欲しいお話ですよ(^^)


♪アスパラさん、こんにちは♪
子供さん、多かったですよ。
でも、子供には少し難しいように思いました。
もう少し大きくなってからDVDで観ましょう。
それまで我慢(^^)

♪y-kさん、こんにちは♪
読まれましたか。
ホント、考えてしまいますよね。
でも、これが本当なんだろうなって。
これからも、考えていきたいって思います。

投稿: あばた | 2006年11月13日 (月) 20時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131098/12646694

この記事へのトラックバック一覧です: 映画とアニメと小説と:

« 時期はずれ・・・ | トップページ | 忍耐? »