« アスパラのチーズで白和えもどき | トップページ | 折り紙の花 »

2005年9月 9日 (金)

似合う色の探し方

自分を客観的に見るのって難しいですよね。
自分に何が似合うのかが、今ひとつ解らないって方も多いのでは・・・

で、似合う色の探し方。

まず、金色と銀色の台紙を用意して下さい。050907hand1
できれば、大きめのもの。

それぞれに、ご自身の手を甲を上にして、のっけて下さい。

手をじっと見ます。

どちらか一方が、白く透明感があるのに気づくはず。

右のイラストの手の色は同じ色で着色しています。
でも、金色の上にのった手のほうがきれいに見えませんか?(モニター上だと、解りにくいかな?)

なのでこの人は、金色タイプ。
もし、銀色側がきれいに見えれば、銀色タイプになります。

この、銀色の似合う人と、金色の似合う人で、それぞれ、その他の似合う色が違ってくるのです。

まず、
<金色タイプ>
茶を中心とした、黄みの強い色が似合います。050907hand2
ベージュ、オレンジ、オリーブなど。
その他の色を選ぶ時も、黄色を意識してください。
例えばピンクもオレンジ寄りのコーラル系を選ぶとか・・・

<銀色タイプ>
紺など、青みの強い色が似合います。
グレー、エンジ、モスグリーンなどです。
その他の色を選ぶ時も、青色を意識してください。
例えばピンクもパープル寄りのチェリーピンクを選ぶとか・・・

じゃー、銀色タイプの私は一生、茶系の色は着れないの?

心配しないで。
お洋服をコーディネートするときに
肌に近い部分に、自分の似合う色を、プラスしてみてください。
ネックレス、スカーフ、ブローチなどのアクセサリーでOKです。

似合う色を身に着けると、肌に透明感が出て、グッと顔立ちが引き立ちます。

騙されたと思って試してみてください。




|

« アスパラのチーズで白和えもどき | トップページ | 折り紙の花 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131098/5855856

この記事へのトラックバック一覧です: 似合う色の探し方:

« アスパラのチーズで白和えもどき | トップページ | 折り紙の花 »